ネイルチェンジやオフの頻度は?正しい知識と手入れで自爪を守れる件

ネイルと頻度1

ネイルについて、サロンでお願いする方とセルフでされる方と分かれますが、みなさんはいかがでしょうか?私は、昔はサロン派でしたが今ではエナメルもジェルもセルフ派になりました。

サロンでは、通う頻度を訪ねると教えてはくれたのですが、セルフになると自己管理。さて、ネイルチェンジやオフをする頻度はどのぐらいがいいのでしょうか?

そこで、「初めてセルフネイルするけれど、オフやチェンジの時期は知っておきたい」という方に、実際はどうだろうというお話をします。

案外意外な結果!サロン利用率とサロンで支払う金額について

ネイルと頻度2

「シティリビング東京 WEB版」でWEB読者に対して、「ネイルサロンの利用頻度と金額」についての調査を2017年10月25日〜11月14日、有効回答数384人で結果を公表しています。

ネイルサロン利用率の1位の回答は、「1度も行ったことがない」で、ネイルサロンに通っている人の平均は、1度も行ったことがない人を省くと月に1度程度がほとんどでした。

こまめに通っている人は全体の1%程度という結果が出ています。

サロンでかけるお金も、1位は6千円前後でネイルケアとポリッシュなどの塗布・ネイルアート1〜2本ぐらいの値段で抑えている方が多く、最高でも8千円前後です。

ネイルサロンを避けてしまう理由は?

ネイルサロンを避ける理由としては、シティリビングでの調査と同時にネイルについての意見を同時に聞いています。

  • セルフネイルでもできるし、100均のものでも十分
  • ジェルでも気楽にできる道具ができたし、本などで確認ができる
  • サロンに通うとお金がかかる
  • 腕の悪いネイリストに当たってから、サロンがいやになった
  • スカルプチャを頼んでいないのに長さを出されて困った
  • 節約にと安い価格のサロンに行くと腕が悪くてすぐに取れてしまった

自分でもできるということに気づかれた人と、サロンに通っていたけれど、サロン側での対応の悪さでネイルサロンを利用しなくなった人と2つにわかれますね。

ネイリストさんは、きちんとネイリスト検定を取った上で採用されるか開業しているはずなのに、サロンでの教育が行き届いていないところもたまにあるので、せっかくリラックスできる場でもあるのが、残念な場にもなってしまいます。涙

ネイルを変える頻度・オフの時期はどのぐらいがいいの?

ネイルと頻度3

基本的には2週間で、長くて3週間が限界です。エナメル系の場合は、何かに当たったりして、剥がれてくることということが出てきますよね。

ジェルでは、浮いてくることで爪の表面を傷つけてしまいます。

ジェルなら出てくる症状があって、浮いたままのジェルを剥がさずに浮いたままにしておくと、雑菌が繁殖して緑色のカビ(グリーンネイル)が繁殖します。

この症状が出ると、完全にジェルを外して病院で治療してもらう必要があり、なかなか元の爪に戻りにくいです。

ネイルオフして、すぐにチェンジするのもいいのですが、爪の呼吸のためには、1週間の「お休み期間」を与えてあげるのが、爪の健康にはいいですよ。

サロンに頻繁に通わずに爪の健康を守るためにできること

ネイルと頻度4

セルフでネイルをしても、サロンでしてもらっても、自分の爪を守れるのは自分しかありません!サロンでケアのみをお願いしても、2000円〜3000円はかかってしまいます。

かといって、十分なケアを受けられるかはサロンで実際にしていただくことでしかわからない世界です。

「ジェルが浮いてきた」「すぐに剥がれてしまった」といって、自分で強引な剥がし方や間違えた手入れをしてしまうと、爪に大きな負担をかけてしまいます。

剥がれてしまった時や剥がれてしまったなどのトラブルへの対処法はきちんと勉強しておいて、自分では無理な場合は、やはり爪のプロであるネイルサロンにお願いすると対応してくれます。

日頃からのお手入れや、ネイルチェンジの頻度を知っておけば、大きな爪のトラブルにつながることにはなりません。

まとめ

  • 案外あまり利用しないネイルサロン。金額面で財布の紐がかたい
  • ネイルサロンに行かない理由。セルフネイル普及とサロンでの対応問題
  • ネイルチェンンジの頻度は2週間持たせて1週間はおやすみが理想。
  • 間違えたネイルトラブル対応は、病院にお世話になることも
  • 正しい爪の知識・お手入れ・チェンジやオフの頻度を知ることは大切

以上が、ネイルチェンジについての実情と頻度についての大切なことです。

私がよくネイルサロンに通った時の当時かけていた金額は1万円前後で、サロンに行くのをやめたのは、スカルプチュアをして長さを出していたのが、家事の時に折れて自分で対応することができないからでした。

全て外してもらえましたが、剥がれたり浮いたりして外してしまうと、実は除光液やジェル用クリーナーで爪に負担をかけてしまいます。

なるべくチェンジやオフの頻度を抑えるには、普段からのケアで爪を守ってあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA