【ヘアケア】天パがコンプレックス過ぎる私が縮毛矯正をかけてみた。

ヘアケアと矯正縮毛1

「女性らしいストレートヘアが憧れるから、今後お手入れが面倒にならない縮毛矯正がしたい」
「髪の毛をストレートにしたいけれど、ストレートパーマと縮毛矯正の違いが知りたい」
「縮毛矯正をすると、どれ程の期間ストレートヘアが持続するのか知りたい。」

縮毛矯正って美容室の施術の中で結構値段が高い施術ですよね。

今回は「ストレートに憧れる女性」の為に「業界人しか知らない縮毛矯正の秘密」「市販のストレートパーマ液ではダメなのか?」「プロがオススメする一番のストレート美髪を保つ一番の方法」など、美容師の母を持つ私だからこそ「縮毛矯正」裏側について徹底公開します。

私が初めて縮毛矯正をかけたのは中学2年生の頃

ヘアケアと矯正縮毛2

私が小さい頃から美容室で働いていた母は、私が幼少期の頃に何度も髪の毛を切ってくれたり、練習としてパーマを掛けてくれたり染めてくれたりして貰えた記憶があります。

というもの、私が実際に初めて他の美容室に行って他人の美容師さんに髪を切って貰ったのは「19歳」の頃、実家を離れた街で働いていた時でした。

やっぱり面白い事に「え、こんに値段かかるものなの?!」と正直ビックリした記憶がある程でした。世間知らずというやつです。笑

そんな私が人生で初めてかけた「縮毛矯正」は、天然パーマで湿気が強い日などは、髪の毛が「くるくる」になるのが物凄くコンプレックスで中学生の頃初めて「縮毛矯正してほしい!」と母親にお願いしました。

中学生の頃3年間運動部に所属していた私はミディアムヘアのくせ毛だったので朝の寝癖とか本当に酷いものでした。

運動後に汗をかくと「髪の毛が鬱陶しくウネる」ので「イライラ」したり「直毛の子」を見ると本当に自分のコンプレックスが嫌になる程でした。

縮毛矯正をかける前日は眠れない程に「矯正縮毛の仕上がり」にワクワクしました。母親に初めての縮毛矯正をかけて貰った私ですが、その仕上がりに感動しました。

縮毛矯正をかけた翌日は、縮毛矯正の時に使う液剤で結構「臭いな〜」と思っていましたが2日もすると臭いは消えとても快適に!!驚いたのは部活帰りに雨が降って来た時の事でした。

雨が降る前の湿気で、もう結構「くるくる」と髪の毛がウネり天然パーマ炸裂なのですが、縮毛矯正をかけた私の髪の毛は、憧れの「雨に濡れてもストレートヘアのまま!!」で物凄く嬉しかったです。

今思うと、自分のコンプレックスを改善できると本当に嬉しく事で、それを仕事にしている私の母を含め多くの美容師達はカッコ良いな〜と思っています。

そんな嬉しい喜び体験をした私でしたが、《あれだけ酷い「天然パーマ」をどうやったら、真逆の髪質に変える事が出来るのか。》疑問に思い始め色々と調べ、長年美容師をしている母から聞いた事をまとめてみました。

【ヘアケア知識】縮毛矯正の正しい2つの知識

ヘアケアと矯正縮毛3

今回はとても分かり易い様に「縮毛矯正の知識と仕組みについて」まとめてみました。

1.ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは?

ヘアケアと矯正縮毛4

実は「驚き」なのが【ストレートパーマ】と【縮毛矯正】の違いはヘアサロンによって異なるなのだそうです。と言うものストレートパーマと矯正縮毛の区分は、かなり曖昧なのだそうです。

最近ではストレートパーマを「パーマ落とし」として施術メニューもある事もあるのだとか。1つの有名店を例に例えてみると。

  • 《ストレートパーマの位置づけとは》

ストレートパーマはパーマメントと同じ行程で「髪の毛の成分」のシスチン結合を切断し再結合した物がパーマでロッドを使用するか、ストレートなどのコーミング(ヘアコーム)などで「曲がったくせ毛」を真っ直ぐにするかに分かれると言われています。

パーマ落としという施術メニューはストレートパーマを代用しているお店もあります。

  • 《縮毛矯正の位置づけとは》

縮毛矯正もストレートパーマと同様に髪の毛の成分である「シスチン結合」を切断し再結合しストレートパーマでは、熱を加えないコーミングでしたが、縮毛矯正では「ここの行程」でヘアストレート・アイロンなどで「熱を加える」という部分でストレートパーマ・縮毛矯正と区別しているお店が多いと言われています。

http://www.fides.dti.ne.jp/~star/stperm/stp1.htm

2.縮毛矯正で「くせ毛」は何故真っ直ぐになるのか?

