【ヘアケア】ホット・タオルで簡単美髪?! その効力と驚きの効果!

ヘアケアとタオル1

「最近、冬場の感想で本当に髪の毛が”パサパサ”して纏まらない。」
「ヘアオイルの感覚が苦手だから、使わなくても纏まりのある美髪になりたい。」
「冬場の静電気が止まらず、更に枝毛で一気に5歳老けて見えるからなんとかしたい。」

実は、そんな悩みをふっ飛ばすような、いつも使用しているタオルとお家に有るものだけで簡単に美髪が作れちゃう驚きの方法を見つけたので簡単にまとめました。

【冬場は要注意】8割の女性が悩む髪の毛の悩み。

ヘアケアとタオル2

冬場と言えば、やはり乾燥が酷く、街中や何処へ行っても、よくパサパサの髪の毛の女性を見かけます。【格好は凄く素敵女性なのに”髪の毛”手を抜いている女性多すぎじゃない?】と上から目線になってしまう様な女性が冬場に急増します。

是非、女性なら身だしなみの一つとして【ヘアケア】お手入れも、手を抜く事なく気をつけたい部分でもありますよね。

私も、冬場に良く友達から「私ちゃん、静電気やばいwwというか、枝毛やばいww」と心ない友達にかなりの確率で突っ込まれます。その子はいつも、髪の毛だけは、しっかりしている女子なので悔しいですが私は何も言えませんが…笑

でも実は、結構あるあるですよね。そして、私の【美髪への追求】が友達の一言で幕を開けたのだった。何よりも冬場は特に女性としては、ヘアケアに力を入れたい物ですよね。

 知っておくべき、異性が考える女性の”美髪”の定義。

ヘアケアとタオル3

一般男性視点からみた女性の美髪の定義。

  1. 芸能人の様な手入れが行き届いた髪の毛の艶
  2. 若さならではの「髪の毛のハリ」と動きのある髪。
  3. 若さを象徴する「髪の毛のコシ」がある髪の毛。
  4. まとめた時に、微々たる毛がはみ出ない「纏まりのある髪」。
  5. 好みにもよるが、自然色で痛みすぎていないナチュラルな髪。

一般人の失敗しがちな「やってはいけない」ヘアケアとは?

ヘアケアとタオル4
  • 頭皮をガシガシあらう

気づかぬ内にやってしまっているこれ。頭皮を傷つけてしまう髪の毛の生えてくる周期にも影響がでます。無意識に頭皮を傷つけているので優しく洗うのがコツ。
http://anti-complex.jp/hairloss/touhi-araikata/

  • シャンプー時に髪の毛を擦り泡立てる

以前の私もそうだったのですが、髪の毛って泡立たないと洗った気にならなくて、よくやりがちだった。シャンプー時に髪の毛を合わせてゴシゴシ洗う行為。これは、髪の毛の摩擦でキューティクルが剥げ、水で洗い落としてしまう危険も…このガシガシと髪の毛で泡立てる行為は美髪を遠ざけています。
http://do-s55.com/archives/5204

  • コンディショナーを頭全体に塗る

これは、プロの美容師さんも危険を促すほどの行為です。よくありがちなのが、コンディショナーを頭皮に塗る行為。あれは、毛穴のつまりや、その他の頭皮の問題を起こしかねません。頭皮に無駄なダメージを与えると【抜け毛】や【頭皮荒れ】を起こす事も十分考えられるので注意が必要。

コンディショナー(リンス)の正しい使い方

  • 頭髪洗料の洗い流しにも要注意

結構、見られるのが”コンディショナー”をしっかり流せていない人が美容師さん曰く結構多いらしいです。コンディショナーをしっかり流さないと、日常のフケの原因や頭皮のヌメリの原因に。その他には、頭皮や髪の毛の問題だけではなく、背中ニキビや背中の問題や皮膚の炎症に繋がる原因になる事も…これも、日常”あるある”の要注意事項ですね。
http://redhillshow.org/

  • お風呂上がりのタオルブロー

以前私も、やってしまっていた…。”ガシガシふく行為”あれ、結構な勢いでタオルに水分を飛ばせるので、本当に良かれと思っていましたが、あの行為をする事で、髪の毛に摩擦が起きキューティクルの剥がれる原因に繋がるのだとか…+髪の毛を乾かして寝ない人も、中には多いですが【とても髪の毛を傷ませる行為】ですので、是非、見直しを。
http://www.rasysa.com/special/200608001/method/step3/

