ネイル大好きな子のバイト。寛容になってきたバイト先の事情の件

ネイルとバイト1

学生さんがバイト探しをするときに、求人サイトを見ていて気になるのが、「髪色・ピアス・ネイル」と言われています。

私が学生時代のとき、百貨店でのバイト経験はありますが、小ぶりなピアスは許してもらえましたが、染色とネイルは禁止でした。

最近の学生さん向けのアルバイト情報サイトを見ていると「髪色・ピアス・ネイルOK」の会社やお店が増えています。

昔はこの3点はダメだったのに、なぜだろうということで、特にアルバイトでネイルOKになった事情などを紹介します。

私の学生時代の話。バイト先で条件が違いました

ネイルとバイト2

今でこそネイルマニアの私ですが、学生時代の私は無頓着でしたので、ネイルはしていませんでした。

百貨店でのアルバイトは、アクセサリー売り場でしたので、小ぶりのピアスは許されていましたが、ネイルは禁止でした。

事務のバイトも経験ありで、社外のお客様との応対をしなければ、ネイルOKでした。

仕事をどんどん覚えて、事務のバイトでも接客業務が加わるとオフィスネイルかネイル禁止を言われました。一緒に入った友人はしょんぼりしていました。泣

今のバイトのネイル事情は?

ネイルとバイト3

引用元:Instagram

私の学生時代の友人で、商品関連でバイトをしたことがある子にも聞いたのですが、「絶対ネイル禁止だったよ」と返事が来ました。

最近、アルバイト関連情報で有名なサイトで、今時のネイル事情について座談会を開いたところ、様々な意見が出て来ました。

事務職のバイトで、来客対応なしならネイルに関しては自由で、来客対応が必要になった場合は、ラメなど入っていないオフィスネイルならいいという職場が多いということでした。

ネイルとバイト4

引用元:Instagram

では、3Dネイルはどうなのかというと、事務職でも来客対応なしならOKという結果がほとんどでしたが、社内で同じ職場の方が不快に感じるなら、避けておくことがベストですね。

こういうド派手なタイプはどう判断されるでしょう?

ネイルとバイト5

引用元:Instagram

写真のようなネイルについては、どの業種でも許されるのでしょうか?アルバイト情報サイトが女子大生にアンケートをとったところ、面白い結果が出ました。

一部の会社で、事務職のアルバイト・接客ありで、禁止している会社があるのに、一方ではOKにしている職場はあるということです。

他にもホテルの受付バイト、さすがに派手なアートがしている場合、爪の長さ規定があって、スカルプチュア禁止のところはありました。

逆に昔はホテルの受付アルバイトでも、キラキラ系や爪の長さをだすスカルプチュアをしていてもいいところはありました。

現在は、ワンカラー限定で、ベージュ・ピンク系のネイルOKに統一されています。

飲食店でのアルバイトのネイル規定は?

ネイルとバイト6

引用元:Instagram

食品を扱うということで、ネイルはNGかと思いきや、飲食系アルバイトでもネイルOKのお店が増えています。ただしごく一部ということですのでお許しください。

ネイルOKを出しているお店の店長さんが出している条件としては、

  • ホールスタッフはヌードカラー
  • 厨房スタッフは自由だけれど、デコレーション禁止

としています。

店長さんが許可を出した理由としては、「女の子の職場だし、気持ちよく働いてもらいたいので、常識を超えない範囲ならネイルOKにしました」ということです。

色目については、ホールスタッフと厨房スタッフとで分かれますが、働いている女の子たちから文句は出ておらず、ルールは守っていてくれているというお話です。

もちろん、「すっぴんネイル」も認められています。

まとめ

  • アルバイトには禁止だったネイルも今は許可される職場が多い
  • 事務職で接客なしなら自由な反面厳しい制限もあり
  • ド派手なネイルについては、かなりOKを出しているところが増えた
  • 一番厳しかった飲食店でも職場環境のために認めているところがある

これが、女の子のバイトの最新ネイル事情です。最近は、いろいろと規制をかけすぎてしまうと応募してくれないというのもあります。

しかし、バイトを通して社会経験を積んでもらって、ネイルも自由にしているからこそ「自分は他人からどう見られているか」ということを意識してもらいたいという考え方もあります。

ネイルをすれば、色目によっては派手に見えて、応対しているお客様に不快な感じを与えている場合もあるでしょう。

それに気がついて、職場によってネイルをやめておくか、目立たないようなカラーに変えることで、バイトから社会人になるときのいい勉強になると私は考えます。

ネイルOKなバイト先が増えていますが、実際はいろいろと規制がかかっているお店もあるので、必ず面接や問い合わせの時に確認してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA