ネイルでムラができてしまう! 一工夫で解消できる方法を紹介!

セルフネイルとムラ1

ネイルサロンでネイリストさんなら絶対にないお話で、セルフネイルになると「どうしてこうなるの!」と困ることってあるはず。

サロンに通うよりセルフネイルを楽しむようになった私でも最初に困ったのは「せっかく爪に塗ったポリッシュなのにムラができてしまう」ことでした。

ちょっとしたことに気をつけてあげると、自爪にネイルポリッシュを塗ってもムラ知らず楽しめます。

そこで「セルフネイルでもムラができない」私も実践しているムラができない方法を紹介しましょう。

基本中の基本! 塗る前に爪の油分を取り除いておくこと

セルフネイルとムラ2

セルフネイルでする場合、案外みなさん気づかないのが「爪の油分」のことです。爪にも若干の油分はありますし、さりげなく髪の毛を書き上げた時にも髪の毛からの油分も爪につきます。

この油分が、ベースコートやネイルポリッシュをはじいてしまって、実際に塗るとムラになってしまうことになります。

ネイルサロンでネイルを塗ってもらう時はエタノールで消毒ついでに油分を取り除きます。

でも、お家でのセルフネイルなら、石鹸を使って手洗いするだけで余分な爪の油分は取れるので、お手軽な方法ですので必ずしてくださいね。

意外な方法! 使用したいポリッシュを冷蔵庫で保管しておこう!

「え! 冷蔵庫にネイルポリッシュ入れても大丈夫なの?」と心配になる方もいらっしゃいますよね。私もこの保存方法をネイリストさんに教えてもらうまでは半信半疑でした。

室外保管で放置しておくと、温度や湿度でネイルポリッシュにとってベストな状態が保ちにくいので、温度差がなく湿度も一定な冷蔵庫はポリッシュには、品質を一定に保てる場所です。

ちょうど開け閉めをよくするドア付近のところがベストな場所で、私も実際に試したところ、非常に伸びがよくて常温保管しておくよりもムラができませんでした。

ただし、ご家族に間違って食べ物と間違えられないように気をつけてくださいね。

ベースコートは忘れずに! ただし均等にね

セルフネイルとムラ3

ネイルポリッシュの下準備が終わったら、さてベースコートを塗っていきましょう。

ベースコートなしでいきなりポリッシュを塗り始めると、爪にはわずかな凸凹があるので、当然ポリッシュを塗ってしまうとムラができてしまいます。

そして、ベースコートはネイルポリッシュの色が爪に色素沈着しないようにする役目があります。

塗る順番として、

  1. 爪先のエッジ
  2. 爪先の裏側
  3. 爪のセンター
  4. 爪の両側

という順番で塗っていきます。この順番はネイルポリッシュを塗る時も同じ順番になります。

ただ、ベースコートの塗り方で気をつけなければならないのは、一気に塗っていくことと、塗る前に瓶のフチで量を調整して、塗った表面に凸凹ができないようにするのがポイントです。

さて、ネイルポリッシュを塗っていきましょう

セルフネイルとムラ4

ベースコートが完全に乾燥していれば、早速ネイルポリッシュを塗っていきましょう。塗る順番は、ベースコートを塗る時と全く同じです。

ここで気をつけたいのは、ある程度瓶でポリッシュの量を加減することは大事ですが、爪に塗る時の角度に気をつけてくださいね。

私も教えてもらうまで気がつきませんでした。笑

爪に対して、ポリッシュの筆の角度を45度にして塗ることと、素早くポリッシュを広げてあげることです。

筆を使って塗ることは、不思議と筆に圧力がかかりがちですが、この角度を保って素早く塗ると、圧力がかからずムラ塗りを防ぐことができます。

最後のトップコートで意外な落とし穴! ちょっとだけ気をつけてね

最後はトップコートを塗って完成となりますが、ベースコートからトップコートまで、サロンでしていただいても、1時間は触らないようにと言われます。

実はベースコートからトップコートまで完全に乾燥するまでに丸1日かかり、その間に、お湯などで高い温度のものに触れるとムラやヨレができてしまいます。

トップコートを塗る時も、量の調整は必要ですが、乾きが早いので一気に塗ることは必要ですが、完全に乾燥していないということはお忘れなく。

ここで、ネイルでムラを作らないようにする塗り方を紹介した動画を用意しましたので、参考にどうぞ!

まとめ

  • 基本中の基本! 爪の油分は取り除くこと。
  • ポリッシュの保管の理想的な場所は冷蔵庫
  • ベースコートは爪の凸凹とポリッシュのムラ塗りを防いでくれる
  • ポリッシュを塗る時は、筆の角度は45度。余分な圧力は入れない
  • トップコートはポリッシュの乾燥を見てからさっと塗ること
  • 完全乾燥に丸一日かかるけれど、塗ってから1時間は絶対触らないこと

以上が、私がネイリストさんから教えていただいたネイルを塗る時のムラを作らない工夫と方法です。

最近、ネイルを塗った後どこにも触れないようにするガードが売られています。でも、ご家族にびっくりされやすいので、ひとりゆったりの時に楽しむのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA