【美容】80%以上の女性が間違っている?! ダイエットの時こそ取るべき”栄養素”とは

ダイエットと栄養1

「ダイエットで来月までには、3〜5キロ痩せたい…急がないと時間がない…」
「最近ダイエット頑張りすぎて、何だか精神的に疲れているような気がする。」
「ダイエットの時こそ、しっかり取るべき効果的な栄養や成分が知りたい。」

女性ならダイエットを取り入れいつまでも「若々しく」「綺麗に美しく」自分のベストをキープしたいですよね。

綺麗に痩せたいのに80%以上の女性が知らない「ダイエット時に取るべき”栄養素”に関する知識」や間違ったダイエットが起こす怖いリバウンドなど、実際に体験した私だから教えられる事、全てをまとめました。

間違ったダイエットの概念を身に付けた私。

ダイエットと栄養2

間違った今だからこそ自分に問いかけられる質問。それは「何のためにダイエットするのか。」という事です。

以前はただ単に「そりゃ、綺麗に見られたい」「周りの人みたいに痩せたり、太ももを細くしたい。」とただ漠然な目標のままダイエット期間を取り始めた私。

結果から言うと、間違ったダイエットは「ただ細くなる」「女性らしさが半減する」という「綺麗になりたい」と頑張っていた物が「余計魅力が半減してしまう」そんな行為に繋がっていたのを知ったら恐ろしくて「正しい知識」を付けないと「ダイエットしたい!」なんて思わなくなるかもしれません…。

それは私が23歳の初夏の頃。昔から「太もも」にコンプレックスのあった私は何としてでも、「夏に向けて痩せたい」「太ももを補足したい」そんな一心でダイエットを始めました。

その頃「太ももが痩せる」+「全体的に痩せられる」こんなプラマイプラス程の効果があれば本当にラッキーそんな思いから始めた「スムージ・置き換えダイエット」これが恐ろしい事を起こす事になりました。

朝「食べない」昼「スムージ」生活、私の末路。

ダイエットと栄養3

今流行の置き換えダイエット。度が過ぎてしまうと、ホントに危険です。

結果からいうと「ダイエット前:50kg」だった体重が1ヶ月半で「46kg(-4kg減量)」になり「その後3ヶ月以内で55kgに増量」。リバウンドしました。

それプラス「食べ物恐怖症(摂食障害傾向)」に思考が切り替えわり「物が美味しく食べられない。」今思うと「ダイエット」した事で「不健康」になり「美しさ」どころが逆に体重が増加し「精神的に鬱傾向に…」もう、ダイエットには懲り懲りしました。

「忙しい」を理由に付けた散々な私のダイエットメニュー

ダイエットと栄養4

主に置き換えダイエットと軽い糖質制限を始めた私。

  • 朝:りんご+人参 スムージ or ほうれん草、オレンジ、ココナッツミルク。などの野菜とフルーツを組み合わせた「ローテーション」。
  • 昼:スムージ (朝のメニューと大体同じ)+ おにぎり or パン など
  • 晩:普通に作って食べる or 外食(コンビニ、レストラン、たまに自宅)。

仕事も忙しいし睡眠時間もまともに取られない中で始めたダイエットな主な食事メニューがこちら。

その他には「運動」は職場に自転車で通う位で、筋肉トレーニングやストレッチなどといった物は、思い出したらやる程度。にしか取り入れていませんでした。

1〜2週間前後で私のカラダに不調が起きる。

まず第一に感じたのは「体力の衰え」と「筋力の低下」それらを始め「毎日野菜やビタミンがある食事」を摂取しているのに、本当に疲れやすくなりました。

その頃から「いよいよカラダが体調的に良くなく、免疫力落ちてるのかな〜」くらいにし思いませんでしたが【体重が減る喜びの方が勝り】カラダの警告を無視して更に2週間半続ける…。

3〜4週間前後で私のカラダの起きた恐ろしい変化。

仕事をしていても「ボーとする期間が増え始めた事」と「休んでも疲れが取れない」「寝ても寝た気がしない。」仕事での「ミスも増え」よく怒られてしまう…。のループから「精神的にも不健康な状態に」。

その時に職場の同期に「もう職場辛すぎて辞めたい」と「ダイエットしてから最初の滑り出しは”みるみる”内に体調に変化が現れたが、日を重ねる毎に疲れが増していく事」などを話していると「一度病院行ってみなよ。」という話になり「自分でも何となくヤバイ」と感じていたので、風邪気味のついでに受診して聞いて見る事に。

【警鐘】過度なダイエット・医師からの警告。

ダイエットと栄養5

【脳を動かすエネルギーは何かご存知でしょうか。】私は医師から言われたこの質問に答える事が出来ませんでした。

それも【とてもボーっとしてしまう期間】が長くあったので考えられる余裕と、半分の質問の意味を理解していなかった様にも思います。

医師は【脳の動かすエネルギーは”糖”なのです。あなたのする過度なダイエット・糖質制限・栄養の偏り。その事自体がアナタの脳の働きを弱め、全ての免疫力を弱め、そのダイエットを続ける事により日々”美しさ”が損なわれて危険です。】この言葉で、私は我が身に帰りました。

