【カラダ】正しいダイエット法、劇的「背中」痩せを伝授!

ダイエットと背中1

「自分から見えない背中の贅肉、銭湯や温泉に行って気がついた…どうしよう。」
「最近、全く背中が一人で洗うのが難しい程に、贅肉が付いている気がする。」
「健康・ダイエット器具、や”エステ”に掛からず”短期”で背中の肉を落としたい。」

そんな方は是非【必読】な、「正しい知識を付けて美しい背中」を手に入れる。自宅で出来てお金が掛からず、そして短期で出来ちゃう!

そんな【健康・ダイエットの正しい知識】を元、某社・女性専用フィットネスクラブで5年以上働いていた私だからお伝え出来る「美的知識」まとめました。

【体験談】20代後半の私が経験した「辛い事実」

ダイエットと背中2

フィットネスクラブでパーソナルトレーナーとして働いていたのは、当時新卒の私が18歳〜24歳までの約6年間。

沢山のお客様が通うフィットネスクラブのトレーナーとして教えていた私ですが、妊娠を期に仕事を辞め、子供が生まれるまでに「約22キロ増」…。笑

妊娠経験がある女性ならお分かりに頂けると思いますが、「22キロ」まで太ってしまうと胎児に悪いからと言われて、かなり厳しく今後の食べ物を指導され始めるのですが…(病院にも寄ると思います。)

産後…。もう、私はパーソナルトレーナーとしての面影は0でした…笑。(もう何だか一気に太った事で見た目が老けて、笑えてくるレベルでした…。笑)

やはり産後であろうと、体重が増えると落ちにくいのはあると思います。

私は物凄く焦りを感じました、その焦りとは裏腹に「体重が落ちなく、もちろん背中なんて落ちない」という一般人ダイエット知識を試してみましたが、全く効果0でした。笑

そこで、私はその頃働いていた知識をフル活用し、たったの3ヶ月で背中に背骨が「ほんのり」と浮き出て後ろ姿が美しい「逆三角型」の美しい背中を手に入れました!

勿論、姿勢が断然よくなったのは言うまでもありません。

【知識】3分で理解る!ダイエット大切なポイント。

ダイエットと背中3

身体全体がどうやって「痩せ」が作られて変化していくのか、そして「背中痩せ」の体内でのメカニズムを分かり易くまとめました。

【正しい知識①】ダイエットに必要な「基礎代謝」

ダイエットと背中4

ダイエットをするに当たり「代謝」という言葉をよく耳にする事があると思います。ではこの「*代謝とは何なのか?」を分かり易くお伝えしますね。

「代謝」と呼ばれる言葉は主に「基礎代謝」の事を指しています。

基礎代謝とは、「身体が生命維持活動をするにあたり、何もしなくても身体の生体が活動するエネルギーの事」を指しています。

何もしなくても「痩せる人」は、この「基礎代謝」が高いと言えます。

  • 一般的な成人女性・男性の基礎代謝量

(この場合成長期を終えた身体なので安定した基礎代謝である。)

女性で 1,200 kcal (キロカロリー)を消費
男性で 1,500 kcal(キロカロリー)を消費

※この場合の一般的というのは「1日を過ごす中」の「日常動作だけを含めた」もので消費しているkcal(キロカロリー)を示しています。

この生命維持活動に欠かせない「基礎代謝」は「適度な筋トレ(無酸素運動)」「ウォーキング・ジョギングなど(有酸素運動)」+「ストレッチ(柔軟運動)」の3つをする事で効果的に「ぐんぐん」と基礎代謝上がっていきます。

なので「日々日常生活をしているだけで痩せやすくなる」とは、この事を指しています。

http://keisan.casio.jp/exec/system/1161228736

【正しい知識②】リバウンド0に!! 〜痩せる為に知る3つのポイント〜

ダイエットと背中5

先程、上記で説明した通り「基礎代謝」を上げると「痩せやすくなる」= 「太りにくくなる」のですが、それにベストで一番有効的なのが「有酸素運動」「無酸素運動」「柔軟運動」の組み合わせです。

少し聞き慣れない言葉もあると思いますが、この3つを「どんな運動なのか」に分けるとこうなります。

  • 有酸素運動(ゆうさんそうんどう)の代表的な種類

(酸素を取り入れる運動・心肺を使用する運動)

ウォーキング、ジョギング、ランニング、サイクリング、など

  • 無酸素運動(むさんそうんどう)の代表的な種類

(筋肉に直接働き掛ける運動)

筋肉トレーニング全般(腹筋、背筋、など)
http://www.pharm.co.jp/today-diet/sports.htm

  • 柔軟運動(じゅうなんうんどう)とは

柔軟運動とはストレッチの事を指します。この運動は、普段伸ばしきれない身体の中の筋などに負荷をかけ、「事故防止」などに役立つ運動です。

例:走ると筋をおかしくした…肉離れした…。など

ストレッチをして筋をしっかり伸ばさない事によって起きる、急激に筋が伸びた時に切れてしまう。など、日常生活では、いきなり段差がある所で転んでしまった時に「咄嗟に身体が自己防衛」する時に「ストレッチしている人」「ストレッチしていない人」では、怪我の度合いも、全く違ったものになります。

(今流行のヨガもストレッチの部類になります。)

※急に運動をすると筋を痛めたりしてしまう場合があるので、それを防止として「トレーナー」がよくストレッチ(柔軟運動)を進めているのです。(怪我してしまうと、ダイエット所では無いですよね…笑)

https://doctorstretch.com/selfstretch/

【絶対ダメ!】リバウンド起こす”ダイエット”は「こんなダイエット」

ダイエットと背中6

「背中痩せ」に限らず「リバウンド」を起こすダイエットが必ず存在します。そんなダイエットはこちら。

  1. 炭水化物を減らしたり・食べない「是非太りたい方がしてほしい」ダイエット
  2. 朝昼晩をしっかり食べないダイエット「今日は昼抜きで…ヨーグルトだけ…」など
  3. 置き換えダイエット「昼はチキンだけ!」など。
  4. 野菜・フルーツだけダイエット「朝昼は野菜だけ」「スムージーだけ」など

一番リバウンドに繋がるのは一番主流と言ってもいい一般人の「食べないダイエット」。

ハッキリ言って「人生諦めモードの方」が実践すれば良いのに…。と思えてしまう程に、本当に恐ろしくて危険なダイエット法です。それには、こんな理由があります。

【注意】リバウンドを起こしやすい「ダイエット」

ダイエットと背中7

人間「カラダ」は食べ物からエネルギーを蓄えて、基礎代謝を燃やすエネルギーの糧にします。それに大切なのは5大栄養素と呼ばれるこの5つです。

  • 【炭水化物】 お米・パン・麺類 など
  • 【タンパク質】肉・魚・牛乳 など
  • 【糖質】たまご、植物油、肉、魚 など
  • 【ミネラル】ほうれん草、海藻類、大豆、バナナ など
  • 【ビタミン】イチゴ、人参、青魚、豚モモ など

http://www.chantotaberu.jp/jikan/01/yomimono.html

この5大栄養素を抜く事が「基礎代謝を下げる」事に繋がってしまうのです。

カラダは食事を抜けば抜くほどに「体内にエネルギー」を蓄えてしまうので、「必要な物が必要な分だけ摂取する事が不可能」になる「摂食障害」や、その他、必要なエネルギーを摂取しない事で起こる「免疫力の低下に伴い」様々の病気をを引き起こす可能性があります。

正しい知識が、アナタのダイエット「健康ライフ」をつくります。十分に注意してください。

【プロ】美しいバレリーナが伝授する背中痩せ。

ダイエットと背中8

短期と言っても3ヶ月は必要です。三ヶ月すると見違えるようになります。それは【背中の肩甲骨】をメインに動かすストレッチ法です。

私が行ったメニューは【無酸素運動】と【柔軟運動】と、時々【有酸素運動】です。メインは無酸素運動と柔軟運動です。

私がとても参考にしていたのは「バレリーナの様な綺麗な背中」でした。私はストレッチをする時は下半身より、上半身の肩甲骨をメインに動かす様にしました。

そこで私も参考にしていた一番のオススメがこちら。そこで私の持つ専門的知識を踏まえた上で「バレリーナの浅川 紫織さん」が教える「背中美人のコツ」を毎日続けて行いました。

http://www.bodybook.jp/entry/201306/10-2.html

http://www.bodybook.jp/entry/201307/10-3.html

私は、何とその結果…。「初心者バレリーナ」の様な(笑)綺麗な背中になれました。

私がこの方法をはじめて1ヶ月でカラダで感じてきますが、見た目に出るように美しくなるのには「3ヶ月程の目安」が必要だと思います。

私が勧める、この背中痩せの効果は「背中痩せ」だけではなく「確実に首も綺麗に伸び」「姿勢が良くなる」という「美人の法則」ならでは、外せないポイントも効果として付いてきます。本当にオススメです。

この綺麗な背中を手に入れた事で「旦那からは勿論、最近姿勢良くなったね」と言われ周りの人からも「全体的にキレイになった!何かしてる?」と言われたり「スタイル良い」と言われる事が増えました。

やはりとても嬉しいです。笑

そしてもっと「体に良いものは続けよう」と思える「良いループ」になりました。今ではかれこれ毎朝のストレッチは勿論、寝る前のストレッチを3年ほど続けています。

お金をかけずにキレイに上手に痩せられる「背中ダイエット法」今すぐ出来るので、是非アナタも今日の夜からストレッチ取り入れて下さい。

カラダの代謝が良くなれば劇的に、誰でも美しくなれます!!

最後にまとめると

ダイエットと背中9
  1. 正しいダイエット知識「基礎代謝を上げる」
  2. 正しいダイエット知識「有酸素運動」「無酸素運動」「柔軟運動」の3つを組み合わせて行う事がベスト!
  3. 正しいダイエット知識「食べない」「置き換え」「減らす」ダイエットは他の病気に掛かりやすくなる。
  4. 免疫力が落ち、病気に掛かると「ダイエット」どころでは無くなる。
  5. 私オススメ「背中」ダイエット法は、メリットいっぱい♡の女性オススメ背中美人作り!

ストレッチのしすぎは、筋を伸ばす原因になるので、1度に「無理にする」のではく、毎日コツコツ続ける事が秘訣ですよ!

ただし「やらなきゃいけない」と思えば思う程「ダイエット」は上手く行かないので、「今日は出来たらやろうかなぁ」そんな気持ちを持って始めると、長続きできる方が多いのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA