30代からの超簡単セルフネイル講座(3)~カラーポリッシュ~

赤いポリッシュ

■ポリッシュとは

前回、ネイルを始める前の基本的なケア方法をお話しましたが、今回はいよいよカラーリングのお話をしていきます。

まずは、ジェルではなくポリッシュ(マニキュア)から始めるといいと思います。

ジェルネイルなどが広く知られるようになるまでは、ほとんどの方がポリッシュを使ってネイルを楽しんでいました。ほとんどの化粧品メーカーから発売されていますし、コンビニなどでも購入できる本当に手軽なおしゃれアイテムです。

普段はネイルができない方でも、イベントや週末だけはネイルをしたいなと思った場合、ジェルネイルと違い、ポリッシュはオン・オフが非常に簡単ですのでオススメです。

■ポリッシュを塗ってみよう

では、早速ポリッシュを塗ってみましょう。今までにポリッシュを塗ったことのある方も、正しい塗り方をすることで、今まで以上にキレイに仕上げることができますので、ぜひ参考にしてみてください。

○ポリッシュを使う為に用意するもの

①カラーポリッシュ

②ベースコート

③トップコート

④消毒用エタノール

⑤ウッドスティック

⑥コットン

 

○ポリッシュの手順

①ポリッシュを塗る前には、前回お話したケアが必要です。キューティクルの処理、爪の長さや形を整えましょう。

②エタノールなどの消毒液などで爪の表面の油分をふき取る。この時、ウッドスティックにコットンを薄く巻いたものを使うと便利です。

③爪の裏側と表面にベースコートを塗る。爪の裏とは、爪の裏側の先端という意味です。爪の裏全体に塗る必要はありません。順番としては、裏側→表面の順番で塗りましょう。

④ベースコートが乾いたら、③と同じ順番でカラーポリッシュを塗る。

⑤④が乾いたら同じ順番で2度塗りする。

⑥はみ出したところを、修正する。この時、ウッドスティックにコットンを薄く巻き付けたものにポリッシュリムーバーを含ませたものを使うと便利です。

⑦カラーポリッシュが乾いたら、爪の裏と表面にトップコートを塗る。手順は③と同じです。カラーポリッシュを包み込むようにふわっと乗せるとコーティングされるので色がはげにくくなります。また、トップコートは乾きが早いので、はみ出してしまったらすぐに修正しましょう。これが基本的な手順です。

○塗り方のコツ

コツとしては、とにかく焦らないことです。ポリッシュは乾いてもリムーバーを使えば

簡単に修正できます。落ち着いて塗りましょう。

また、カラーポリッシュの色ムラがでないように塗るには、色を乗せる場所の順番が決め

手です。まず爪の表面を縦に3等分して考えます。初めに中央部分を縦に塗ります。この

時、キューティクルライン(爪の生え際)がスタートラインになるのですが、このスター

トラインではみ出したり、残しすぎたりしないように慎重にスタートするようにしましょ

う。次にサイドのどちらからでも良いので塗ります。この時も先ほどと同様、スタートラ

インに気を付けましょう。

また、爪の裏側は塗り忘れがちですが、ここを塗ることで仕上がりのキレイさに差が出

るだけでなく、先端をトップコートで保護していますので、はげにくいというメリットもあります。

このポリッシュでカラーリングした状態を長く楽しみたいという場合には、2.3日に1度トップコートを塗りましょう。そうすることでキレイな状態を長くキープすることができます。

■ポリッシュの落とし方

次は、ポリッシュのオフです。オフには下記のものを用意しましょう。

  1. ネイルリムーバー(除光液)
  2. コットン
  3. ウッドスティック

 

○ポリッシュを落とす手順

①コットンにリムーバーを染み込ませる。この時、コットンがひたひたになるぐらいたっぷり染み込ませましょう。このネイルリムーバーは、テーブルなどの家具に付着すると塗装が取れてしまったり変色することがあるので、十分に注意しましょう。

②コットンを爪の上にかぶせるように置いてポリッシュを溶かす。溶けるまでには少し時間がかかります。漬け置きしている感覚でしっかりポリッシュが溶けるのを待ちましょう。時間がかかるからとゴシゴシこすると、爪を傷める原因になりますのでこすらないようにしましょう。

  1. コットンを滑らせてポリッシュを取り除く。コットンを爪の根本から先に向かってゆっくりと滑らせて溶けたポリッシュを取り除きます。このときもゴシゴシこすらないようにしましょう。
  2. 溶け残った細かい部分のポリッシュを落とす。ウッドスティックの先端にコットンを薄く巻いて、リムーバーを染み込ませたもので細かく取り除きます。

以上が正しい手順です。とにかくゴシゴシこすることなく、丁寧に取り除きましょう。そうすることで、爪の乾燥や変色を防ぐことができます。

また、爪の裏側を忘れがちなので、裏側も忘れず落としましょう。

■ネイルは焦らず丁寧に

いかがでしたでしょうか。このように正しい順番でポリッシュを塗ると、本当にキレイに仕上がりますし、長くキレイな状態を保つことができます。

少し匂いが気になりますので、適度に換気を行ことも大切です。

また、練習する場合には、赤のポリッシュ練習することをオススメします。なぜかというと、赤のポリッシュは、はみ出した部分が目立ちやすいので修正する部分がわかりやすいということと、色ムラになりやすいので、爪全体に均等に塗れているかのチェックがいやすいからです。また、ポリッシュを落とすときも、落とし残った部分が目立ちますので、キレイに落とすことができるからです。

ぜひ、簡単なポリッシュでおしゃれを楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です