30代からの超簡単セルフネイル講座(11)基本のアート④タイダイ

タイダイ

今回も人気のデザインをご紹介します。

今回のネイルはタイダイです。あまり聞き馴染みのない言葉ですが、ネイルのデザインではよく使われているデザインなので、目にしたことがある方も多いかと思います。

前回のマーブル柄にも似たデザインなのですが、たくさんの色が入り混じった華やかなデザインなので、イベントなどの華やかな場面で使いたいですね。

では早速やり方をご紹介します。

準備するもの

  1. 好きな色のカラージェル3色

■手順

  1. プレパレーションを行い、ベースジェルを塗り、硬化する。
  2. ベースになるカラージェルを塗り、硬化する。このベースになるカラージェルは、なるべく薄い色をオススメします。このベースになる色の上にタイダイ柄を作っていきますので、タイダイ柄で使う色より濃い色や同じぐらいの濃さの色ですと、タイダイ柄がベースの色と同化してしまったり、タイダイ柄が目立たなくなってしまいます。ですので、ベースの色は白か、薄いパステルカラー程度の色を選ぶようにしましょう。
  3. タイダイ柄で使用すカラージェルを筆に少し取り、ランダムに点々と置いていきます。ちょうどドット柄になるように乗せていきましょう。この作業はマーブルのときと同じです。ドットを置いていく間隔はマーブルのときよりも少し狭くして、置いていくジェルの数は多めにしましょう。
  4. ジェルのドットが置けたら、筆先に少しクリアジェルをつけて、ドット同士を馴染ませていきましょう。ドット同士の間を筆先でポンポンと叩くように色が混ぜていきます。好みの混ざり具合になるまでこの作業を続けます。あまり混ぜすぎるとぼんやりした印象になってしまいますので、混ぜすぎに注意しましょう。
  5. タイダイ柄が完成したら、カラージェルを硬化し、トップジェルを塗り、硬化、 未硬化ジェルを拭き取って出来上がりです。いかがでしょうか。とても簡単ですし、失敗も少ないと思います。色は3色以上使っても大丈夫なのですが、あまりたくさんの色を使うと混ざり合ったときに濁った色になってしまったりと、自分の思った色と違う色になってしまう恐れがありますので、3.4色程度が最適かと思います。

タイダイ柄のアレンジネイル

このタイダイ柄はアレンジのバリエーションが豊かなデザインです。

ここでは、そんなタイダイ柄のアレンジネイルをご紹介します。

【1】色の選択でテーマづくり

このタイダイ柄は、色の選び方で様々なテーマのネイルを作ることができます。

ここでは人気のテーマをご紹介します。

  1. 青緑+黒・・・ターコイズ
  2. 白+少しの黒・・・大理石風
  3. 赤+黄色+青(すべてネオンカラー)・・・サイケデリック
  4. 茶色+黒・・・べっ甲

他にも色の組み合わせで様々なテーマのネイルが楽しめます。

ぜひいろいろな組み合わせに挑戦してみてください。

【2】タイダイフレンチ

タイダイ柄を用いたフレンチネイルです。

先に紹介したフレンチネイルの先端部分、またはベース部分をタイダイ柄にすること  で個性的なフレンチネイルができます。

シンプルなフレンチネイルでは先端部分を少な目に作るのですが、タイダイ柄を入れる場合は、狭い範囲ではなかなか目立ちにくいですし、作りにくいこともありますので、ベース部分と同じぐらいの割合にするか(ツートンカラーのような感じ)、逆にベース部分を少なく、先端にあたる部分を多くする逆フレンチにするとタイダイ柄が効果的になります。

【3】クリアタイダイ

夏になるとクリア感のある涼しげなネイルが流行ります。

自爪は元々白いのでなかなかクリア感を出すのは難しいのですが、クリアのネイルチップを使ったり、少し自爪を伸ばすことでクリア感のあるタイダイネイルを作ることができます。

やり方は、ベースになるカラージェルを塗らずに、クリアのベースジェルの上に直接タイダイ柄を作るのです。これだけで自爪の伸びている部分やクリアのネイルチップが透けて見えるのでクリアな感じが出せるのです。これで夏のパーティやビーチなどのシーンにぴったりですので、ぜひ試してみてください。

【4】ポリッシュでタイダイ

ジェルネイルでのタイダイは簡単にできるとお話しましたが、ポリッシュでは難しいと思いますよね。しかし、メイク用のスポンジを使えばポリッシュでも簡単にタイダイネイルを作ることができるのです。

■準備するもの

  1. 白のポリッシュ、他にタイダイを作る為のカラーポリッシュ2色
  2. メイク用スポンジ

 ■手順

  1. プレパレーションのあと、ベースコートを塗り乾かす。
  2. 白のポリッシュを2度塗りする。
  3. 白ポリッシュが乾かないうちにタイダイ柄に使う2色のポリッシュをジェルネイルのときと同じようにドット柄のように置いていきます。
  4. スポンジの角を使って、色を馴染ませていきます。これもジェルネイルのときの筆と同じようにポンポンと叩くように使い、色を好みの感じになるように馴染ませていきます。ポリッシュが乾かないように手早く行いましょう。
  5. 色が馴染んでタイダイ柄ができたら乾かし、トップコートを塗って出来上がりです。

いかがでしたでしょうか。タイダイ柄はいろいろばなバリエーションが楽しめるので、ぜひ挑戦してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です