ヘアケアと矯正縮毛5

何故剛毛だった「あのくせ毛」がストレートになるのか。不思議な気持ちになったので詳しく簡単にまとめました。

くせ毛には「何種類」かあるとされていますが、大きく簡単に分けると、髪の毛が湿気や雨に濡れると「縮れる様になる髪質」の方は毛皮質の「コルテックスタンパク質」という構造が不均等という事が「縮れ毛の原因」なっているのです。

ストレートや縮毛矯正で、髪質が変わったようにストレートになるのは、この不均等な髪質の構造を化学薬品の「アルカリ剤」などを使用し髪質の持つ「性質」を薬剤で「変える事」により、真っ直ぐ伸ばすのが「ストレートパーマ」「縮毛矯正」で髪の毛が綺麗に真っ直ぐになる秘密なのです。

http://www.the-ra.com/menu1/entry10732.html

縮毛矯正後、正しいお手入れの仕方

ヘアケアと矯正縮毛6

実は私自身中学生の頃に一番悩みの種だったのが「雨に濡れても綺麗なままのストレートヘアをしっかりケアして持続させたい」という思いがありました。

母に聞いても縮毛矯正やストレートパーマは値段的にも物凄く高い相場の施術なのだそうなので、「もう2回目はお金が貰えないから施術はしない。大人になってまたやりたくなったら、安くする」と言われてのちのケアにとても気を使った事が、とても記憶に残っています。

1.シャンプーを見直してみる

ヘアケアと矯正縮毛7

縮毛矯正、ストレートパーマをかけた後は、とても髪質が痛みやすい状態にあります。その上で市販で売られているシャンプーを使ってしまうと、髪質が更に傷む原因にもなります。

市販のシャンプーには界面活性の「ラウリル酸ナトリウム」と「ラルレル酸ナトリウム」の髪のタンパク質にダイレクトにダメ―ジを与えてしまう化学薬品が「強い洗浄力」を求める為に成分として配合されている商品が多いので、市販のシャンプーよりも美容室で売られているシャンプーなどを使うのが良いとされています。

《弱酸性、ヘマチン配合、洗浄力が強すぎない物》などのアミノ酸系界面活性ベースのシャンプーが縮毛矯正、ストレートパーマなどの痛みやすい状態の髪質には、とてもオススメな商品といえます。

2.髪の毛乾かしすぎ!オーバードライには要注意。

ヘアケアと矯正縮毛8

髪の毛を乾かしすぎる事で起きる「オーバードライ」には要注意です。熱で傷んだ髪の毛は傷んだ部分が二度と再生はしません。

よく使われているヘアアイロンも髪の毛が火傷した状態になっているので、縮毛矯正後やストレートパーマの後には、髪の毛を痛めて「ボロボロ」の毛先になってしまう状態をつくる原因にもなります。

入浴後のヘアドライには、乾かしすぎに注意しましょう。

美容師などのプロがオススメしている「洗い流さないトリートメント」をしっかりつける事により、髪質を保護してくれる役目があるので、施術後にはヘアトリートメントやトリートメントオイル、ヘアミルクなどは、欠かせないアイテムの1つとされています。

3.施術後、いつから髪の毛を洗うの?

ヘアケアと矯正縮毛9

とても多い質問がこの質問。私自身もせっかく満足行くストレートを落としたくありません。

パーマメントなどの施術後は臭いも少しパーマ液の臭いがするので、その日、又は翌日から「髪の毛を洗ってもOK」とされています。

以前の昔のようなストレートパーマは成分や材料などの一因もあり、「髪の毛は翌日以降から洗って下さい。」と言われていた方も多いみたいなのですが、今現代の技術では施術した日から洗っても大丈夫だそうです。

私の美容師の母いわく「もし髪の毛を洗ってストレートパーマ、縮毛矯正が取れてしまった場合は、美容師側の失敗」なのだそうです。

もし施術後に髪の毛を洗って取れてしまった場合は、美容室に連絡を入れ「パーマが一日で取れてしまった」という事をお伝えする事で掛けなおしてくれる美容室が殆どだそうです。(高いお金払ったのに1日で取れたら、ショックすぎますよね…。)

最後にまとめると

ヘアケアと矯正縮毛10
  1. ストレートパーマはパーマメントと同じ行程で「髪の毛の成分」のシスチン結合を切断し再結合した物を真っ直ぐコーミング(ヘアコーム)などで「曲がったくせ毛」を真っ直ぐにする。という事が多くにストレートパーマ・パーマ落としと言われている。
  2. 縮毛矯正はストレートパーマと同じ行程でシスチン結合を切断し再結合した後に、熱を加えて髪の毛を真っ直ぐにする。という事が多くの美容室では「縮毛矯正」と呼ばれています。
  3. ストレートパーマ・縮毛矯正で髪の毛が真っ直ぐになる秘密は、不均等な髪質の構造を化学薬品の「アルカリ剤」などを使用し髪質の持つ「性質」を薬剤で「変える事」により、真っ直ぐ伸ばす事によるもの。
  4. 施術後は《弱酸性、ヘマチン配合、洗浄力が強すぎない物》などのアミノ酸系界面活性ベースのシャンプーが髪の保護にもケアにもとてもオススメ。
  5. 髪の乾かし過ぎに注意。髪の毛を乾かす前には必ずヘアミルク、ヘアオイル、ヘアトリートメントなどを使う事をオススメする。
  6. 髪の毛を洗うタイミングは「即日」からでOK!

縮毛矯正を掛けたのは、私が中学生の時以来なのですが、あの時は「物凄いくせ毛の天パ」のコンプレックスが治った!という事で、本当にとても嬉しく思い毎日外に出るのが大好きになったくらいです。

誰でも自分のコンプレックスは1つはあると思いますが、それを改善してくれる魔法のような美容師さんに幼い心ながらに憧れました!

心理的にも1つのコンプレックスを改善した事で、私の心の中も「パァ~!」と明るくなったので、是非、アナタも「剛毛」や「酷くうねる天然パーマ」「湿気の日に広がるゴワついた髪」を治したい方は是非、ストレートパーマ・縮毛矯正をしてみる事を強くオススメする筆者でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA