(エッセイ)女という生き物

皮むけの下に新しい皮膚

 

 

女という生き物について

 

今まで、いくつかの恋愛を経験してきましたが、その中で強く感じたのは女性というのは本当にたくましくて、それでいて気分屋であるということです。女性は半分以上が感情で出来ているといっても過言ではないでしょう。

 

これから、私が考える女という生き物について書いてみたいと思います。ここで、女という生き物について学び日々の恋愛に活かしていただきたいと思います。

 

 

女性は感情がほとんどです。

 

よく、あなたが食べたり、飲んだりするものには成分表示が記載されていると思います。

 

もし、この成分表示を使って女性を表すとしたらおそらく50%は感情という成分が表示されるでしょう。今まで、優しかったのに、突然泣き出す、怒り出す、言っていることが変わるなどという経験は多くの男性諸君が経験してきたことではないでしょうか?このように、感情が豊な人が多いのが女性という生き物です。

 

 

 

女性は気分屋、でも悪気はない!

 

女性の中には、気分屋の人も多いです。気分によって、ころころと発言が変わったりすることも普通です。

 

でもこれは悪気があるわけではありません。あくまでも特徴のひとつです。昨日はあそこに行きたいと言っていた場所に、次の日に連れて行くと、浮かない顔をしているので聞いてみると今日は、ここの気分ではないとか平気で言ってしまいます。これにはもう苦笑いするしかありませんでした。そうです。気分によって、女性の扱い方を変えなければいけないのです。

 

 

定期的に開催されるイベント、ダイエット宣言!

 

女性の多くは、美容や健康、ファッションなどに敏感です。

 

それはつまり人から見られる見た目を意識しているということです。外見を気にするという事は悪いことではありません。女性がいつまでも、美しくいたいと思う気持ちこれは素晴らしいことです。とくに、多くの女性が気になるのが体重ですよね。女性は体重を聞かれたくないと思っている人がほとんどですよね。

 

ですから、ダイエットに非常に関心がある人が多く、雑誌やテレビなどでは頻繁にダイエット特集が組まれています。それにあわせて、多くの女性がダイエット宣言をするのですが、長くは続きません!その繰り返しなのでもはや定期的に開かれるイベントになっています。

 

ダイエットに関することでこれは、私が実際に体験したことなのですが、当時付き合っていた女性にお菓子とケーキを買って家に遊びに行きました。お菓子とケーキを喜んでくれて食べてくれました。男は好きな女性の喜ぶ顔がみたくなるものです。

 

 

その2週間後くらいでしょうか?再び家に遊びに行くことになり、お菓子とケーキを持っていくと、「今、ダイエット中だから!」と嫌な顔をされてケーキは冷蔵庫にしまわれてしまい、お菓子はそのままテーブルの上に放置されました。私はただ、喜んでくれる顔がみたかっただけで、2週間前は受け取ってくれたのにとがっかりしました。

 

でも、ダイエットしていることを知らなかったとはいえそこに、ケーキとお菓子はまずかったかなと反省して、次の日に彼女の家をたずねました。もちろんお菓子とケーキを回収するためです。一度あげたものを回収するなんて聞いたこともありませんでしたが、ダイエット中ならしょうがないと思い行きました。

 

しかし、冷蔵庫の中にあるはずのケーキがありません。ケーキはどうしたの?誰かにあげたの?と聞いてみると、私が食べたよといいました。でも、ダイエット中でしょ?と聞くと昨日はいいの!と平然と言います。意味がよくわかりませんが、女性に安易にケーキを買っていくのはまずいということを知りました。

 

 

 

まとめ

 

女性は、なかなか取り扱いが難しいです。むしろ女性の取説が仮にあっても取説では対応しきれないことが多いです。女性の取扱は相手の気分に合わせてあげることがとても重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です