セルフで簡単フットネイル! 夏以外でも簡単にできるアートの件

セルフネイルと簡単とフット1

夏といえばサンダルを履く機会が増えて、フットネイルに興味が出てきますよね? 実は旅行先やマッサージで素足になった時に、ちらりと見られていることはあります。

私は夏以外でもフットネイルをしていることはありますが、時々自爪でお手入れを忘れていて、フットマッサージで自爪の汚さに「恥ずかしい」と早く終わらないかと焦ったことも。汗

そこで、セルフネイルで簡単にできるフットのお手入れとネイルアートについて紹介しましょう。

案外忘れがちな足の爪のお手入れ。しておくと素爪の時も安心!

セルフネイルと簡単とフット2

手の爪のお手入れはこまめにするけれど、足の爪のお手入れについて忘れがちな方は多いでしょう。

私自身、通年でフットネイルをたまにするものの、何もネイルポリッシュを塗っていない時もあって、思わずお手入れをサボることはしばしばあります。汗

何も手入れをしていない爪は、表面がゴワゴワしていて、見た目も悪いし、甘皮が伸び放題というのも少し見苦しいですね。

長さの調整も、ついつい爪切りを使ってしまうと巻き爪を起こしてしまい、肉に食い込むと治療が必要になるので、爪専用のニッパーでカットするか、爪やすりで長さ調整していきましょう。

甘皮処理もお風呂上がりに行うと、簡単に甘皮を押し出すことができますし、マッサージを行うと血色も良くなって、ネイルアートをしていなくても自爪の美しさが復活します。

参考にフットケアに関する動画を用意しましたので、ご覧ください。

フットネイルビギナーならラメからスタートしてみては?

セルフネイルと簡単とフット3

引用元:Instagram

フットネイルというと、夏のイメージでブルー系やミント色を塗りがちですが、足の爪で薬指や小指は面積が狭いので塗りにくいので、フットネイル初心者にはネイルアートは難しいかもしれませんね。

そこで、単色でもゴージャスになるラメネイルはどうでしょうか?

一回塗りではラメのキラキラ感は出にくいので、何度か重ね塗りを行うか台所用スポンジを爪サイズにカットして、ポンポンと重ねていく方法のいずれかになります。

途中でラメの色を変えていくとグラデーションネイルもできるので、ラメ系ポリッシュのみのフットネイルは案外簡単に楽なネイルアートです。

ラメ系の応用編! ラメ系フレンチでネイルパーツを使ってみる!

セルフネイルと簡単とフット4

引用元:Instagram

写真のデザインはまさしく「夏がきた!」というネイルアートですね。

ラメ系ネイルのブルー色を使ったフレンチネイルですが、足の爪の面積が小さいので、一筆書きでさっと塗ることができて楽です。

そこにネイルパーツを乾かないうちにピンセットでそっと載せていくと簡単でありながら、少し凝ったように見えるネイルアートが完成します。

ネイルパーツ類は今や100均ショップで簡単に手に入るので、季節を問わずいろんなパーツを持っておくと、手の方のアートにも使えるので便利なアイテムです。

ペディキュアだからこそ簡単にできる! 簡単お絵描きアート

セルフネイルと簡単とフット5

引用元:Instagram

手の方で、写真のようなネイルアートをしようとすると、チェリーの部分は100均で売られているアイシャドーチップで簡単に色を塗ることはできますが、細かい部分は、利き手ではない方で描くのは難しいですよね?

フットネイルだと、この手の絵柄も簡単にネイルアート筆やアイシャドーチップで描くことができます。

他にもフットネイル向けの簡単アートはありますが、両手が自由に使えるからこそできるネイルアートですね。

思い切って一色塗りをすると、素足になった時にインパクト大!

セルフネイルと簡単とフット6

引用元:Instagram

冬でもフットネイルをしてみたいという方にこそ大胆に挑戦してもらいたいのが、インパクトのある色の一色塗りでしょう!

夏だとサンダルを履く機会が多いので、大胆な色目のポリッシュを塗る方は多いのですが、サンダルの季節が消えるとついついフットネイルをやめられる方も同時に増えます。

オフィスで、ネイル禁止の職場だと手の爪先のおしゃれができないので、足の爪で大胆な色目を楽しむのもいいですよ!

会社でのお仕事に疲れて、靴を脱いでストッキング類を脱いだ時に、足の爪に真紅のネイルポリッシュを塗っている時や、お気に入りの色を塗っていると、仕事疲れも吹き飛びますね。

まとめ

  • 足の自爪の手入れや甘皮処理・マッサージは基本中の基本
  • 初めてのフットネイルならラメ系一色塗りが楽チン
  • 足のフレンチネイルは一筆書き可能! ネイルパーツ類をつけると華やか!
  • 足だからこそ両手が使える! 簡単にできるネイルアートも豊富
  • 見えない部分だからこそ大胆な色を使うことができるのがフットネイル!

以上が、私も取り入れているセルフネイルで簡単に楽しめるフットネイルです。

サンダルやビーチサンダル・下駄を履く夏は、フットネイルにこだわる方は多いのですが、夏以外の季節でもフットネイルは隠れたオシャレで楽しいです。

この機会に、ぜひフットネイルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA