セルフネイル講座

セルフネイルで持ちが悪くなる謎! ちょっとした手間で変わる件

セルフネイルと持ち1

セルフネイルを極めている方でも抱える悩みが「ネイルの持ち」です。

特に、セルフネイル関連道具を集めて、いざポリッシュを塗ったけれども、どんどんはがれてボロボロになるという方は多いでしょう。

実のところ、私もセルフネイルを始めた頃の最初の難関テーマでした。すぐに爪先のネイルがボロボロになるし、はがれたところを塗るとムラができて見苦しいし、、、

そこで、すぐにはがれてしまう原因と、セルフネイルでも持ちの長さをよくする方法を紹介します。

持ちの悪さの根源! 塗る前の油分処理

セルフネイルと持ち2

女性で手が荒れていればハンドクリームを無意識に塗り込みますよね?ほかには、無意識に髪の毛を触ることもあるでしょう。

ハンドクリームは髪の毛から自然に出ている「油分」が爪についていて、そのままセルフネイルを始めると、油分がポリッシュと爪との密着の邪魔をして、持ちが悪くなってしまいます。

髪の毛以外に、日常生活で油分は手についてしまうので、セルフネイルをする時に、手洗いをして完全に乾燥させてから、ベースコートを塗るといいです。

除光液も油分を取り除こうとする方がいらっしゃいますが、除光液に入っている成分がかえって爪を痛めてしまっているケースがあるので、一番手頃な方法がせっけんを使った「手洗い」が一番安全で爪に負担をかけません。

自爪のお手入れもネイルの持ちをよくする道

案外忘れがちなのが、自爪のお手入れで見栄えをよくすることと同時に持ちを長くことにもつながります。

  • 爪やすりで長さを調整する
  • 甘皮処理を行う
  • 軽く爪の表面をバッファーで削る

これらの3点は案外セルフネイル派の方で忘れがちなことのです。

爪切りでパチンと長さ調整をする方は多いでしょう。切った断面を見ると、実ははっきりと目に見えませんが、盛り上がって滑らかさがなくなっています。

甘皮処理は少しふやかしてから、プッシャーで押し出す程度でいいのですが、セルフネイルで慣れていない方だと、甘皮と同時に肌を築けてしまい、健康な爪を伸ばす邪魔になってしまいます。

爪の表面削りは、ポリッシュの密着度を高めるにはいいのですが、やりすぎると爪が薄くなるので、軽く力をいれずに磨いてあげましょう。

ベースコートからまず丁寧に塗っていきましょう

セルフネイルと持ち3

ベースコートは、色素沈着や自爪の保護、さらにポリッシュを塗りやすくする役目を持っています。

ベースコートの塗り方次第で、丁寧に下準備をしたはずが持ちの悪さにつながってしまいます。私も、ベースコートの塗り方について、気がつくまで時間がかかりました。笑

ポリッシュの塗り方と同じで、爪のエッジから塗り、それから、爪のセンターと両脇を塗るというのがポイントです。特にエッジは切り口と裏側にも塗ると持ちが断然変わってきます。

塗る時の量も大切な要素で、厚塗りをすると、なかまで完全乾燥していない場合があるので、数日と塗ったポリッシュが剥がれていくことはあります。

ネイルポリッシュは2度塗りまでで止めておく

セルフネイルと持ち4

ベースコートも塗ったところで、ポリッシュを塗っていきますが、どんな色でも重ね塗りをするのは2度塗りまでにしておきましょう。

厚みが出ることで逆に傷がつきやすくなって、はがれやすさがアップします。

2度塗りにした場合でも、1度目をしっかり乾かさないうちに重ね塗りに入ると色ムラができてしまい、完全乾燥にも時間がかかるので、ネイルの持ちを悪くすることになってしまいます。

完全乾燥させること、丁寧に塗ることと、塗る回数、厚塗りにならないことに気をつけて塗りましょう。

トップコートやネイルオイルなどのお手入れは忘れずに

セルフネイルと持ち5

トップコートの存在や、ネイルオイルなどのお手入れについても気をつけてください。

トップコートの役目は、傷の保護とツヤを出すこと、色持ちと変色防止で、最後の仕上げに塗ることでネイルの持ちをよくすることです。

しかし、エナメル系のネイルで丁寧に処理をしていても傷が入りやすいので、3日一度、トップコートを重ね塗りすると持ちがあがります。

爪もある程度油分は必要で、ネイル後も油分ケアは必要です。

ネイルオイルとハンドクリームを毎晩つけてあげると、さらに持ちが変わりますので、日頃からのお手入れに取り入れてあげてください。

まとめ

  • ネイルの持ちを左右するのは、下処理で油分を取り除くこと
  • 見た目も大切だけれども、持ちの良さに繋がる
  • ベースコートは丁寧にかつ薄く塗るのがポイント
  • ネイルポリッシュの重ね塗りは2度塗りまで
  • トップコートとその後のお手入れを大切にしよう

以上、私がセルフネイルで気をつけているネイルの持ちのコツです。

セルフネイルでここまで気を使わなければいけないのかとびっくりされた方も多いでしょうけれども、ちょっとしたことが持ちの長さをよくするので、大変ですけれども、ぜひ気をつけてあげてください。