ネイルに和柄って素敵!和柄ネイルアートの人気柄など気配りしたい件

ネイルと和柄1

成人式、結婚式のお呼ばれなどで、爪にもおしゃれをしたくなる時はありますよね。
着物を着た時にするネイルは、私自身も大好きです。

かしこまった場所でのネイルとなると、ネイルアートはどういうのがいいか、色は何色がいいか、派手すぎるとまずいのではと悩みが続出、、、

そこで、プロにお願いしてもセルフでも大丈夫なネイルアートの和柄やデザインや思い出として残したいという方への方法を紹介します。

控えめなピンク系に花びら柄は和柄ネイルの王道!

ネイルと和柄2

引用元:Instagram

着物の柄や様々な事情で、ネイルを控えめにするという方は多いです。
特に、結婚式に招待されたけれど、二次会があって、「和柄ネイルなのに、二次会の衣装はドレスだと合わないよね」ということで、派手な和柄ネイルは控える方は多いです。私も着物で結婚式の後に二次会がある時は、迷いました。

控えめなピンク系のポリッシュを土台にして、桜柄もしくは和風の花びら柄を描くデザインは多いですね。

薄いベージュに白の花柄も素敵で、花びらの描き方次第では洋服にも応用できます。
この動画は浴衣の和柄ネイルですが、花びらの描き方について上手に解説されているので、参考にご覧くださいね。

古典的な和の花を描いたネイルアートも人気!

ネイルと和柄3

引用元:Instagram

土台の色を控えめにせずに、着物の色に合わせる方も多いですし、お正月などでその時期に合わせた和の花を書いておしゃれを楽しまれる方も多いですね。

桜の花びら柄は通年使える柄ですが、和の花で季節によっては描くのをためらう花もあります。

最近のネイルアートで、和柄ネイルをする時、人気が出てきているのが「ツバキ」の花柄で、着物もツバキ柄が出てきているので、その影響かじわじわ人気がでています。

ツバキはホログラムを使うとキラキラしているので、手書きになりますが、爪楊枝をつかって、色を点々と描くといいですね。

花柄を作る時、ホログラムを使うのも便利ですが、ツバキは少しだけ練習すればできますよ。私もツバキをホログラムで作ったところ、派手になってやめました。笑

白色に紅白!おめでたいと人気のある和柄デザインです!

ネイルと和柄4

引用元:Instagram

おめでたい行事に人気な色合わせとデザインです!

写真の絵柄は、蝶結びは手書きで、扇子などはネイルシールを貼り付けているのですが、蝶結びののしを縦に描く方もいらっしゃれば、他の爪は着物の色をベースの色にして、アートを施す方も多いです。

白地に蝶結びは斬新で「蝶結びは何度あっても嬉しい行事に使う」とも言われているので、結婚式でのしの水引の結びを取り入れる時は、蝶結びではなくて、結び切りにデザインを変えてくださいね。

成人式などド派手OKならデザインやアートはプロにお任せ!

ネイルと和柄5

引用元:Instagram

振袖が派手なら、写真クラスのネイルをしても、ネイルアートが目立ってしまうことはないですね。笑
成人式は特に女の子は、初めてこの時に着物を着て、今までにないぐらい、ヘアメイクにもこだわりをもちますよね?
私も成人式の時は、かなり髪型にこだわりました。

それなら、爪もおしゃれに派手にしても大丈夫!

ただ、写真のような派手なネイルとなると、セルフネイルでは難しい部分が出てきますから、ネイルサロンでしていただくのが安心です。
特に成人式にとなると、予約殺到なので、早めに予約を入れて、やってもらいたいネイルアートを相談するといいです。

和柄ネイルでも、一生に一度のものならネイルチップにしてもOK!

ネイルと和柄6

引用元:Instagram

着物を着る機会は最近どんどん減っていますが、一生に一度しかない機会の時も多いはずですよね。

卒業式というと袴!袴に合わせる着物のイメージは大正レトロな矢のデザイン柄ですよね。卒業式の時、実際にこの柄を着る女の子は多いです。
着物の柄は違ってもネイルだけは、この柄を使いたいという方は多いです。

この柄はネイリストさんにお願いしないと、セルフでは難しいので、自爪に塗ってもらうことになりますが、「せっかくしてもらった柄だし残しておきたい」ということで、ネイルチップを作ってもらうのもいいですね。

滅多にしないネイルアートなら、ネイルチップを作っていただいて残すというのはいいかもしれません。

まとめ

  1. 控えめピンク系に桜の花びらは和柄ネイルの王道!
  2. 古典的な花でもツバキ柄を使ったネイルアートは人気
  3. おめでたい席でのネイルに紅白ネイルやのし柄も人気上昇中
  4. 派手な立体的な和柄ネイルはプロにお願いするのもよし
  5. 一生に一度の行事で和装でしかできないデザインはネイルチップもあり

和柄ネイルの人気柄とプロにお願いする時の注意点です。

セルフでできる和柄ネイルもあれば、どうしてもプロの方にお願いしなければいけない例があります。私は着物好きで、セルフネイルで出かけるときはありますが、たまにはプロの方にお願いする時もあります。

和柄ネイルは、少し自分が出かける場面を考えて楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA