セルフネイル講座

セルフネイルで使うシール達!ちょっと物知りになれば素敵なアートができる!

セルフネイルとシール1

セルフネイルにチャレンジし始めて、「ポリッシュを塗るだけなんて味気ないから何かいいアイテムはないかな?」と思いますよね?

ストーンを乗せるのもいいけれど、文字や小さなお花などの「ネイルシール」が大活躍!今では専門店だけでなく、100均のお店でも手に入るようになって、さらにちょっと一工夫されたシールも登場しています。

最近重宝している新しいタイプのネイルシールも注目ですので、基本のネイルシールから最新タイプまで、「ネイルシール」について紹介します!

ネイルシールを使うのなら絶対欲しい!ピンセット!

セルフネイルとシール2

ネイルシールや押し花などを扱う時、ピンセットは必需品といってもいいぐらいで、私も最初は持っていなくて困ったことがありました。

ピンセットを持っていなくて、「手ではがして、はりつけていいよね」とネイルシールを台紙から手で剥がすと、接着面に油分や汚れがついてしまって、せっかくきれいに塗った爪からシールがはがれます。

ちょっと面倒と思うかもしれませんが、先の細いピンセットをひとつ持っておいて、シールを台紙からはがす時は、ピンセットを使ってくださいね。

薬局でもいいし、100均のネイル用のものでもいいです。私は、100均でみかけたものを長年愛用しています。

基本のネイルシールの貼り方は?少し気をつければきれいに貼れる!

セルフネイルとシール3

引用元:Instagram

基本のネイルシールの貼り方をまずマスターしていきましょう。

まず、ベース色になっている、ネイルポリッシュが完全に乾燥しているかを確かめてから貼りましょうね。

ネイルポリッシュが完全乾燥していないままに、ネイルシールを貼り付けるとシールが埋もれてしまって大変なことに!私も一度はやりました。笑

失敗なく貼り付けるなら、ベースポリッシュを塗ってから一晩乾燥させてからネイルシールを貼るといいですね。

貼り付ける位置も、自爪の脇は1ミリほどすき間をあけて貼るとトップコートを塗っていても、シールがはがれてくることはないです。

ネイルシールの素材に少しだけ気をつけてね

ネイルシールを買ってきて、思わず手で剥がしてしまった時に、ゴムのような感触があるのですが、実は、同じネイルシールなのに、メーカーによっては、素材が違うのです。驚

  • ウレタン樹脂(ラバー)
  • PET

ネイルシールの裏側の取り扱い説明書の材料をよく見ると、この2つの素材にわかれます。

私がこの2つの素材で感じたことは、ウレタン樹脂(ラバー)は爪によく密着して浮きにくいこと、PETではシールが破れにくく丈夫だなぁということでした。

これは使う方の好みになってくるのですが、ウレタン樹脂(ラバー)の方が台紙からはがす時にやぶれやすいという弱点はありますが、密着して浮きにくいので、私はウレタン樹脂(ラバー)の方をオススメします。

でも、気に入ったデザインのネイルシールが自分の気に入った素材のものでなければ、その素材の特徴を知っておくとアートが楽しくなりますよ。

最近注目シール!ウォーターネイルシール!

セルフネイルとシール4

引用元:Instagram

最近注目のネイルシールは「ウォーターネイルシール」です!

専門店でも販売はされていたのですが、100均ネイルアートで人気のある「しずくさん」がキャンドゥと企画したウォーターネイルシールは初めて販売された時は即完売になったほどです。

ウォーターネイルシールが人気なのかというと、樹脂などの一般的なネイルシールよりも薄くて、何枚か重ねて貼ることができて、重ねても凸凹感が少ないということです。

貼るのは非常に簡単で、爪に貼る必要な分だけハサミで切り取って、水を入れたボールにシールと入れて、使う柄が浮いてくれて、ピンセットでつまみあげて、爪に貼るだけ。

非常に貼り方もシンプルで、シールのデザイン次第では、ネイルポリッシュで難しいアートもできるということです。

では、参考としてウォーターネイルシールを使ったアートの動画をご覧ください。私もこのタイプのシールを活用しています。笑

まとめに

  • ネイルシールを扱うならピンセットはマストアイテム!
  • 基本のネイルシールの貼り方は、手を使わずピンセットで!
  • ネイルシールの材質を知っておくと、自分向きのシールもわかる
  • 注目株のウォーターネイルシールは面白いアートができて便利

これが実際に試してみたネイシールについての全てです!

ネイルシールについては、ウォーターネイルシールがますますメジャーになってきていて、デザインの幅も大きくなっています。

ネイルシール全般は、非常に扱いが簡単で便利なのですが、貼りすぎには十分気をつけてくださいね。