ネイルケア

ネイルでゴージャスな世界はどう? 試したいデザインを見てみよう!

ネイルとゴージャス1

ネイルアートに凝ってしまうと、ついついゴージャス系のネイルアートにはまってしまう方も多いでしょう。

一昔前のネイルコンテストの優秀作品では、異常なスカルプの長さとキラキラ感満載のものやびっくりするようなネイルアートが選ばれていました。

しかし、今は有名なネイルコンテストでも、ギラギラした作品ではなくて、ゴージャスながらも華やかでしかも芸術性を問われるような傾向になっています。

私もネイル専門誌を読んでいて、「結構ゴージャス系のネイルは変わった」というのが感想です。

では、今「ゴージャス系ネイル」と呼ばれるものは、どういうものかを紹介しましょう。

プチゴージャスのネイルアートならセルフでもできる!

ネイルとゴージャス2

引用元:Instagram

セルフネイルをされる方がどんどん増えていますが、爪先に不揃いのストーンを乗せるのは、初めてゴージャス系のネイルアートにチャレンジするにうってつけでしょう。

爪先にフレンチネイル風にしてもいいし、甘皮ギリギリのところにストーンを全ての爪にするのではなくて、さりげなく1本だけ乗せると、嫌味がなくて、清楚な感じに変わりますね。

ネイルとゴージャス3

引用元:Instagram

写真の例だと、片方の爪の1本だけにストーンをのせていますよね。

ネイルの色も薄いピンク系なので、ストーンを1本の指につけていても、派手さを感じさせない出来上がりになっています。

他のネイルアートとのコンビでストーンを乗せてみると?

ネイルとゴージャス4

引用元:Instagram

一色塗りにストーンを乗せるというのではなくて、他のネイルアートとのコンビネーションで、ストーンをたくさん乗せるというのも面白いですね。

写真のように、1本だけチークネイルをしているけれど、2本の爪には、ビジューやストーンをのせて盛っているのも、素敵ですね。

ネイルとゴージャス5

引用元:Instagram

こちらはフレンチネイルと大理石風のフレンチネイルのミックスですが、パールや様々なパーツを使ってゴージャスさを出しています。

大きめのパールやパーツ類、ネイルアートのテクニックでゴージャスでも、上品さをメインに出しているネイルアートが、ネイルコンテストで受賞しているケースは多いです。

参考ですが、シンプルだけれどゴージャスにできるネイルテクニックの動画を用意したので、ご覧ください。

フットネイルもゴージャス系にできますよ

ネイルとゴージャス6

引用元:Instagram

「足にゴージャスなネイルアートなんて無理じゃないの?」と思っていらっしゃる方もいらっしゃるのでは?

夏になると、サンダルやビーチサンダルを履く機会が増えるので、写真ぐらいにビジューや大きめのパールなどをつけられる方は結構多いです。

私も夏になるとたまには、お気に入りのサンダルを履いて出かける予定がある時は、1週間はせめてもキープさせたいということで、自分でフットネイルをして、親指と人差し指の爪にビジューやパールなどを置いていきます。

ただ、注意したいのは、ネイル後素足でサンダルを履くときです。

エナメル系だとちょっとした接触でビジューなどが外れやすいので、ネイルグルーで補強するのもいいですよ。

もしセルフでジェルネイルをされている方であれば、若干ジェルネイルが強度は強いので、フットネイルでビジューを大量につけるときは、ジェルネイルにするのもひとつの手ですね。

花嫁さんにおすすめできるかな? こういうデザインはいかが?

ネイルとゴージャス7

引用元:Instagram

中指にビジューとパールを爪に埋め尽くしていますが、他の爪は3Dアートでお花をあしらって上品に仕上げていますよね。

結婚式では全てドレスの方もいれば、和装にチェンジされる方もいらっしゃいますよね?

もし洋装から和装にチェンジするケースなら、1本だけビジュー類で埋め尽くしたネイルアートもいいでしょう。

ネイルとゴージャス8

引用元:Instagram

結婚式から披露宴まで全て洋装というケースなら、写真と同じぐらいの派手さを出しても大丈夫なのですが、グローブなど外しやすいかは事前に式場の方とネイルサロンと相談は事前にしておきましょう。

場合によっては、当日グローブが入らないということになってしまうので、当日のネイルについて、式場の方のアドバイスとネイリストさんとしっかり打ち合わせはしておきましょう。

それと忘れてならないのは、かなり多くのビジューを乗せた場合は、自分で外そうとすると、爪を痛めやすいので外してもらうときはネイルサロンにお願いしましょうね。

まとめ

  • プチゴージャスならセルフネイルでも簡単にできる
  • 単色塗りではないネイルアートとビジューとの組み合わせもゴージャス
  • サンダルの季節にビジューを取り入れたフットネイルはオシャレ度アップ
  • 結婚式のスタイルに合わせたビジュー乗せもゴージャスで華やか

これが、ビジューやパールを使ったゴージャスなネイルテクニックです。

あまりにもゴージャスにビジュー類を乗せすぎると外すのが大変なので、初めてビジューを使う方は、小さなものでデザインすることをおすすめします。