セルフネイルのお悩み解消!?不器用な私でも出来た簡単デザイン!!

セルフネイルとデザインと簡単1

ネイル、楽しんでますか?キレイにぬれたら、それだけでテンションあがりますよね!!

なれてくると、ネイルデザインもやってみたい…でも不器用だし、時間もないし、センスだって…わかります、私も同じ。ちなみに、私は野菜のナスを描いたら飛行機と言われ、美術や工芸では完成前から「やり直したら?」とアドバイスを受けるほど不器用。

空前絶後の超!!不器用、そんな私でも簡単にできたネイルデザインを紹介しちゃいます!

ネイルデザインって、どんな道具がいるの?

ネイルデザイン、って聞くと「なんだか面倒くさそう」「お金かかりそう」とか思っちゃいますよね。ネットでしらべると、あれもこれも必要と書いてあるし・・・。

それにつられて、あれこれ買ってはみたものの、全然必要なくてガッカリ、とか。そして必要ないものに限って高かったり、探すのに苦労したり。私も相当時間とお金をムダにしました…。

だったら、道具は何があればいいの??

私がたどりついた答えは「トップコート」「竹串」そして「クリアなストーン」!!

セルフネイルとデザインと簡単2

あとは必要な時に必要なものを追加するだけでOK! 最初はこれで充分です。

セルフネイルのデザイン、基本の基本は「ストーン」

思ったより手間がかからない、そして見ばえがいいのはストーン。

カラーストーンも売ってますが、ここはクリアを選ぶと楽です。というのも、クリアはどんなカラーにも使えて目立つから。最初は100均のもので充分ですよ。大きさは中くらいが使い回しがききます。大きいのは目立ちすぎて、使い所が難しいかな。

ストーンは「竹串の尖った部分にほんの少しだけトップコートをつけ、ストーンの端につけて爪に置く」が基本です。この時、ネイルカラーは軽く乾いている方がベター。簡単で定番のデザインといえば、爪の根元にストーンを一粒。

セルフネイルとデザインと簡単3

でも、すべての指に置くのは今でもちょっとハードルが高い……私、不器用ですから。

なので、初めての方にオススメするのは薬指の爪先へストーンを一粒。たとえば右薬指の先っぽ、やや右に寄せたところにストーンをおいてみると、キラキラと目立ちますよ。

目立つからこそ、あえて薬指だけ。それに薬指って案外使わないから、ストーンが落ちたりすることも少ないのでオススメです。時間もかからないし。

慣れてきたら、根元に一粒ストーンも試してみてくださいね。根元に置く場合は、ぜんぶの指においた方がキレイにみえますよ!

仕上げには必ずトップコートをぬりましょう。

ただ、ストーンの上から大量にぬってしまうと、ストーンのキラキラ感がなくなってしまう事があるので、ストーン部分は薄めに。ストーンが取れてしまわないか心配な場合は、あらかじめストーン裏にトップコートをぬっておく方法もあります。

100均のネイルシールを使ってみる

最近のネイルシール、いろいろ充実していますよね。セリアやダイソーにあるネイルシール、よく衝動買いしてます。

このネイルシール、簡単そうにみえて実は難しい。ネイルカラーがきちんと乾いてから貼らないと、せっかくぬったネイルが歪むことがあるので…。

貼り直すのも難しくて、カラーごとはげる事もあります。時間がないときにはあまりオススメできません。

セルフネイルとデザインと簡単4

でも、時間はないけど、どうしてもシールを使いたい!!

そんな時にはカラーを使わず、爪にベースコートを。ベースコートが乾いてからシールを貼ってみて。ベースコートだけなら乾くのも早いし、シールも目立ちます。

お花シールの場合、色違いを少し重ねて使うのもオススメ。あらかじめシールの台紙の上で重ねてバランスを見てから、爪に置くとキレイですよ。私はシールも竹串でのせちゃいますけど、ピンセットでも大丈夫。ネイルカラー部分に引っかけない様に気をつけてくださいね。

ネイルシールは時間がたつとはがれてきたり、浮いたりすることも。最後は必ずトップコートをぬりましょう。

マステでデザインしてみよう!

ストーンになれてきたら、今度はマステを使ってデザイン。
ベースコートが乾いた状態でマステを爪にはります。1番カンタンなのは、ナナメ貼り。

セルフネイルとデザインと簡単5

マステを貼ったら、その上からネイルカラーをぬりましょう。少し乾いてから、テープをそっとはがしてくださいね。ここで急ぐと、せっかくのカラーまで一緒に取れるというキビシイ結果が待っています…。

マステをはがしたら、トップコートを忘れずに!!カラーの境目がガタガタで気になる方は、ガタガタの部分にストーンを並べる方法もありますよ。ちなみに私は気にせず、トップコートをぬっておしまい。トップコートをぬると案外目立たなくなります。

私が参考にしたYouTube動画はコチラ↓とてもわかりやすいですよ。

フレンチネイルも工夫次第

フレンチネイル、可愛いですよね。私がネイルをはじめたのも、キレイなフレンチネイルに憧れたから。薄めのピンクやベージュに、白のコントラストは定番で王道。でも、カンタンそうにみえて思ったより難しい!!

キレイなカーブをネイルブラシだけで描く…私には無理。ということで、これを使ってみました!!

セルフネイルとデザインと簡単6

はい、ばんそうこうです。

この両端にあるカーブが便利。ばんそうこうを半分にカットして、カーブした部分を爪先に貼ります。あ、もちろんベースコートは忘れずに!!

あとはマステと同じくネイルカラーをぬって、少しかわいたらゆっくりはがしてください。両手の爪ぜんぶをフレンチにしたい場合、マステをばんそうこうのカーブに合わせてカットして使えば便利ですよ。フレンチネイルは爪先の白さがかわいいのですが、白って案外色ムラが目立ちます。

なので、お急ぎのときや初めてトライする方はラメの入ったネイルカラーで。ラメ入りだと、乾燥もはやめです。

セルフネイルとデザインと簡単7

まとめ

  • 最初は「トップコート」「竹串」「クリアなストーン」があれば充分
  • 薬指の先っぽだけにストーンをおいても目立ちますよ、最初はここから!
  • ネイルシールはカンタンに見えて難しいので、ベースコートの上においてみて
  • マステやばんそうこうを使って、フレンチネイルもできますよ
  • どんなデザインネイルでも、必ず最後にはトップコートをぬりましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA