セルフネイル講座

意外と万能!? セルフネイルでクリアな指先作っちゃえ!!

セルフネイルとクリア1

突然ですが、あなたの職場や学校はネイルOKですか?

ネイルは絶対NG!だったり、何でもOKフリーダムだったり。

逆に「OKだけど、仕事的にネイルぬってる方が危なくて」という職種もありますよね。

私の場合、ちょっと前の部署はベージュやピンク系以外のネイルNGでした。
そんな時に活躍したのが、クリアネイル。

今日は万能ネイルでもあるクリアネイル(主にジェルネイル)について、紹介しちゃいます!!

クリアネイルって?

セルフネイルとクリア2

ジェルネイルであれば、ベースジェルとクリアジェルとトップジェル。
ネイルカラーであれば、ベースコートとトップコート、もしくはケア用のネイル、をそれぞれぬった爪というところでしょうか。
クリアネイルのいいところは、カラーを使っていなくてもツヤツヤネイルができること。
手持ちのカラーに飽きてしまったけど、カラーを買い足すのはちょっとなぁ、という気分のときにもうってつけのネイルです。

クリアジェルって、ベースやトップと違うの??

セルフネイルとクリア3

クリアジェルは、カラージェルをぼかす・色を薄める(透明度を上げる)・パーツをとめる・グリッターやラメを混ぜるなど、色々なことができちゃう優れもの。
クリアジェルひとつで「ベース、トップ、クリア」の機能を持っているものもありますが、個人的には使い分けをしたい派ですね。
外見は同じクリアジェルにみえても、ベースにはベース、トップはトップにとそれぞれ特化した機能があるからなんです。

私が現在使っているのは、ibdのクリアジェル → http://www.ibdjapan.jp/hard-gel/
最初はジェルネイルのキットを買っていたので、同じSHINYGEL・クリアを使っていました。
SHINYGEL → http://www.wbw-nail.com/item/shinygel
まだまだ無くなりそうにないのですが、次はpara gel 使ってみたい!
http://www.paragel.jp/product/paragel/basic/
買う時に、財布に諭吉がいればいいのですけれど。

どのメーカーがいいのか、は個人の好みに分かれますが、私がibdを使っているのは値段とツヤツヤさ、に心惹かれてでした。
para gelは、知人のところで試しに使わせてもらったところ、粘度がちょっと高めで、ゴツいパーツがつけやすかったから、なんですよね。ただ、いろいろとお高いです…。

余程の格安ジェルでなければ、お好きなメーカーを選んでいいと私は思います。
あとは粘度。粘度が高ければパーツをつけるには便利。
でも混ぜたり、ぼかしたり、はちょっと難しいかな。
パーツをつけるのがメインでなければ、粘度はあまり高くないクリアジェルを選んで下さいね。

クリアジェルはいろいろなデザインにお役立ち!

セルフネイルとクリア4

セルフネイルでデザインネイルをするとき、私はジェルにしてます。
ネイルカラーと違って仮硬化ができる分、失敗が少ないから。
ジェルなら最近流行りのニュアンスネイルもカンタン。
さらにクリアジェルなら、カラーよりもグリッターやホロが映えます。
爪のデコボコや筋が気になる……という方は、クリアジェルにカラージェルをほんの少しまぜましょう。
あ!!まぜるときは、カットしたアルミホイルや紙パレットの上などでお願いしますね。

クリアジェルの使い方は、是非以下の動画も参考にしてみてください。

【SHINYGEL】ジェルネイル基本施術方法~ラメグラデーション~

誰でも簡単!キラキラ☆グリッタージェルの作り方

透け感が大人可愛い!カラージェルがクリアカラージェルに変身!

プロが教える!簡単・誰でも出来る!ニュアンスネイル【第6弾】

ネイル初心者さん向け/ホログラム,乱切り,ラメの上手な乗せ方

セルフネイルとクリア5

おまけ ネイルカラーの場合、どうする??

ジェルユーザーはいいけれど、ネイルカラーの場合はベースコートとトップコートをぬって終わりになりがち…。
ほんの一時的ならそれでもいいと思いますが、そこにちょっとおまけしてみませんか?

ネイルメーカーのO・P・Iは”ジェルブレイク(GEL BREAK)”という、傷んだ爪を補修するシリーズを展開しています。
http://www.opijapan.com/products/nailtreatments/gelbreak.html

ジェルをおやすみする時や爪が傷んだ時に使うシリーズですが、このベースコートとトップコートにすれば、ネイルカラーユーザーでも爪のケアができますよ。
私は爪がうっすらと黄ばんだ時に使いました。さすがに1週間で修復まではできませんでしたが、1ヶ月くらいでずいぶんマシになり、一安心。
ジェルでもネイルカラーでも、爪に何もない、というのは、かなりストレスだったので……。
あいだにぬれるカラーもありますが、私はカラーなしでいました。ツヤだけで充分!

まとめ

  • クリアネイルは、ジェルネイルでもネイルカラーでも可
  • ジェルネイルの場合は、ラメを混ぜたり、カラージェルをぼかしたり、とデザインネイルに役立ちます
  • ネイルケアの機能を持った専用ベースコートとトップコートもありますよ

カラーをくわえないクリアネイルは、いろいろな”遊び”ができます。
デザインネイルでなくても指先がきれいに見えますので、ぜひ一度お試し下さいね!!