ネイルをしたまま料理はいいの? 気をつけて欲しいことはあるからね

ネイルと料理1

セルフネイルで自分でも満足のいく塗りができあがった日や、ネイルサロンでアートをしてもらった日はうれしいですよね。

ネイルをすると、爪への負担を考えて2週間をめどに持たせるのが一般的。

でも、旦那様や彼氏に「ネイルしていて料理って、やっていていいの?」と言われて、初めて「ネイルをしたまま料理って大丈夫かな」と不安になる方も多いのではないでしょうか?

私も、過去に主人に言われて気になり、ネイリストさんにお聞きしましたので、大変気軽にできる対策方法と気をつけたいことを紹介します。

気になるのであれば、調理用手袋をするのが一番!

ネイルと料理2

ネイリストさんに実際にお話をお伺いしてみたところ、「ご自身が満足していても、家族の方や彼氏さんが気にされることはあるので、ネイルをしている時は、調理用手袋をして料理や水仕事をした方がいいです」というお話でした。

エナメル系ネイルポリッシュで、持ちが非常にいいものはあります。

ですが、家事で包丁を使うことや、野菜をちぎること、調理をしながらボウルを洗剤で洗うことってありますよね?

エナメル系では、いくら持ちがいいものでも、包丁などの衝撃や洗剤の影響でどんどん爪からポリッシュが剥がれていくことはあります。

もしかすると作ったお料理の中に、エナメル系のポリッシュのかけらが入ることはあるかもしれません。

小さなお子さんがいらっしゃる方、水仕事が多い方、ネイリストのように仕事上ネイルを常にしていなければいけない方は、念のために調理用の手袋をつけることをおすすめします。

ジェルネイルならお料理の時に手袋なしでも大丈夫?

ネイルと料理3

ジェルネイルは、エナメル系とは素材が違うので耐水性は高いのですが、絶対に大丈夫という保証はできないです。

「ジェルネイルならお料理の時、手袋をしなくていいですよ」というネイリストさんもいらっしゃるようですが、実際にはつけておいた方が安全です。

エナメル系と同様に、包丁などの衝撃で丈夫なはずなのに剥がれてしまうことがあります。

そして、ジェルネイルで一番気をつけたいことは、ジェルが爪から浮いてきているのに、放置しておくことはよくないということです。

爪から浮いてきたということは、ジェルを乗せる時に下処理をしっかりしていなくて浮いてきているか、そろそろジェルオフをする時期です。

ジェルの浮きを放置しておくと、隙間から水などが入って大変なことになります。

ジェルネイルでもエナメル系でも気をつけたい! グリーンネイル!

ネイルと料理4

引用元:Instagram

エナメル系のネイルの方ではごくわずかですが、ジェルネイルやスカルプをされている方で一番気をつけたいのが「グリーンネイル」です。

写真では中指の左側にできているのがわかりますよね?

グリーンネイルとは、常在菌の一種の緑膿菌の繁殖によるものを指します。初期の症状は、少し黄ばんだような色でどんどん緑色に変化して深緑色に変わって行きます。

痛みは一切ないので、気がつかない方が多くジェルネイルをされている方に発生しやすいです。

サロンでしっかり消毒をしてからジェルネイルを施すのですが、セルフでジェルネイルができるようになってきていて、消毒を忘れてジェルネイルをしていて、感染してしまう方もいらっしゃいます。

しかし、ジェルネイルの浮きに気がつかないで、手袋なしでの調理や、水仕事をしていると、グリーンネイルになる確率が高くなります。

グリーンネイルになっていると気づいた時は?

すぐにネイルオフをしてもらって、皮膚科を受診してください。発見が早ければ2週間程度で治りますが、発見が遅いと1年以上治療をする必要があります。

市販の薬では治せないので、早め早めに皮膚科を受診してくださいね。内服薬と外用薬で治せます。

その間は、水仕事はもちろん料理を作る時は、使い捨てができる手袋をつけることになります。

完全に治ったと分かれば、ネイルをまた楽しむことはできますが、予防としては、浮いているのに気が付いた時はすぐにリペアしてもらうことと、水仕事をするときは手袋をはめるようにする、手袋なしで水に触れた時はしっかりと水気をタオルで拭き取ることを心がけましょう。

まとめ

  • 調理をしていて気になれば、調理用手袋をしましょう
  • ジェルネイルで大丈夫と思わずに、調理用手袋はする
  • ジェルネイルで怖いのがジェルの浮きから発生するグリーンネイル
  • グリーンネイルを見つけたらすぐに治療開始すること

これが、ネイリストさんから教わり自分でも実行している料理時のネイルの対策です。

一度グリーンネイルを経験して、早めの発見でしたのですぐに治りました。

最近は、セルフでジェルネイルを楽しむ方も増えて、ジェルの浮きに気がつかず料理をされていて、グリーンネイルになる方も多いので、エナメルの方でも「ネイルをしたら調理手袋」と覚えておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA