ダイエット中で口寂しいときどうする? 解決法を考えてみた!

ダイエットと口寂しい1

いくらでも 食べたいもんだね 甘いもの

ダイエット中、食べる量をセーブしているとどうしても口寂しくなってしまうものです。特に今までは気にしていなかったかもしれませんが、太る人とそうでない人の違いとしてこういうものがあります。

「太っていない人はお腹が空いたら食事をするが、太っている人はお腹が空いていなくても何かを口にする」太っている人は空腹を避けるための食事ではなく、食べたい欲を満たすための食事だということを表している言葉です。

そうは言ってもいきなり食生活を変えられるわけではないし、何かを口にしたいときは誰にだってあるでしょう。今回は、口寂しいときの解決法と、注意点をお伝えしていきます。

そもそもどういうタイミングで口寂しいと感じるか

口寂しいとか、何か食べたいな~というとき、どんな食べ物を口にしたいと思いますか?少しシチュエーションを想像してみてください。意外にもタイミングとしては食後が多いのではないでしょうか?

今食べたけど、何か甘いもの食べたいなー なんてイメージしたのではないでしょうか?私もそうです。私は食事制限をカロリー計算でしているのですが、夜ごはんを食べるまではきちんと自分を律することができています。

たとえ職場でお菓子をもらってもカバンに入れて持って帰り、いただいたその場でおやつのように食べる、ということはありません。問題なのは夕ご飯の後です。ある程度しっかり食べて満足しているにもかかわらず、「別腹的に」食べたい欲が出てきます。

それはアイスだったりチョコレートだったりと、甘いもの率が非常に高い。食後にサラダを食べたいと思いません。これは主観ですが、食後のデザートを食べたい場面で、でもガマンしなきゃいけないな、というときに「口寂しい」気持ちが襲ってくるのです。

じゃあどう対策するか

ダイエット中の私たちにとって、カロリーのことを考えると「別腹ポジション」の甘いものに手を出すのはNGです。でも食べたいものは食べたいですよね。

甘いものが悪いわけじゃない、甘いものを食べたくなる私が悪いんだ、と。ここで一つの解決法は「食べちゃう」ということです。

最も危険なのは甘いものを我慢することによりストレスがたまりにたまって爆発してしまい、ファミリー用のアイスを一つで全部一気に食べてしまうことだったり、十分甘いチョコレートに生クリームをかけて食べるというような「カロリーモンスター」にあなたが変貌してしまうことです。

このように書くと極端な解釈をする人がいて「ダイエット中でもアイス食べていいんだ!」と、見境なくなる人がよくいますが、そうではありません。アイスもチョコも食べていいですが、条件があります。

それは「あなたの消費カロリーをオーバーしない範囲で」ということ。簡単にいうと、カロリーオーバーしないなら、アイス食べていいよということです。

カロリーコントロールができれば苦労しない

カロリーオーバーにならない範囲で、と聞いて絶望した人もいるかもしれません。ですが、痩せたいのに好きなだけ食べたい、というのはやはり無理があります。しかし、誤解しないでほしいのは、「アイス食べてもいいから夕ご飯抜いてね」ということではありません。

そこはバランスです。例えばですが、夕ご飯がトンカツだとします。でもいつも通りトンカツを食べてアイスも食べればそれはカロリーオーバーでしょう。「デブまっしぐら」です。

例えばこの場合はトンカツの量とごはんの量を減らして、浮いたカロリーでアイスを食べるとか、そういう意味だと思ってください。 これは好みだと思いますが量は少しでもトンカツもアイスも食べられる、なら大分満足度は高いはずです。

それでも食べたくなったら昔からの知恵を使う

いくらガマンしても食べたくなるときはあります。アイスはスプーン一杯のつもりがワンカップ丸々食べてしまったり。そういうこともあるでしょう。アイスを食べたらその瞬間は大満足でしょうが、体重測定のときには大後悔が待っています。

だから、一番の解決策は「アイスを買わない」です。目に見えるところに食べ物を置かないというのは本当に効果的です。ないものは食べられないんですから。ですが、一人暮らしならまだしも、実家暮らしだとそうはいきません。

アイスがあればおせんべいもある、毎日がパラダイスです。目に見えるところと言わず、隠してあったって見つけてしまう、それが実家の怖さです。こういうとき、かなり古典的な方法ですが、私が色々やって一番効果があったのは「歯をみがく」ことでした。そのあとマウスウォッシュもしてさわやかな口になってください。食べなくてもいいかな、って思いますから。

ダイエットと口寂しい2

歯磨きがあなたをカロリーから守ってくれる?

まとめると

  • 口寂しくなるのは食後のデザートタイムが多い
  • ガマンが爆発してカロリーモンスターになるくらいなら食べてもいい
  • 食べていいのはカロリーオーバーにならない範囲でだけ。
  • カロリーのコントロールは「食べない」ではなく「量を減らす」
  • 最後の手段、「歯磨き」してすぐ寝る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA