恋愛不器用さん必見!器用になるためのポイント

恋愛と不器用1

「器用に恋愛ができるようになれたらなぁ、、、」そんな風に悩む「恋愛不器用さん」、最近増えています。

友達付き合いや職場の人間関係において、相手との距離感をつかめず上手に付き合うことが出来ないという悩みを抱える人が多いのです。

それは恋愛においても同じく、好きな人が出来てもどうやって思いを伝えればいいのか、付き合うってどういうことかわからないという恋愛不器用さんがたくさんいます。

器用に恋愛をして、恋人とうまくいっている人がうらやましい。自分も恋愛を楽しめるようになりたい!そう思っている恋愛不器用さん、実は器用な恋愛をするためにはポイントがあるんですよ。

そのポイントをつかめば、きっと器用に恋愛ができるようになるはずです!

必要以上に無理な背伸びしない

恋愛と不器用2

好きな人が出来たら、誰だって相手に良いところを見せたくなるもの。好きな相手に尊敬されたいし、すてきだって思われたいし、もっと好きになってもらいたいと思うものです。

そのため、恋愛をすると自分をもっとレベルアップさせたいと仕事や勉強に励むようになります。

しかし、自分をレベルアップさせるために無理をして、自分に不釣り合いなものを身に着けたり、知らないことを知ったかぶりをしてしまうのが恋愛不器用さん。

いいところを見せたいあまりに無理をしてしまうと、いっぱいいっぱいになって結局辛くなるのは自分なのです。

無理をして、必要以上に背伸びをすることはないのです。ありのままの自分で恋愛をしましょう。

心に余裕を持って相手の話を聞く

恋愛と不器用3

恋愛不器用さんは、自分に自信を持つことができない傾向があります。

自分に自信がないと、自分のことや自分の感情を優先しすぎてしまい、相手の気持ちを考えてあげることができなくなってしまうのです。

一生懸命が空振りして、自分がやりたいこと、言いたいことをついつい相手に一方的に押し付けてしまい、逆に相手に「自分勝手」「思いやりがない」と思われてしまいがち。

本当は、自分のことをわかってほしいだけなんですけどね。そんなときは、ちょっと気持ちをセーブして、まず相手の話を聞くようにしましょう。

相手だって同じように、自分のことをわかってもらうために、一生懸命話をしていることに気付きましょう。

相手の話をだまって聞いてあげられるのは、心に余裕がある証拠。心に余裕のある人は、恋愛も器用にできるようになりますよ。

男女にかかわらずコミュニケーションの輪を広げる

恋愛と不器用4

恋愛に不器用な人は、コミュニケーション力が低いとも言えます。

人と関わるのが苦手だったり、人見知りが激しかったり、普段から人とコミュニケーションを取ることを避けていると、いざ好きになった相手とどう接していいかわからない、何を話していいのかわからない状態になってしまうのです。

コミュニケーション力は、どれだけ人と関わってきたかによって違います。たくさんの人たちと関わって、いろいろな話を聞いたり、自分から話しかけたりすることでアップしていくのです。

人とあまり関わってこなかったのに好きな人と話をするなんて、練習なしで舞台に立つようなもの。それでは、うまくいくはずないですよね。

まずは学校や職場の人に自分からあいさつをするとか、友達の友達との集まりに参加させてもらって人に慣れるなど、身近なところからコミュニケーション力を鍛えましょう。

沈黙を怖がらない

恋愛と不器用5

恋愛が不器用な人は、会話が途切れたり連絡が来ないときがあると、「もしかして嫌われた!?」「私何か変なことしたかなぁ、、、」と必要以上に不安になりすぎて、言わなくてもいい変なことを話し出したり、相手が出るまで連絡を続けたり、あたふたしがちです。

確かに、好きな人との話が続かなかったり、理由もわからず連絡が来なかったら、不安になる気持ちもわかります。他に気になる人ができたのかな、とか、悲しくなっちゃいますよね。

不安になって怖くなって、相手と無理矢理にでもなんとか話したくなるものです。でも、器用になるためにはそこをぐっとこらえましょう。

「今、考え事をしているのかな」「用事でもできたのかな」と相手のことも考え、無理に沈黙を破ったり電話を何度もかけたりしないようにしましょう。

変に焦ると、相手に挙動不審だと思われたり、ストーカーみたいだと思われてしまいますよ。話が途切れても、何も言わずに同じ空間にいられることは、リラックスしているとも言えるのです。

会話が続かないのではなく、リラックスしている証拠。連絡がない理由も、急に用事ができたり、一人でいたい気分だったりすることもあります。

まとめ

恋愛と不器用6

恋愛で器用になるためのポイントをまとめると

  1. 無理に背伸びをして自分を大きく見せようとしない
  2. 心に余裕を持ってまず相手の話を聞く
  3. 人とたくさん関わりを持ってコミュニケーション力をアップさせる
  4. 会話が途切れたり連絡がなくても慌てず騒がない

いつも恋人がいて、その恋愛がうまくいっていて、さらに仕事もスマートでコミュニケーション力も高いという完璧な人が羨ましいと思う気持ち、わかります。

私も不器用な恋愛経験があり、今思うとなんでもっと上手にできなかったんだろう!と恥ずかしくなりますが、そのときは一生懸命で自分のことが見えなくなってしまうんですよね。

大人になるとわかりますが、若いころにはそういう経験も必要なのかもしれません。

器用に恋愛をするのにも憧れますが、不器用で恥ずかしくて、かっこ悪い恋愛も、きっといい経験といい思い出になってくれますよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA