ネイルケア

ネイルを乾かすのにドライヤーは?ネイル専用のもあるぞという件!

ネイルとドライヤー1

ネイルをする時間は、みなさん朝でしょうか、夜でしょうか?日中は、仕事や家事などで指先をよく使うので、ネイルをしてもはがれやすいですよね。

1日の終わりの夜なら、家事や用事をほとんどしないから、ネイルタイムにはもってこいです。

ジェルネイルならUVかLEDライトで硬化させれば、完成ですが、エナメル系ネイルポリッシュだと、しっかり乾くのを待たなければいけません。

寝る前に塗って寝てしまった時、ネイルにシワがつくことも(涙)普通のドライヤーで乾燥させている人も多いけれど、温度管理が難しくて、よれてしまうこともあります。

そこで、ドライヤーで乾かす方法と、ドライヤーを使っても工夫すれば併用でもっと早く乾かせる方法を紹介します!

早く乾かす前に普段の手入れは忘れていませんか

ネイルとドライヤー2

話はお顔になりますが、きれいにメイクをしようと思えば、普段から化粧水などでお肌のコンディションを整えておくことが大切ですよね。

では、爪ではどうすればよいでしょうか?ポリッシュを塗る前に爪に余分な油分がついていれば、長持ちしません。爪の長さの調整や甘皮処理も大切なことです。

普段からのお手入れがよければ、ベースコートを塗って、ポリッシュとトップコート塗ると、爪への密着度があがるので、多少自然乾燥でのスピードはあがります。

普通はどのぐらいでネイルポリッシュは乾くの?

私は普段用でベースからトップコートまで含まれているポリッシュを塗っていますが、速乾性ありタイプでも10分ぐらい乾燥に時間がかかっています。

普通のネイルポリッシュでは、速乾性タイプでも2~3時間完全乾燥に時間がかかります。

この時間は、ベースコートもトップコートも塗らずに塗ってみた結果なので、実際にベースもトップも塗ると、もう少し時間がかかってしまいます。

ここで、油断して何かものを取ろうとしてよれてしまうケースや、せっかくのアートがはげてしまうということになり、時間をかけたアートが全部ダメになってしまいます。

ヘアドライヤーで乾かしても大丈夫?

ネイルとドライヤー3

下処理をきれいにしてベースからポリッシュからトップコートまで全部塗ったけれども、一刻も早く乾かして、用事をしたいし早く寝たいと思いますよね。

ヘアドライヤーを使って、ネイルを早く乾燥させることはできます!ただし、気をつけたいのが冷風で当てる時の距離と、温風では当てないということです。

一年間、ヘアドライヤーの冷風を少し爪から離れた距離で当ててやると乾燥スピードがあがり、乾燥します。近づけすぎると、風圧でネイルアートが崩れてしまうことも!泣

温風の方がもっと早く乾くのではと思うかたもいますよね?逆に、塗ったポリッシュが乾くより温度が上がって気泡になるので、せっかくのおしゃれも台無しになります。

ヘアドライヤーを使うときは、冷風で少し離れた距離から当ててあげましょう。

実は便利なものが!ネイル専用ドライヤー!

ネイルとドライヤー4

引用元:Instagram

ヘアードライヤーで乾燥させる方法もあれば、他にも氷水に指を入れる方法などたくさん早く乾燥させる方法はあります。

ヘアドライヤーは冷風と距離を調整するのが面倒で、私も持ち方が悪くて、ネイルがよれてしまった経験は多々あります。笑

そこでネイルドライヤーが登場して、今「ニトリ」から販売されているネイルドライヤーが注目されて、ネイル大好きな女子に人気があります。

人気の秘密としては、乾電池で動くことと、低価格なのに十分ドライヤーとして活躍することです。私自身、知り合いが購入したのでお試しで使わせていただきました。

指は一度に3本しか入らないのですが、センサーがついているので、指を入れるとすぐに冷風が出てきて、乾燥させるという仕組みです。

完全乾燥とまではいかないのですが、違う色を重ねるなどのアートを施すときに役に立ちます。

どのような仕様かということで、プロのネイリストさんのレポートの動画を用意しましたので、ご覧ください。

まとめ

  • 早く乾かせるには下処理は大切
  • 速乾性のポリッシュでも完全乾燥にかなり時間がかかる
  • ヘアドライヤーの冷風で近づけすぎない距離でなら大丈夫
  • ニトリのネイルドライヤーは注目アイテム!

ネイルをドライヤーで乾かせる為に知っておきたいことと使い方です。

ニトリのネイルドライヤーはSNSで紹介されるや人気商品にあがっています。人気の秘密は乾電池で使えることと、ワンコインで購入できることです。

ヘアドライヤーのような距離などを気にせずに、ネイル乾燥ができるので、私も近々購入したいと考えているものです。

ドライヤーがよくても、日頃からの甘皮などの処理をしておかないときれいにポリッシュが塗れないことでムラにもなって乾きにくくなるので、お手入れはしっかりしておきましょうね。