【美しくならない以外のダイエットの何の意味があるのか。】そう自責の念の襲われた私は【食事の大切さ】をしっかり心がける様に。

このダイエットを続ける事が、どれほどの危険な事で、無知な一般人が勝手に始める物でもない。という事でした。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47984?page=3

正しい知識、ダイエット時こそ「栄養」のある食事を。

ダイエットと栄養6

「健康」が無ければ「美しくない」という事と同時に人間は、しっかり栄養をとらないと「著しい免疫力の低下」「考える力の低下」「脳の働きが弱まり」「カラダの働きも弱まる」という「悪い事ばかり」のデメリットをまとめたような体調に繋がります。

美しく健康やボディを保つ為には3食しっかりたべて【必要な食事を必要な分だけしか食べない】そういった事が、健康にも綺麗に痩せるにも大切になってきます。

その中で欠かせないのが「5大栄養素(ごだいえいようそ)」と呼ばれるものです。

【5分で理解!】カラダに栄養・エネルギー・5大栄養素とは

ダイエットと栄養7

5大栄養素は大きく分けて「タンパク質」「無機質」「ビタミン」「ミネラル」「炭水化物」に分けられています。

【タンパク質】カラダを作る栄養素。

カラダを作る栄養素として最も大切なのが「タンパク質」です。タンパク質は人間の「骨」「筋肉」「血液」「つめ」「髪」「脳」「内蔵」などの、カラダ全体に必須なエネルギー源です。

タンパク質には2種類あり「動物性(肉、魚、卵)」「植物性(大豆製品)」などが有り、どちらもバランスよく頂く事がとても大切になります。

【脂質】カラダを動かすエネルギーになる栄養素。

こちらもタンパク質同様に大切です。脂質は「体温調整」などの体温を保つ働きがありその他にも「運動するなら必ず必要なエネルギー」とされているのが脂質ですね。

脂質はビタミン吸収を助ける作用もあります。

【炭水化物】カラダと頭の働きに最も重要な栄養素。

脳に必要な栄養素と言っても過言では無いほどに【炭水化物抜きダイエット】というのは危険がともなう物です。

実は1日のエネルギーのうちに60%はこの「炭水化物」から出来ていると言われている程なのです。

成長期のカラダに最も重要なのが「お米、パン、パスタ」などの食べ物。大切な成長期の中にダイエットをする事は成長の妨げになります。

【無機質】カラダの歯・骨などを作る栄養素。

  • カルシウム

カルシウムが幼少期に不足してしまうと、成長がとまり大人のカラダとして健康的に機能しない事もあります。それほどに骨・歯などに大切なのがカルシウムです。

カルシウムをしっかり摂れていない大人を比較しても、カルシウムが摂れている人・摂れていない人、骨折のリスクは2倍近くも違います。

  • 鉄分

貧血を防ぐ元。とも言われるのが「鉄分」。その他に血液の中にある酸素と結びつき、体内全体に酸素を送る役目をヘルプしています。

不足していると「貧血・疲れやすい」「顔色の悪さ」「めまい」の原因になるのも鉄分不足と言われています。

【ビタミン】その他全ての栄養素をサポートする役目がある。

ビタミンはカラダの中で作られるのは「ほんの僅か」と言われています。その為「体外」からのビタミン摂取はかかせません。

ビタミン不足が引き起こす「免疫力の低下」「肌荒れ」「目が霞む」など、その他には「口内炎」や「吹き出物の原因」にもなります。

http://www.chantotaberu.jp/jikan/01/yomimono.html

最後にまとめると

ダイエットと栄養8
  1. 実際に「偏った栄養」になるダイエットを実践した私がプラス4キロのリバウンドに…。
  2. 一般人が行う、過度なスムージーダイエット・糖質制限ダイエットは「免疫力を落とし」「リバウンド率を高め」「頭の働きにも影響がある」などの怖い要因も隠れている。
  3. 医師も警告する「プロのサポート」を受けない独自判断ダイエットは健康を損ない、「綺麗」を作るつもりが「健康で居られなくなる上、美しさから遠ざかる事もある。」と話している。
  4. ダイエット時こそ、きちんと「3食」摂取し「5大栄養素」を心がける。

独自判断で行ったダイエットが招いた私の悲惨な末路。なんでも過度に行えば良い。という訳ではなく「適切な量を適切に行う事」が健康美に繋がるのだと実感しました。

そのダイエットから早、2年程経つのですが今では「3食」を必要な分を必要なだけ、しっかり栄養素を取り「ストレッチ」や「生活上行う動作の筋肉意識」などを取り入れただけで、旦那からよく、「顔色良いし、今日もエネルギッシュだね!」と言われる様になりました。

今では「健康の有り難み」を知っているので、この経験をして良かった。と思えるようになりました。

ダイエット中に「体調が変」と感じる事があれば、過度なダイエットが「病気」を引き起こす引き金になる事もありえるので、すぐにでも掛かり付けの病院や医師にご相談する事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA