2018年のネイルはパープル!テクなどで七変化する色に注目!

ネイルとパープル1

ネイルポリッシュで人気がある色というと、何色でしょう?人によって好みが違うので、「この色が人気!」と決めるのは難しいでしょう。

実は、色見本で有名な「パントン(PANTONE)社」から毎年の流行カラーが発表されていて、2018年の流行カラーについて、「ウルトラバイオレット」と発表されています。

パープルといっても、濃さや組み合わせで清楚にもゴージャスにもなる色で面白い色なので、オススメの色デザインまで紹介します。

2018年の流行色!ウルトラヴァイオレット!今年はこの色が注目色

ネイルとパープル2

引用元:Instagram

派手なビジューなどで飾られていますが、濃いパープル色が2018年パントン(PATONE)社が2018年の流行カラーとして発表した色です。

パントン社は色見本で有名な会社で、日本の携帯会社とのコラボガラケーも発表したことも。

ネイルとパープル3

パンジーのすみれ色をヒントに作られた色と言われていますが、パントン社が選んだ理由としては、「独創的で想像力豊かで、未来を切り開く色」と発表しています。

パンジーの色を眺めてみると、白やピンク、ゴールド系と相性がよくて、合わせ方次第で、下品にならず、高貴な色が引き立って、おしゃれな爪先に変身します。

人気色でなかなか市場に出回っていないので、ジェルネイルですがウルトラバイオレットの色についての動画を用意しましたので、ご覧ください。

グラデーションネイルにパープルを取り入れてみると?

ネイルとパープル4

引用元:Instagram

実は、私自身パープル系の色のポリッシュをあまり持っていないのです、、、苦手色なのですが塗り方を変えてみると、雰囲気が変わるのもパープルの不思議なところです。

グラデーションネイルで濃淡をつけることで、1色塗りと違う色の出方をするので、初めてパープルを取り入れるのなら、グラデーションネイルをオススメします!

グラデーションだけでは少しさみしいので、ラメ系ポリッシュを上からスポンジで爪先か、根元に乗せると春色ネイルに変身もします。

パープルの仲間、ラベンダーを取り入れるのもおしゃれ!

ネイルとパープル5

引用元:Instagram

ブルーが持つ安らぎと、ピンクの可愛らしさを持ったラベンダーもパープル色の仲間!

ラベンダーなら、ネイル初心者さんでも取り入れやすい色で、フレンチネイルにもお花のアートを入れても嫌味にならないです。デザイン次第で年中使える色です。

え?パープルはどこ?かなりすっぴんネイルに近いカラーもあり

ネイルとパープル6

引用元:Instagram

写真を見ても、どこにパープル色が使われているかわからないぐらいですよね?この写真では、中指以外にかなりうすいラベンダー色が使われています。

標準色のパープルが苦手だけれど、うすいラベンダー色ならと取り入れる方が増えています。

パールやビジュー、押し花で存在感を出すと、目立ちにくいラベンダー色も、上品さがひきたつネイルになります。

ゴージャスに決めたい!でも、引き算も必要

ネイルとパープル7

引用元:Instagram

ラベンダー色は可愛らしさがいっぱいですが、ウルトラバイオレットよりもまだ薄いパープルを使いたいって日はありますよね。

女性同士の集まりなどで、爪先に差をつけたい時があるかもしれません。パープルはとても目立つ色で、人によっては好き嫌いが分かれやすい色。

そこで、パープルと相性がいい色を取り入れると、パープル独特さのきつさが和らいで、おしゃれネイルに大変身します。

一番目立つ指にパープルを塗らずに、他の色目のポリッシュを塗って、控えめなストーンやホイルネイルをすると、けばけばしくないおしゃれなネイルデザインに変身します。

和装にも使える便利色!着物の色からとるといいでしょう

ネイルとパープル8

引用元:Instagram

このデザインの依頼主さん。実は卒業式に袴を着るという理由でのネイルアートです。

卒業式や謝恩会のネイルとなると、派手にしたいところですが、着物や袴の色目と合わせる必要はあるでしょう。もしくは、ネイルをやや控えめにした方がいい着物もあります。

パープルの着物に、同じ色目のポリッシュを使うと、せっかくのネイルで台無しにしてしまうことも。

そこで、パープルでもラベンダーにして、ネイルアートをしっかりすると、着物の柄に負けることはないですよね。

まとめ

  • 2018年の流行色はウルトラバイオレット!
  • 初めてのパープルならグラデーションネイルがおすすめ
  • パープルの同系色のラベンダーもオススメカラー!
  • すっぴんカラーに近い薄いラベンダーもオススメ!小物で引き立てやすい!
  • パープルを取り入れる時は、どこかで引き算をすると上品
  • 和装にも使えるけれど、薄めのパープルが素敵

これが、パープルのバリエーションの豊富さとデザインのコツです。

2018年の流行色として紹介された、「ウルトラバイオレット」は、初めてネイルに挑戦する方には、抵抗があるかもしれませんが、色合わせやテクニック次第で、とても素敵な色なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA