恋愛で大切な「さしすせそ」とは?

恋愛とさしすせそ1

恋愛で大切な「さしすせそ」と呼ばれている褒め言葉があります。

料理にも「さしすせそ」と呼ばれている調味料がありますが、恋愛の「さしすせそ」は男女のどちらが言われても嬉しいのではないでしょうか。

そこで、今回は恋愛の「さしすせそ」を使うメリットと「さしすせそ」が何を示しているのかご紹介していきます。

「この子のために頑張ろう」と思える

恋愛とさしすせそ2

恋愛の「さしすせそ」を使うと、やる気が出て仕事へのやる気が上がります。

「さしすせそ」のなにが凄いのか。

それは、相手を褒める言葉や立てる言葉しか使ってないところです。

つまり、否定形の言葉を使っていないのです。

日常会話で相手を褒め続ける女性と、相手を否定し続ける女性。

どちらが恋愛で上手くいくかは、簡単に予想することができますよね。

相手を褒めたり立てたりする言葉を上手く使っている女性は、男性から「この子のためにも仕事頑張ろう」と意欲がわいてきます。

もしかすると、「さしすせそ」を使いこなすことで収入アップが見込めるかもしれません。

男性の自信がつく

恋愛とさしすせそ3

恋愛の「さしすせそ」を使うと、男性に自信をつけさせることができます。

ただ、注意点が1つあります。

あまり使いすぎると、男性が自意識過剰になって天狗になってしまいやすいです。

とくに、もとから性格が傲慢な男性は要注意です。

いくら効果があるといっても、相手の男性の性格を考えながら程よく使うようにしていきましょう。

恋愛の「さしすせそ」とは?

恋愛とさしすせそ4

お待たせしました。

それでは、恋愛の「さしすせそ」をご紹介していきましょう。

さすが!

恋愛とさしすせそ5

「さすが!」という言葉は、男女兼用で使うことも多いのではないでしょうか。

たとえば、男性であれば仕事の上司に対して使うこともあるでしょうし、女性であれば好きな男性に使いますよね。

この言葉は、いくら使っても嫌味には聞こえない使い勝手のいい褒め台詞です。

積極的に活用していきましょう。

知らなかった!

恋愛とさしすせそ6

「知らなかった!」という言葉が効力を発揮するのは、あなたが本当に知らない情報だけです。

知っている情報に対して「知らなかった!」といっても、声のトーンなどで意外とバレてしまいます。

もし、あなたが知っている情報に対して、「これ知っている?」と言ってきたら、「あ、知っている!これイイよね!」と共感してあげましょう。

男性側は間違いなく喜びますので、ぜひ実践してみましょう!

すごい!

恋愛とさしすせそ7

「すごい!」という言葉も、非常に使い勝手がいい言葉です。

使い勝手の良さでいえば、日常生活の中で自然と取り入れられることでしょうか。

たとえば、あなたにできないことを好きな男性がやってくれたとします。

定番なことでいえば、高いところにあるものが取れずに取ってもらった。

蓋がかたくて開けられなかったけど、簡単に開けてくれた。

上記2つのパターンでも、すでに「すごい!」という言葉が使えますよね。

この言葉は、場面を問わずに使うことができるので、ぜひ使ってみてください。

センスいいね!

恋愛とさしすせそ8

「センスいいね!」という言葉も、使い方を選びますが場所と相手を選びます。

たとえば、ちょっと高級なレストランに行ったとしましょう。

高級なので、動きやすくオシャレなカジュアルジャケットなどを着て来たら「センスいいね!」といえますよね。

ところが、もしスウェットのような部屋着で来た場合は、お世辞にも「センスがいい!」とは言えませんよね。

もちろん、この言葉はファッションに限らず様々な用途で使えます。

一緒にスポーツをしていて相手が上手かったときや、相手の自宅を訪ねた時に部屋がオシャレだったときにも使えます。

ここぞというときに、試してみてはいかがでしょうか。

そうなんだ!

恋愛とさしすせそ9

「そうなんだ!」という言葉も、本当に共感したときにだけ使うようにしましょう。

すべての返事に対して「そうなんだ!」とだけ返事をしてしまうと、会話を面倒くさく思っている印象を受けてしまいませんか?

そこで、「あなたの会話をちゃんと聞いていますよ」という意味合いも込めて、「そうなんだ!」を使ってみましょう。

恋愛の「さしすせそ」を組み合わせて「そうなんだ、知らなかった、さすがだね!」と一気に使ってみるのも良いかもしれません。

棒読みではなく気持ちを込めて言うことが大切なので、注意しましょう。

まとめ

恋愛とさしすせそ10

それでは、「恋愛で大切な『さしすせそ』」を振り返ってみましょう。

  1. さすが!
  2. 知らなかった!
  3. すごい!
  4. センスいいね!
  5. そうなんだ!

大切なことは、棒読みではなくしっかりと「感情を込めて褒める」ことです。

ぜひ、恋愛の「さしすせそ」を使って、恋愛上級者を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA