【ヘアケア】頭皮「ハリ」や「コシ」ストレスが与える恐ろしい”髪の毛”への影響。

ヘアケアとハリとコシ1

「最近、髪の毛にハリやコシがないと感じている…髪の毛が立ちにくくなってきた」
「ストレスかも…?頭皮が皮脂っぽく何だか髪の毛が少なくなって来たような…」
「たった2〜3年しか経っていないのに、明らかにハリやコシが明らかになくなった。」

学校や仕事に家庭や育児…様々なストレスになる要因はありますが、実はその「ストレス」が「頭皮」や「髪の毛」に悪影響を与えていた事はご存知でしょうか。

ここでは、ストレスが与える頭皮への影響と改善法、ストレスに効果的な頭皮ケア口コミ優良商品BEST3 などをまとめてみました。

22歳の頃にピークに達した私の頭皮とヘア

ヘアケアとハリとコシ2

海外生活をしている私にとって、この【ストレス】と【頭皮・髪の毛】で悩むのは痛いほどわかります。

私が【ストレス性】が関係した頭皮の問題が続いたのは22歳。北米に移住して約1年半が経とうとしていた頃でした。

今まで何不自由なく、日本で生活していたのもあって、海外の生活は私の身の丈に合ったものではなく、当初は本当に窮屈でした。

そのうちに、気がつくと頭皮が薄くなり始めたり髪の毛が「ハリ」「コシ」が目に見えてなくなってきました。

本当に食べる物も文化性全てか違う海外で過ごすという事が、目に見えないストレス「型」となって私に現れ始めました。

それからは、私が感じる「嬉しい」「私の今したい事」を重視し、日本にいるより枠の方を外し、少しずつですが【自分がどういった物が好きでどういった人間なのか】という事の生きる自由を楽しみ始めて気がつくと3年弱、私の髪の毛は、以前とは変わったように「艶」と「健康的な髪の毛」を取戻す事が出来ました。

それには、私はとても長い時間が掛かりましたが、ストレスと髪の毛・頭皮の問題は関係していると体感する出来事でした。

「女性のストレス」と頭皮の深い関係性

ヘアケアとハリとコシ3

「ストレス=ハゲる、頭皮が薄くなる」と皆さんが生活していると耳にする事が多いようにに、このストレスと頭皮の関係性が深い事は、専門の医師の先生が説いていて事実みたいです。

では、ストレスが及ぼす頭皮や髪の毛全体への問題は、どんなものがあるのでしょうか。

1.【生活習慣】自律神経の乱れと頭皮の関係性

ストレスを体が感じる事で、副腎皮質ホルモン・自律神経のバランスがコントロールが出来なくなり大きく乱れます。

人間がストレスを感じる事で、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の分泌が大きくなります。このホルモンの分泌が「睡眠の質」を低下させます。

実は「睡眠の質」が「美髪の秘訣」よ言うように睡眠の質が低下していくうちに髪の質も大きく変化します。

睡眠の質が下がる事により「成長ホルモン」別名ソマトトロピン(smatotropin)というホルモン分質が下がった結果が、育毛の成長を阻害し「ハリ」や「コシ」、薄毛の原因、頭皮の問題などに大きく影響します。

2.【睡眠の質】髪の毛の「ゴールデンタイム」が取れていない

睡眠の質が頭皮・髪の毛に大きく影響を及ぼすのは夜の10時〜2時の間と言われています。

この間に多くの「成長ホルモン」が分泌し「髪の毛のゴールデンタイム」と言われている時間です。成長ホルモンは入眠から3時間が一番ベストに分泌されます。

その時に「ストレス」を感じるている事で多く分泌される「アドレナリン」が脳を興奮状態にさせる事で寝れなくなる、又は、睡眠の質が浅いものになり、睡眠の質を阻害する事も原因の一つとされています。

ストレスが与える影響は「髪のコシ」「ハリ」だけではなく、体全体に及ぼします。

3.【食事生活】髪の毛・頭皮への栄養素が取れていない

現代では、なかなかバランスをとれた食事から「栄養をしっかり摂る」という事が難しくなっていますが、この「バランス良く栄養を摂る」という事がとても大事になってきます。

口から摂取した栄養は、血液になり体中を通して全体へ巡るわけですが、その中で頭皮・髪質への栄養は一番頭部にある物である為、他の部位よりも、栄養素が行き渡る事が難しいと言われています。

主に、髪の毛の主成分はケラチン、「18種類」のアミノ酸が結合して出来たタンパク質といわれています。

髪の毛に良いとされている栄養としては

  • 亜鉛(生牡蠣、かずのこ、レバー、など)
  • ビタミンA(鶏肉のレバー、うなぎの肝、あんこうの肝、ほうれん草、うずら卵、など)
  • ビタミンB2・B6(にんにく、マグロ、牛肉レバー、豚レバー(肝臓)、鯖、ウニなど)
  • ビタミンC(赤ピーマン、アセロラジューズ、ゆず、など)
  • ビタミンE(ナッツ類、ブロッコリー、かぼちゃ、アボカド、すじこ、など)
  • 葉酸(ほうれん草、レバー、卵、など)
  • ビオチン:ビタミンの一種(パン酵母、まいたけ、肝臓生、からし、など)

があります。

体を作る必須栄養素「タンパク質」の有効性と正しい摂り方

4【負の連鎖】.不健康な連鎖が続くと起こる頭皮の問題

「頭皮」への不健康な連鎖が引き起こす恐ろしい問題として、

  • ストレスが更に急増
  • 頭皮皮脂の過剰分泌
  • 成長ホルモンの減少
  • 頭皮の血行不良
  • 頭皮が固くなる
  • 頭皮が痺れる

などがあります。

【医師が教える】詳しく解説!ストレスが引き起こす抜け毛のメカニズム

ストレスに悩む女性達の優良商品口コミ情報BEST3

ヘアケアとハリとコシ4

ストレスでの頭皮に悩む女性は8割程とかなりの確率でいるそうですが、今回は「ハリ」や「コシ」などの健康的な頭皮や髪質を取り戻すためにも、一般女性達が実際に使用して満足度が高い優良商品をベスト3のランキング形式にしてまとめてみました。

【第1位】アンファー:スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム / 薬用トリートメント パック ボリューム

【商品系統】頭皮ケア・シャンプー/コンディショナー
【本体価格】3,612円 / 350ml
http://sd-beaute.angfa-store.jp/

 《@コスメ・口コミ情報》

★★★★★★(6)
私は夜間になると汗などで髪の毛がベタつき、ハリが無いのが悩みでした。私はシャンプーのみを使用していますが、これを使用し始めて気になっていた頭皮の臭いや夜間のベタ付きが抑える事が出来ています。今では、髪の毛を乾かした後が今までよりも「サラ」っと乾かせて、シャンプーの香りや泡立ちにも満足しています。(34歳・女性)

★★★★(4)
バラの香りが良い香りのシャンプーです。私的には、金額的には少し高いのでリピートはお財布と相談です。ちなみにコレを使い始めから、以前から気になっていた「髪の毛のコシ」が少し戻ってきた様に感じています。使い続けたい気持ちは有りますが、値段が良心的ではありません…。(30歳・女性)

【第2位】ボタニスト(BOTANIST):ボタニカルシャンプー/トリートメント

【商品系統】頭皮ケア・シャンプー・コンディショナー
【本体価格】1,400円 / 490ml
http://botanistofficial.com/

 《@コスメ・口コミ情報》

★★★★★(5)
以前にボディーソープを使用していて、そちらが良かったので、こちらのシャンプーも購入。香りも「ライム&アップル」でスッキリした甘すぎない香りと、リズナーブルの値段なので使い心地も全てGOODです。(25歳・女性)

★★★★★(5)
ストレスからか、頭皮が荒れて気がつけばハリもコシもなくなっていた気がした時に友人から勧められたBOTANISTのシャンプー・トリートメント。このシャンプーを2〜3ヶ月使い続けると次も必ずリピートしたくなる様な髪質が目に見えて「健康的になってる!!」と実感しています。値段も良心的で私の体質にピッタリな物に巡り会えて嬉しく思っています。(38歳・女性)

【第3位】アヴェダ(AVEDA):パドルブラシ

【商品系統】美容グッズ・頭皮ケア・ヘアブラシ
【本体価格】1本 / 3,000円
https://www.aveda.jp/

《@コスメ・口コミ情報》

★★★★★★★(7)
お恥ずかしながら今までヘアブラシを余り購入した事が無く、先日行きつけの美容室の美容師の方にオススメして頂き購入しました。このパドルブラシ本当に優れもので、頭皮マッサージは勿論、髪質も100円ショップのブラシとは全く異なる髪質になります。もう一本欲しいです。以前から気になっていた髪質の「ハリ」「コシ」は、髪質が変わった様に時間を掛けて戻ってきている気がしています。(40歳・女性)

★★★★★★(6)
本当に凄く良いです。口コミ情報が良かったので頭皮の悩みを抱えていた私が購入したこのブラシ。使い始めてから髪の毛の指通りが良くなり、私が想像以上の効果があり髪質が少し代わり始めている様にも思います。少し高いブラシですが、手入れをしっかりすれば長く使える事もあり購入して良かったと思います。(28歳・女性)

最後にまとめると

ヘアケアとハリとコシ5
  1. ストレスを感じる事によりアドレナリン分泌が盛んになり、睡眠の質を下げ更に「頭皮への問題」負のスパイラルに陥る。
  2. 夜10時〜2時の間は成長ホルモンが盛んになるため、育毛の成長を助長する。
  3. 髪の毛の成分は約18種類以上のアミノ酸からなるケラチン:タンパク質。
  4. 生活習慣を見直し髪の毛の質を向上せず放置すると「ストレスが更に急増」「頭皮皮脂の過剰分泌」「成長ホルモンの減少」「頭皮の血行不良」「頭皮が固くなる」「頭皮が痺れる」などの問題が引き起こす原因にもなる。
  5. 【第1位】アンファー:スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプ シリーズ
  6. 【第2位】ボタニスト(BOTANIST):ボタニカルシャンプー/トリートメント
  7. 【第3位】アヴェダ(AVEDA):パドルブラシ

やはり「ストレス」は美容の大敵って言葉よく耳にしますね。

髪の毛は勿論の事お肌などのトータルケアに力を入れる!!という事は、外面からのケアを徹底するのではなく、内面からのケアがとても大切ですね。

私はストレスを貯めないように定期的に「好きな音楽」に没頭したり「瞑想」したり「自分の体の内面から喜ぶ」という事を意識しています。

そうする事で本当の自分を知り、ストレスを貯めにくくし、内面からのケアを意識し今では「髪の毛のハリ」「コシ」は勿論の事、プラス効果と並んで肌のトーンまで明るくなった気がして、とてもHAPPYで温かい気持ちの毎日を過ごしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA