恋愛の壁!?「年の差」って素敵な事がいっぱいですよ。

恋愛と年の差1

芸能人夫婦って結構「年の差カップル」がいますよね。

私は「話が合わない」「親や友達に紹介しづらい」「歩いていると親子に間違われる」というように、正直マイナスなイメージしかないんですが、本当に「年が離れている」ってデメリットばかりなんでしょうか?

実際に「年の差」が原因で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?私なりに感じた「年の差」のメリットをご紹介します。

年の差カップルって何歳差から?

私の旦那さんは1歳年下です。年の差1歳だと、はっきり言って「年の差カップル」とは言わないですよね。

世代も同じだから学生の頃に見ていたテレビ番組も漫画も、流行っていた音楽もほぼ同じなので、「年の差」を感じたことがありません。

世間では何歳差から「年の差カップル」というんでしょうか?

私は年の離れた人とお付き合いしたことがないので、友達で考えてみると、「5歳」離れると聞いてきた音楽も違って、少し話題や体力面でも「年の差」を感じてしまう気がします。

芸能界では加藤茶さん夫婦の「45歳差夫婦」なんていう夫婦もいますから、きっと感じ方は人それぞれですよね。

芸能界の年の差カップル

先程も書きましたが、加藤茶さん夫婦は有名ですよね。なんと年の差「45歳」‼すごく失礼な言い方だけど「おじいちゃんと孫」でもおかしくないですよね。

「遺産目的じゃないか!?」なんてよく週刊誌にも書かれていますね。年の離れた人と結婚すると、そういう「世間体」も気になってしまいますよね。

私が好きな年の差カップルは、年の差「17歳」のフジモン&木下優樹菜夫婦です。

フジモンの方が年上なのにいつも対等、なんならかかあ天下気味なところがすごく好きです。

「年の差カップル」って年下の方が我慢してしまうイメージがあったので、フジモン&木下優樹菜夫婦を見ると、素敵だなと少し羨ましくなります。

年の差カップルのメリット

私は実際に年の離れた人とは「恋愛」も「結婚」もしたことがありませんが、年の近い主人との結婚生活で、何か困ったことがあった時、あまり役に立たないなと感じることがあるんです。

年も近いせいか、価値観や知識にもあまり差がないのか、よく二人で「こういう時どうしたらいいんだろう?」と答えが出せないことが多いんです。

そういう時は自分の親だったり、一回り近く年上のお友達に相談してアドバイスをもらうので、もしも旦那さんがすごく年上の人だったら、豊富な人生経験や知識でアドバイスをくれるのかな?なんて考えることがあります。

きっとすごく年上の相手だったら「頼れる」っていうのが最大のメリットなんだろうなと思います。

逆にすごく年下の相手だと、何でも許せてしまいそうな気がしますね。私は元々年下の男性が好きなんですけど、その理由がまさにそれなんです。

「年下なら失敗もかわいいと思えるから」身近にも「年の差カップル」っているんですけど、みんな男性が年上で女性が年下なんですよね。

もしも私がすごく年下の男性と恋愛できたら、きっと「若さ」を保てるように努力するんだろうなと思います。

そこもまた「年の差カップル」のメリットかもしれませんね。

考え方ひとつでデメリットはメリットに変わる⁉

私の考えていた「年の差カップル」の最大のデメリットって「世代が違い過ぎて話が合わない」っていう点なんです。

でも、よくよく考えてみると、一回り近く年上のお友達と話していると、1つの話題で話していても、私の知らないことを沢山知っていて、つまらないどころかすごく世界が広がって楽しいんです。

年の差カップルってお互いにお互いの価値観や世界を広めあえてすごく素敵じゃないですか‼

まとめ

恋愛と年の差2
  1. 年の差カップルって何歳差から
  2. 芸能界の年の差カップル
  3. 年の差カップルのメリット
  4. 考え方ひとつでデメリットはメリットに変わる

「年の差カップル」って正直デメリットしかないと思っていました。でも、お互いの足りない部分を補え合えるすごく良い関係なのかもしれません。

もちろん「世間体」や「一緒に何年いられるか」なんて考え出したらきりがないかもしれませんが、そんなものは「年の差」がなくても多かれ少なかれありますからね。

もしも、恋愛や結婚に二の足を踏んでいる原因が「年の差」だったとしたら…

起きるか起きないか分からない将来の問題や、人からどう思われるだろうなんてことは一先ず横に置いておいて、まずはその人といると起こる素敵なことだけ考えてみましょう‼

そしたら自ずと答えが出るんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA