一週間脂肪燃焼スープダイエットをやってみた!!体に驚くべき効果が??

脂肪燃焼スープを一週間食べ続けるスープダイエットは、とても有効なダイエット方法です。

脂肪燃焼スープの平均カロリーは一皿約80キロカロリーで、5杯食べても400キロカロリー!

だから毎日お腹一杯食べられるので、一週間も辛くありません。

それでは

一週間脂肪燃焼スープダイエットの基本的な方法

前提条件は5つ(ルール)

  • お酒は飲まない
  •  甘味料はとらない
  • 飲み物は水かお茶かブラックコーヒー。甘味料がダメなのでカロリーゼロの飲み物もNG
  • 夕食では、必ず最初にスープを一皿食べる事
  • 一週間欠かさずスープを食べ続ける事

さぁ、これらのルールを守って、早速一週間ダイエットを始めてみましょう!!

1週間の概要とまとめ

ダイエット1日目 スープとフルーツのみの日

バナナ以外のフルーツなら何を食べても良し。
水分は、水か100%の果汁ジュースで補給する

ダイエット2日目 スープと野菜のみの日

油を使わなければ、野菜の調理法は自由、豆とスイートコーンを除けばどの野菜を食べてもOK!
夕食には、ベイクドポテトを食べても良い。

ダイエット3日目 スープとフルーツと野菜の日

スープとフルーツと野菜を好きなだけ、食べて良い日。
ただし、ベイクドポテトはダメ。
フルーツは生のままを、朝4時〜11時までに食べておく事がオススメ。

ダイエット4日目 スープとバナナ、スキムミルクの日

バナナを3本食べる。
スキムミルク適量を水で溶いて500mlにして飲む。
お水もたくさん飲む。

ダイエット5日目 スープと肉とトマトの日

350g〜700g程度の赤身の牛肉か、鶏肉又は煮魚でも良い。
最大6個のトマトを食べる。
スープも最低一皿は食べる。
身体から尿酸を排泄させる為に、コップ6〜8杯のお水を飲む。
トマトは、火を通す事で栄養価が増すので、調理する事がオススメ。

ダイエット6日目 スープと牛肉と野菜の日

牛肉の量の制限はなし。
ベイクドポテト以外の野菜を食べる。
最低一皿のスープを食べる。

ダイエット最終日 玄米と野菜とフルーツジュースの日

最低一皿のスープを食べる。
玄米をスープに入れて、リゾット風にするのも良い。
フルーツジュースは、100%の果汁を飲む。

1週間スープダイエットお役立ち情報

スープに入れるとよりダイエット効果のある野菜

春菊やパセリ、バジル

抗酸化作用があり、免疫力を高める効果があるのカロチンを多く含んでいる。

ピーマンやパプリカ、ブロッコリーやレッドキャベツ

シミを予防し、美肌作りには効果抜群のビタミンCを多く含んでいる。

ほうれん草やモロヘイヤ、シソ

そして血圧上昇を抑制し、筋肉の働きを良くするカリウムを多く含んでいます。

トマト

血液をサラサラに保つ、リコピンを多く含でいます。

まとめ

脂肪燃焼スープの効果はダイエットだけでなく、たっぷりの野菜を食べる事で食物繊維を豊富に摂取出来る事から、腸内環境が改善され便秘が解消されたり、血液がサラサラになり血行促進し、代謝がアップするなど、一週間続ける事で身体の中から綺麗になり、免疫力が上がり病気になり難い身体作りが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です