恋愛の温度差を感じていませんか?解消する方法とは?

恋愛と温度差1

どんな人間関係においても、男性と女性の間には多少の温度差はあるもの。物事に対する考え方や価値観の違いに差があるのはしょうがないことなのです。

しかし恋愛関係においての温度差は、しょうがないとは思えないくらい辛い思いや悲しい思いをすることもありますよね。相手の気持ちが見えなくなったり、不安になって落ち込んだり、、、

たまにならしょうがないか、と思えても、いつもそんな感じになってしまったら、もう別れた方がいいのかな、フラれちゃうのかなと、考えがネガティブな方向に向かってしまいます。

できたらそんな温度差は解消して、ラブラブなふたりに戻りたいですよね。

どうしたらそんな二人に戻れるの?と悩んでる人は結構多いのですが、実はちょっとした意識の変え方で、ふたりの温度差はなくなるんです!

結婚に対する温度差を解消するには?

恋愛と温度差2

恋人との間で温度差を一番感じるのは、ズバリ「結婚」に関する温度差です。

「自分は結婚したいのに、相手がまったく結婚を考えていない」パターンと、「自分はまだ結婚する気がないのに結婚をしつこく迫られる」パターンに分かれます。

パターンは違いますが、この温度差を解消するポイントは一緒。「相手の立場や気持ちを考えてあげること」なんです。

例えば、今は恋愛よりも仕事に一生懸命になりたい時期なのかも知れません。重要なポストに任命されたり、ずっとやりたいと願っていた仕事に取り組んでいるのかも知れません。

そんなときに、いくら大好きな恋人のことでも、他に結婚のような大変なことに取り組む余裕がないとしたらどうでしょう?

そんなときに自分の考えだけで無理に結婚を迫っても、迷惑になるだけ!

逆に、自分にまだ結婚する気がないのに「結婚しないなら別れる!」くらいの勢いで結婚を迫られているとしたら、相手が「どうしてそんなに急いで結婚したいのか?」について話し合ってみてください。

結婚したい原因について話していると、もしかしたら、あなたに捨てられるんじゃないかと不安になっていたり、周りから結婚についてしつこく聞かれていて焦っていたりする気持ちがあるのかも知れません。

そしてあなたが今は結婚したくない理由も話してあげることで、お互いの温度差を解消することができます。

記念日に対する温度差を解消するには?

恋愛と温度差3

あなたは恋人との記念日を祝う派ですか?あまり気にしない派ですか?記念を大切にするか、あまり気にしないかという温度差もけっこうあるんです。

始めて出会った記念日、付き合った記念日ならまだわかりますが、初めてデートした記念日、初めて映画を一緒に観た記念日、さらに初めて手料理を作った記念日まで祝いたい!一緒に祝ってくれないなんて冷たい!という意見も、、、

さすがにそこまでの記念日はちょっと控えてほしいですね。

記念日好きすぎる相手には、「そういうのは苦手だから、せめて付き合った記念日だけにしてほしい」と率直に言うのがいいでしょう。

付き合っているうちにだんだん面倒臭くなってきて、イヤな態度を取ってしまうより、ハッキリ困っていることを伝える方が断然ふたりの関係をよくします。

逆に相手が記念日をまったく覚えていてくれなくて寂しいな、と思う場合もありますが、これは無理に「記念日くらい祝って!」と押し付けるのはよくありません。

記念日が苦手な相手に無理矢理お祝いをさせたところで、楽しくなんかないですよね。

さりげなく「付き合って〇年になるけど、これからもよろしくね」と軽い伝え方をしましょう。その方が相手の心の負担は軽いし、「〇年たったんだな」と同じ気持ちを共有できます。

毎日連絡をするしないの温度差を解消するには?

恋愛と温度差4

これに温度差を感じる人も、なかなかたくさんいますよね。付き合う前や付き合い始めのころは、毎日毎日飽きずにどんなことでも電話したりメールしたりするものです。

でもそれが毎日続いて、それに対する返事も毎回求められ、ちょっと電話に出ないだけで「どこに行ってたの?」「なんで連絡くれないの?」としつこくされたら、ちょっとしんどいですよね。

毎日毎日、1日に何度も来る連絡に返事を求められるのが辛い!という人は、連絡を頻繁に取るのが苦手だということを相手にわかってもらいましょう。

そして、連絡の頻度と気持ちが比例するわけではないこともちゃんと伝えましょう。

連絡を頻繁にする人は、連絡をすることで相手の気持ちが自分から気持ちが離れてしまうんじゃないかと相手をつなぎとめようとしているからです。

相手を安心させてあげることで、頻繁に連絡をしなくても大丈夫だよ、と伝えてあげてください。

逆に、相手が何をしているのか、もはや自分は恋人なのかわからないくらい連絡が全くないことで悩んでいる人は、このくらい連絡が欲しい、と自分が不安を感じないくらいの最低限の連絡をお願いしてみましょう。

恋人のお願いなら聞いてくれそうですが、連絡が苦手な相手に連絡を無理にさせると、温度差どころか面倒臭がられて嫌われてしまうことも。

相手を信じて、連絡がこないときにも多少目をつぶってあげることも大切です。

まとめ

恋愛と温度差5

恋愛における温度差の解消方法をまとめると

  1. 結婚については、お互いのライフスタイルや心配ごとを話し合うこと
  2. 記念日を祝いすぎるのは控えて、相手にも無理にお祝いさせない
  3. 連絡がないからといってあまり不安にならないように

恋愛に関する温度差があまりにもありすぎて一緒にいるのが辛い場合は、別々の道を選んだ方がお互いのためという場合もあります。

誰にでも、どうしても譲れないものがあったり、理想の付き合い方というものがありますし、それも仕方ないこと。

私も、お互いが今大切にしたいことが違いすぎて、付き合っていた恋人と大きな気持ちの温度差ができたことが。

その時はお別れしてしまいましたが、もう少し話し合っていたら違った結果になっていたかも、、、と思うことも。甘酸っぱい青春の思い出です。

何事も、相手の気持ちを思いやってあげることが大切ですね。今恋愛で温度差を感じてしまっている人も、きっと相手を思いやる気持ちで話し合えば、いい方向に向かうことができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA