指先に花。セルフネイルで花を使いこなすTIPS.5

セルフネイルと花1

ネイルにはいろいろなデザインがあるけれど、鉄板といえば花。
春夏秋冬、いつでもOKな花ネイルは、セルフネイルには欠かせないものですよね。

絵心のない私でも、カンタンにできちゃう花柄ネイル。
今日はそのコツについて、紹介しちゃいます!

定番ネイル、どこで買う?どれを選ぶ?

セルフネイルと花2

2年くらい前から、押し花ネイルが増えましたよね。
あの押し花、今は100均でも買えます。
それ以外にもレジンクラフトを取り扱うショップ、手芸用品店にも!

あと、プリザーブドフラワーなどでよく見る紫陽花も使えます。
ただし、そのままではなく分解して花びら1枚くらいをのせられるかどうか。
あと、物によっては色がにじんだりするので、わざわざネイルのためだけに買うほどではないかな。
プリザやハーバリウムなどのレッスンでもらった、余った等があれば使ってもいいかも。

もうひとつ、気をつけなければいけないのは、押し花の色や形。
花が大きいと、親指かペディキュア専用になっちゃいます。

また春先によく似合いそうな白系、薄いピンク系の押し花は、劣化が早いんですよね……。
これはやり方にもよると思いますが、しっかり押し込んでも、何となくくすんで見える。

1日か2日ならいいけど、ジェルの様に最低半月はそのまま……だと、ガッカリ。
なので、濃いめの色をオススメします。

大きめの押し花を使うなら、下地にもなるカラーを淡い色、もしくはクリアにすると映えます。
ちっちゃめ、細めの押し花ならクリアはちょっと地味に見えるかも。

下地にしたい色を考えつつ、選んで下さいね。

最大の敵!!褪色を回避したい!!

セルフネイルと花3

押し花ネイル、といえば、褪色問題が必ずついて回りますよね。
私も何度も失敗しました。
ジェルでもネイルカラーでも、数日のうちにどんどん色褪せ。
そのままだと指先がキタナイから泣く泣く落としました。爪に悪いです……。

その後、いろいろ調べて褪色の主な原因は「ジェルとドライフラワーがきちんと密着していない=空気に触れている」という答えに辿りつきました。
私ののせ方は、カラーが終わってからクリアジェル、ネイルカラーの場合はトップコートを使って押し花をおく、という手順。

でも爪はカーブしてるし、押し花の真ん中の部分はやっぱり浮くんですよ。ここが一番難しかった。
ガンガンジェルをぬる→硬化を繰り返しました。気泡がないかも細かくチェック。
爪は少々厚ぼったくなってしまいましたが、ある程度の褪色は回避。
本物の押し花を使う場合は、空気に触れない様にガッツリかためた方がいいです。

押し花ネイルのやり方は、この動画も参考になりますよ。
1級ネイリストによる押し花・ドライフラワーネイルのやり方

指先を埋めつくせ!!

セルフネイルと花4

もう1つ定番の押し花ネイルは「爪をまるまる1本埋めつくし」ですよね。
小さめの花をたっぷり使って、爪を全ておおうのですが……褪色を考えると、今までの押し花は使う勇気がでない。
プリザで余った紫陽花をばらして、1枚1枚のせてはみたけれど予想したほど可愛くなくて断念。

どうしても!あきらめられなかったので、あちこち回ったあげくに見つけたのがドン・キホーテの”Floral Nail”という押し花シール。

ラバー素材ですが、シールっぽさがあまりなかったので、これを使う事にしました。
このシールのいいところは、端の一部がカットされたシールも入ってること。
自分でカットしなくていいのでオススメ。あとは、爪のカーブに合わせやすい。これ重要です。

このシールでびっしりと押し花をしきつめて大満足!
あ、根元はほどほどにした方がいいです。
中指を根元までびっしりと埋めてみたら、ジェルの浮きが少し早かったので。

ふんわりフラワーもカンタン!!

花のデザインはいつでもOKとはいえ、一番いいのは春ですよね。
ピンク系の下地にうっすら白い花、金色のブリオンをのせたらカワイイ。

春にしかできない、とまでは言い切りませんが、桜の季節にぴったり。
そんなぼかした様な花をデザインしてみたい。

セルフネイルと花5

そう、こんな感じの花ですよ!
“たらしこみネイル”と呼ばれています。
必要なのは、ネイルアート用の筆が2本、花の色にしたいアクリル絵の具、筆あらい用の水(少しでOK)、キッチンペーパーにパレット代わりのアルミホイル。

このネイルのいいところは、主張しすぎない花。
いかにも花!!もいいけれど、こういう透け感のある花も控え目でカワイイ。
途中で爪をマットにするため、ちょっと手間がかかりますが、特に抵抗がなければぜひ!試して欲しい花ネイルです。

手順などは、こちらの動画も参考にしてみてくださいね。
「たらしこみお花ネイル」のやり方

絵心なくても花は描ける!!

セルフネイルと花6

私はまったく絵心がない。
絵心のない私が、爪という限られたスペースに花を描く…できるわけがない。
とはいえ、たまには手描きの花もやってみたい……。

そこで教えてもらったのが、ドットフラワー。ドット=水玉ですね。
やり方としては

  1. 花びらの外側の位置に、アクリル絵の具やネイルカラーで小さいドットをおく
  2. 花の中心に向けて、カラーを少しずつ伸ばしていく。

というもの。

短く太くだと、小さい梅の様な花びらが。
細めにすれば、よくネイルデザインで見る細長い花びらが描けます。
中央をブリオンやパールにすると、カワイイですよ!!

こちらはドットそのままですが、描き方の参考になる動画です。
時短デザイン ドットフラワー お花 ジェルネイル

まとめ

  • 押し花は100均でも購入可能、手芸用品店などでも売ってます
  • 褪色をさけるには、空気が入らないよう完全に押し込んで埋め込む
  • 押し花を多く使うなら、押し花シールを使う事も検討して
  • アクリル絵の具を使って、たらしこみやドット置きの様に花が描けます

花のデザインはたくさんあるので、いろいろ試してみることをオススメ。
アクリル絵の具なら、失敗してもさっと拭いて描き直しができます。
春夏秋冬、いろいろな組合わせで花ネイルを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA