ネイル2色で楽しめるアートって? いろいろとあって楽しめる件

ネイルと2色1

セルフネイルで、新色が出たという情報を得ると不思議とネイル大好きな女子なら、ついつい買いに出かけてしまうもの。

実は私もSNSなどで新色の情報を見るとすぐに買いに出かけるのですが、売り切れていることが多いものです。

そこで悔しくてついつい2色程度ネイルポリッシュを買って帰るのですが、いつも「あれ、どういう組み合わせで行こうかな?」と迷います。笑

しかし、2色だけ使うアートも様々あって楽しいものです。では、ネイルポリッシュを2色だけ使ったアートを紹介しましょう。

レンチネイルも立派なネイル2色使いアートですよ

ネイルと2色2

引用元:Instagram

オフィスネイルの王道と言われているのが「フレンチネイル」ですよね。写真のようにオフィスネイルカラーのベージュとホワイトで、ほら、立派な2色使いネイルです。

ネイルと2色3

引用元:Instagram

フレンチネイルといっても、全て同じ色使いの正統派フレンチネイルの塗り方ではなく、ベースは透明で爪先部分のみ2色で配色を決めて塗るというのも、

フレンチネイルの別の楽しみ方ですね。2色使いのフレンチネイルには、他のバージョンもあるので、あとひとつご紹介しましょう。

ネイルと2色4

引用元:Instagram

斜めフレンチネイルでベースはクリアで2色目をブルー、トップにホワイトをそれぞれ1本だけワンポイントで塗るというのも2色ネイルとしておしゃれですね。

塗るのに使う2色次第ではおめでたいネイルにも!

ネイルと2色5

引用元:Instagram

自分が持っているネイルポリッシュを整理してみると、意外と使っていない色が見つかるものです。

ホワイトはよく使う色かもしれませんが、真紅のレッドとなると、興味本位で買ってみたものの全く使っていない人も多いのではないでしょうか?

赤と白は、日本では「おめでたい!」時の色ですので、爪先だけレッドとホワイとをフレンチに使って、あとはアートとして、ようじなどでドットからを書くことや、オリジナルの絵を描くのもおしゃれですね。

意外と使っていない色と2色使ったネイルアートはおもしろいですね。

全塗りで交互に同系色2色を塗ってみてはいかがでしょう?

ネイルと2色6

引用元:Instagram

フレンチネイル系を紹介してきましたが、フレンチネイルをするにはセルフネイル初心者には大きな壁でしょう。

100均の丸いシールや絆創膏の丸みで簡単にできるのですが、「そういうのは面倒!」という方もいらっしゃるはずですよね。

では、2色ネイルを一番気軽に楽しむ方法として、ネイルポリッシュを2色用意して、交互に爪全体に塗り、ストーンをワンポイントに置くというのはいかがでしょうか?

ストーンは必ず必要ではないのでご安心ください。

交互に全塗りしていくのは、特別なテクニックは必要ではありませんが、色選びだけは気をつけてあげると、上品にもなるしカジュアルにも変身します。

ネイルと2色7

引用元:Instagram

こちらも全塗りでネイルポリッシュを2色使っていますが、ネイルシールやシェルを埋め込んで、カジュアル感を出しています。

ネイルシールなどを使う点で気をつけたいのが、ネイルシールやシェル類などをたくさん使いすぎないことです。ワンポイント程度に留めて置くのが一番いいでしょう。

2色だからやりやすいグラデーションネイルはいかが?

ネイルと2色8

引用元:Instagram

2色のネイルポリッシュだけでできるアートにグラデーションネイルもあります。爪のサイズに合わせて一色ずつポンポンとハンコ軽く押すようにポリッシュを乗せて行く方法が基本です。

グラデーションネイルは他にも方法があって、ベース色となる色の上から縦方向もしくは横方向に2色目のポリッシュを塗ってなじませる方法もあり、とくにジェル系ではこの方法が一番やりやすい方法です。

エナメル系でも、色の境目となるところにトップコートを数滴垂らしておいてポリッシュとなじませることで写真のようなグラデーションを再現することはできます。

参考として2色で作りだす縦グラデーションネイルのジェルバージョンの画像を用意しましたので、ご覧ください。

まとめ

  • 正統派フレンチネイルもネイル2色使用の代表格アート
  • 斜めやフレンチで2色使いをする方法もあり
  • 滅多に使わない色で面白いデザインアートを描くことも!
  • 使用する2色ネイルで、全塗りをしてアートを施すのもよし
  • グラデーションネイルも2色なら手軽にやりやすい

以上が、ネイル2色のみで楽しむアート達です。

私自身はといいますと、時々手持ちのネイルポリッシュを整理していて、「え? こういう色買っていた?」というポリッシュを見つけた時は、そのポリッシュに合いそうな色を整理しながら、見つけて塗っています。

1色だけというのは寂しいので、2色でアートを考えますが、この感がる時間が楽しいです。

2色でどういうネイルアートができるかは、その人次第になりますが、素敵なネイルタイムを楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA