20代から始める乾燥肌対策!若い男たちこそボディケアをしよう!

乾燥肌とボディケア1

私の友達にはボディケアに無頓着な人がたくさんいます。

ドラッグストアで売っている格安のボディケア製品を使っています。

私が何を言っても彼は聞かないので特に指摘はしませんが、、、。

あなたはまだ間に合います。

安いものは使い続けていると、肌トラブルの原因になります。

そこで今回は私の使用した製品から、「独断と偏見」で選んだ良いボディケア製品をご紹介します。

ボディーソープ部門ベスト3

ミノン 全身シャンプー しっとりタイプ

乾燥肌とボディケア2

 CMでおなじみのミノンです。

植物性アミノ酸系の成分が入っているので、肌の脂を落としすぎずに洗い上げます。

今までのボディーソープは洗った後、肌がカサカサになっていたのが、ミノンを使った後は全然ツッパらなくて、ツルツルした肌に変わりました。

美容液に包まれているような感覚です。

ザ・優しいボディーソープです。

今までどのボディーソープを使っても、使用後にカサカサしていた方は是非試して欲しいです。

シャボン玉 無添加ボディーソープ

乾燥肌とボディケア3

 無添加石鹸といえばシャボン玉と言われるくらい有名なシャボン玉から出ているボディーソープです。

いつも通っている皮膚科の先生に勧められて使い始めたのですが、ものすごく皮膚に優しいです。

私がアトピーの炎症がひどい時にシャボン玉を使ったら、全く滲みずに使えたのでアトピーで悩んでいる方はぜひ使って欲しいです。

コラージュフルフル液体石鹸

乾燥肌とボディケア4

最後に紹介するのがコラージュフルフルの液体石鹸です。

こちらは日本初のカビ菌をやっつけてくれる成分が入っており、脂漏性皮膚炎の方にはぴったりのボディーソープです。

体が痒くてしょうがないいう方はカビが原因かもしれませんので、是非使ってみてください。

ボディークリーム部門ベスト3

薬用ユースキンSローション

乾燥肌とボディケア5 ユースキンはあかぎれ、手荒れ対策で使うイメージですが、全身用もあるんです。

敏感肌に優しいとパッケージに書いていますが、その名の通りでした。

使っていて、ヒリヒリがなく使用感も抜群に良かったです。

手荒れがある方はこれ1本持っていれば全身の保湿ケアもできるので便利ですよ。 

白色ワセリン

乾燥肌とボディケア6昔から保湿ケアで使われている白色ワセリンです。

ワセリンはワセリンでも精製度によって呼び名が変わるってご存知でしたか?

  • 黄色ワセリン
  • 白色ワセリン
  • プロペト、サンホワイト

まず、「黄色ワセリン」ですがこちらは精製度は3つの中で一番低いですが、値段が一番安いです。

市販で見かけるもので多いのは大体黄色ワセリンです。

正常な肌の方は使っていても問題ないと思われますが、敏感肌、肌が炎症を起こしている方には向かないかもしれません。

次に、白色ワセリンです。

白色ワセリンは精製度が高く、敏感肌の方にも使え、値段も黄色ワセリンよりは少し高いけれど、精製度も高く品質は良いのでオススメさせていただきました。

最後のプロペト、サンホワイトです。

3つの中で1番精製度が高い+値段も1番高いです。

白色よりも高く、赤ちゃんにも使えるくらい低刺激です。

キュレル ローション

乾燥肌とボディケア7

とにかく保湿力がオススメした3つの中で一番高いです。

塗った感じサラサラしているので、塗った後にすぐ服を着ても服にクリームがつかなかったです。

保湿効果があっても、ずっとベタベタしていたら結構不快ですもね。

敏感肌の人はもちろんオススメですが、お風呂上がりすぐに予定がある方や朝忙しい時間でも、保湿してから服を着たい方など毎日忙しい方にもオススメではないでしょうか。

ボディケア製品の選ぶポイント

乾燥肌とボディケア8

肌質に合わせて選ぶ

ものすごい重要ポイントだと思います。

皮脂量が多い人がオイル系のクリームをつけると肌がギトギトになってしまうし、乾燥肌の人にさっぱり系のボディーソープをつけると、カサカサがひどくなることがあります。

自分の肌質を把握して肌質に合ったものを選びましょう。

チェックの仕方はこちらの動画でわかります。

↓        ↓

低刺激のものを選ぶ

低刺激の製品を選ぶことはとても重要です。

ここで気をつけて欲しいのが、ボディケア製品の裏側に書いてある成分をチェックしましょう。

  • エタノール
  • ラウリン酸ナトリウム ・オレイン酸ナトリウム

これらは刺激が強いので、肌を乾燥させてしまいます。

皮膚が弱くない方でも避けたほうがいいです。

植物由来で低刺激な成分「アロエエキス」「オリーブオイル」入っているものは積極的に選びましょう。

使用感が良いものを選ぶ

私がボディケア製品を選ぶときにかなり重要視して選ぶポイントです。

いくらいい製品でも、ずっとギトギトが残るものだと気持ち悪いですよね?

人に触ったときにギトギトだと相手の印象も悪いですしね。

好みによりますが、私は塗った後に少し湿り気がありつつ、サラサラもするような使用感が好きです。

なぜならサラサラだと気持ちですし、少し湿り気があると肌が守られているなと感じることもできるからです。

肌ケアをするときは有効成分は何なのか、どんな肌質に合うのかも重要ですが、使って気持ちいいと感じるか、精神的なところも重要だと思います。

まとめ

乾燥肌とボディケア9

完全なる私の「独断と偏見」でお勧めのボディーソープとボディークリームを紹介しました。

選ぶ基準としては

  1. 肌質に合わせるて選
  2. 低刺激のものを選ぶ
  3. 使用感が良いものを選ぶ

この3つが大切だと思います。

「顔はケアをするけど、体は誰も見えない場所だしケアするのは面倒くさいよ」と思っている若い男性諸君!

体も顔と同じ皮膚だから大切にしなきゃダメだよ!

服を脱いだときにカサカサ肌だと女の子にモテないぞ。

今からでも遅くないので、ボディケアしっかり取り組みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です