ネイルケア

ネイルでもジェルとは何なの? 最近のジェルネイル事情を語る!

ネイルとジェルとは1

この頃、自分で自分の爪にマニュキュアをする「セルフネイル」がすっかり定着してきましたね。

私もすっかりセルフネイル派になりました。笑

さて、セルフネイルといっても「エナメル派」と「ジェル派」に分かれるようになり、ジェルネイルが家庭で手軽に楽しめるようになりました。

「ジェルネイルの方はもちがいいらしい」ということで、通販でジェルネイルキットを購入される方や、ネイルコーナーなどでジェルネイルに必要なものを購入される方がいらっしゃいます。

では、ジェルネイルをご自身でしてみて困ったことはありませんか?

最近ではどんどん爪に優しいジェルネイルは登場していますが、ネイルでもジェルとはなんだろうということを紹介しましょう。

そもそもジェルネイルってどういうもの?

ネイルとジェルとは2

引用元:Instagram

ジェルネイルが誕生するまでは、ネイルサロンでアートなどをお願いするときは、エナメル系でしたが、最初に誕生したジェルネイルはハード系と呼ばれるものでした。

今でも下処理は変わらないのですが、自爪とジェルの密着度を良くするために、自爪の表面を削る作業が入ります。

エナメル系と違うのは、UVライトもしくはLEDライトを当てないと固まってくれない(硬化しない)という点です。

少々面倒なところはありますが、硬化させることで爪に強度が出てくるので、一時期スカルプという長さ出しとの相性もよく、ネイルアート関連のコンクールでは信じられない長さのジェルネイルアートも出たほどです。

その一方で、下処理やジェルオフをする時に自爪を削るという作業が入るので、自爪そのものが痛むという問題もあって、最近はソフトジェルが人気になっています。

ジェルネイルをオフする時に気をつけたいことをまとめた動画を用意しました。

現在の主流になっているソフトジェルって?

ネイルとジェルとは3

引用元:Instagram

今のジェルネイルの主流はソフトジェルで、色を混ぜて新しい色を作りだすことは簡単ですし、ソフトジェルがとても人気がある理由の一つにリムーバーで簡単にすっと取りやすいということです。

そして、柔軟性があるので折れたり欠けたりすることが少ないことや、自爪の保護に優れていることで、一般的なネイルサロンではソフトジェルが主流です。

ネイルとジェルとは4

引用元:Instagram

取りやすいといえ、リムーバーを浸したコットンを爪に巻きつけてアルミホイルに包むか、写真のようにリムーバー専用のクリップをつけて、塗ったジェルにリムーバーがなじむまでに待つ時間が必要です。

専用のリムーバーがあれば、すっと自分で外すことができるのもソフトジェルの魅力のひとつです。

ネイルサロンで扱っているソフトジェルには、

  • カルジェル
  • バイオジェル
  • パラジェル

がありますが、初めてのジェルネイルならカルジェルがオススメです。

バイオジェルやパラジェルには、それぞれいい点はあるのですが、水分を通過させやすいなどの弱点があって、ジェルの浮きに気づかずに放置しておくと、グリーンネイル(爪に発生するカビの一種)になります。

外した時に、少しでも異常が見つかればすぐに皮膚科を受診してくださいね。

通販のジェルネイルキットって大丈夫なのでしょうか?

ネイルとジェルとは5

引用元:Instagram

ジェルネイルビギナーさんなら、ジェルネイル1〜2本とリムーバー、爪やすり、硬化用ライト程度で最初は始められるとよいでしょう。

よく通販でかなり豪華なセットで、プロでもここまで持っていないというぐらいのセットが5000円代で手に入れることができます。

ですが、いきなり初心者でハードタイプのジェルだと、塗るときはもちろんジェルオフするときにかなり大変で、自爪をかなり深く傷つけてしまうことがあります。

通販でフルセットを購入するときは、ジェルの種類、オフするときの方法が購入ページで紹介されているかをよく見てから購入を決めてくださいね。

かなりハードルが低い! HOMEIのウィクリージェル

ネイルとジェルとは6

引用元:Instagram

HOMEIの「ウィークリージェル」はジェルネイルでありながら、爪の下処理や、ベースコート・トップコートいらずの新しいタイプのジェルネイルです。

しかもリムーバーいらずで、水に反応してはがせるタイプのジェルネイルです。

もちろんジェルネイルですので、UVライトもしくはLEDライトで硬化させる必要はありますが、ジェルネイルに対して全くの初心者の方は、ソフトジェルよりこちらの使用をかなりおすすめします。

私自身も何本かもっていますが、少々高めながらも週末のみのおしゃれで使っています。

まとめ

  • 初期のジェルネイルはハードタイプ
  • 今の主流のジェルはソフトタイプ。爪に優しい
  • 通販のジェルネイルキットはソフトだけれども、内容はチェック
  • 一番ハードルが低い! HOMEIのウィークリージェル

これが、私が今まで試してきたジェルネイルの全てです。

ジェルネイルはある程度扱い方に慣れる必要はありますけれども、敷居が低いジェルから挑戦するのもいいですよ。