  • その他・ヘアドライヤーのオーバードライには要注意

髪の毛を乾かせないで寝るのは、一番、髪の毛に負担が掛かり最悪なパターンですが、実は髪の毛の乾かし過ぎも良くない。髪の毛がヘアードライヤー後に髪の毛が【パサパサし始めたら】オーバードライ気味です。髪の毛に更なるダメージを与えて艶髪から程遠い髪質に直行し始めます。気をつけて。
http://www.well-lab.jp/201602/recipe/7889

簡単に纏まる艶髪(美髪)になれた2つ方法。

ヘアケアとタオル5

本当にタオルと家に有るものだけで作れるコスパ最高な美髪法はこちら。

※ポイントとしては、タオルをタオルドライとして使用するのではなく、ホットタオルにして使用する事がオススメです。

簡単なアーモンドオイル、ホットディープ・ケア編

必要な物:手作りヘアケアオイルスプレー(精油(0.1滴)、200mlの容器ボトル、熱湯、アーモンドオイル)ホットタオル(温かいタオル)1枚

ヘアケアの仕方:シャンプー&コンディショナーの後に「手作りヘアケアオイルスプレー」を髪全体にふりかけ、ヘアタオルを蒸しタオルにし、髪の毛全体を包み込む様に巻き、10分程度待つ。(※この時のポイントは、入浴時バスに浸かりながら待つと時間短縮です♬)ヘアドライをする時は、ブラシで数回とかしヘアブローをすると、普段より纏まりのある髪の毛を実感できます。この時に日常使いのヘアオイルをつかうと更に”まとまる髪”になります。

頭皮の毛穴ケアに効果的な”Baking soda” シャンプー編

頭皮の毛穴詰まりや余分な皮脂を重曹のスクラブ効果で取り除いてくれ、頭皮マッサージに優れた自宅出来る簡単「頭皮ケア」シャンプー。

必要な物:薬用重曹 小さじ1、無添加シャンプー(少量)、アーモンドオイル又はヘアケアオイル(少量)、ホットタオル(温かいタオル)1枚

■ヘアケアの仕方:重曹と無添加シャンプーで頭皮をマッサージしながらよく洗い流します。その後にアーモンドオイル(ヘアケアオイル)を少量を髪の毛に塗りホットタオルで髪の毛全体に巻きつけ10分置いて、タオルドライ⇒ヘアドライをすると、髪の毛に艶が出て更に纏まる髪になります。

ヘアケア:ホット・タオルの驚き効果とは

蒸し(ホット)タオルの驚きの効果は【頭皮の血行を促進し育毛効果】に繋がり更には、【トリートメントの浸透効果】や【髪の毛一本一本への保湿効果も高い】といわれているから驚きです。

女性の頭皮に蒸しタオルがいいって本当?

トリートメントの浸透率を上げる!蒸しタオルの効果

最後にまとめると

ヘアケアとタオル6
  1. 冬場は特に髪の毛の水分が抜けやすく保湿効果の高いホットタオルが必要。
  2. 異性からみた【美髪のポイント】は”纏まりのある髪”、ハリやコシ、艶髪、自然色なヘアカラー。トータル的に手入れが行き届いた髪の毛。
  3. 一般人がしがちな間違ったヘアケアお手入れ6つポイント【頭皮ガシガシ洗い】【髪の毛擦りすぎの泡立てかた】【頭皮全体に塗ってしまっているコンディショナー】【タオルブローの時の髪の毛をガジガシこする行為】【ヘアドライのオーバードライ】など。
  4. 美髪になれるお家ケア【ホットタオルを使用した2つのヘア・ケア】
  5. ホットタオルをする事で「頭皮の血行を促進し育毛効果」や「トリートメント浸透効果」「髪の毛への保湿効果」も高い。

ただし、毎日重曹シャンプーをしてしまう事で頭皮の炎症に繋がる事もございます。目安としては、1ヶ月に1度。3週間起きに1度のペースでヘアケアを行うとベストだと言われいます。

もし炎症が起き、カラダに合わない場合は直ちに使用を止めましょう。【ホット・タオル】に隠された美髪になる方法、お家にあるもので簡単に出来るので、是非試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA