ズボラでも大丈夫!口からリラックス、美味しくゆるめる食べ物教えます。

リラックスと食べ物1

リラックスの方法にはいろいろあるけれど、「食べる」ってリラックスにもなればストレスにもなりますよね。

仕事や人間関係等々でストレスをため込んで爆発&ヤケ食い、私も何度も経験しました。

ヤケ食い中はいいんだけど、食べ終わった後に凄い罪悪感というか…逆に気分が落ち込んだりして、食べたものの味も思い出せなくなったり。

そんな残念な食べ方ではなく、本当にリラックスできる食べ物をほどよく食べたいですよね!暴飲暴食ではない、体の中からリラックスできる食べ物、ご紹介します。

「食べる」リラックスとは?

リラックスと食べ物2

自分のお気に入りの場所で、自分の好きなときに、自分の大好きなものを好きな様に食べる。

当然だけど、緊張しないですよね。私的には「○○にケチャップかけるなんてありえない!」なんて言う知人がいないだけでも、気楽です。

ストレスからのヤケ食いやドカ食いではなく、上に書いた様な食べ方ならリラックスできる確率も高い。

毎日当たり前にくりかえしているけれど「食べる」ことに工夫すると「リラックス」につながっていきますよ。

「食べる」で安定するしくみ。

リラックスと食べ物3

忙しかったり、ちょっと攻めすぎなダイエットをしてるとき「食べる」って手抜きになりがちですよね。

「(忙しいから、カロリーが少ないから)食事は○○でいっか」ってなったこと、誰でも経験してるんじゃないかな。

リラックスするには、自律神経の安定が不可欠。食べなかったり、いい加減にしてたり、暴飲暴食すれば自律神経にも影響がでますよ。

そして最近よく聞く「セロトニン」。このセロトニン、カンタンに言えば「心の安定」に不可欠。

さらに、セロトニンは体内で分泌されたあと夜には「メラトニン」へ。メラトニンはざっくり言えば「眠気」を持ってきます。

心の安定に欠かせないセロトニンは「トリプトファン」という必須アミノ酸で生成されます。トリプトファンはいつもの食事でとれるもの。

なので「食べる」が手抜きだと、トリプトファンが不足→心の安定に重要なセロトニンの分泌が少なくなる→眠気を持ってくるメラトニンが不足して不眠の原因になる。

睡眠不足は仕事とか勉強だけじゃなくて、いろいろ影響がありますよね。当然、自律神経全体の機能も低下しますよ。

リラックスに重要な副交感神経は自律神経なので、リラックスするのも難しくなります。一時期不眠に悩んだ私は、お医者さんに↑と説明されて驚きました。

リラックスするためには「食べる」も大事なんだ、って初めて理解しました。

いつもの食事に取り入れる

リラックスと食べ物4

私はすごい面倒くさがり。ズボラです。お医者さんに「食べることも大事」と言われたのに「じゃ、トリプトファンのサプリとか飲めばいいですか?」って聞いたんですよね。

あの時のお医者さんのあきれた様な眼差し、すぐに思い出せます…。

トリプトファンは好き嫌いが激しくなければ、普段の食事で摂りやすいもの。セロトニンを作るためにはトリプトファンとビタミンB6が大事。

普段の食事にトリプトファンやビタミンB6を多く含む食べ物を組み込めば、それで十分。と、教えて貰いました。その時に聞いた、普段の食事に取り入れやすい食べ物を紹介しますね。

  • バナナ

1番手に入りやすくて、スーパーでもコンビニでもスタバでも売ってる果物。バナナのいいところは「手間がかからない」。

果物の皮をむくことすら面倒な私にとって、楽ちんで美味しくて手軽。今でも1日1本、食べてます。

  • 納豆、豆腐、豆乳

好き嫌いが分かれるけど、私は大好き。食べるまでが面倒じゃない(またか…)。

「お米が命」の私にとって、元々納豆は毎日食べても飽きない。豆腐は冷や奴やサラダにして追加してます。豆乳はおやつがわりに飲みますよ。

  • 牛乳、ヨーグルト、チーズ類

これも好き嫌いわかれますよね。でも、いつもの食事に追加しやすいものばかり。

問題無く食べられるなら、食後やおやつにヨーグルト、の様にプラスするだけ。チーズはプロセスチーズでOKですよ

  • まぐろ、いか、アジ

料理をする、という手間がかかりそうですけど、この魚なら「お刺身」で食べられるので楽。外食ならお寿司や和定食で取り入れやすい食材です。

たまに「まぐろ納豆」にして食べたりしてますよ。

「食べる」に気をつける

リラックスと食べ物5

上に書いた食べ物のうち、バナナやヨーグルトはいつでも食べられますよね。

ただ、いくら心身の安定に必要だからって真夜中に食べたり、たっぷり蜂蜜や甘いヨーグルトソースをがっつりかければ、カロリー増。

納豆やまぐろなども、しょうゆをダバダバかけたら塩分増。

なので、何事もほどほどに。私の場合、バナナにヨーグルトをかけて朝食べる、しょうゆは減塩タイプにする、などで対策してます。

まとめ

  • 自分の好きなものを「食べる」ことでリラックス、リフレッシュできる
  • リラックスするには、自律神経の安定が重要
  • 適度なリラックス状態をキープするためには「食べる」ことも重要
  • いつもの食事にプラスワン、調味料の使いすぎには注意

食べ物で「究極のリラックス」を得るなら「好きな物を好きなだけ好きな様に食べる」ということになると思います。でも、毎日そんな食事はできない。

だったら、リラックスの状態を保てる=自律神経が正常に機能する「食べる」をめざすのもひとつですよ。いつもの食事に1品、ぜひ追加してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA