運動不足は乾燥肌を促す?改善するには運動をしよう!

乾燥と運動1

みなさんは運動をしていますか?

仕事や学業、はたまた子育てなどで忙しかったり、あまり運動する時間が取れないですよね。

わたしは小さい頃は公園で遊んで走り回ったり、いつも動き回っているような少年でした。

大人になってからやることがたくさんあり、運動する時間を確保できないです。

言い訳ですよね、、、

しかし、運動不足は体にさまざまな悪影響を与えてしまいます。

それはもちろん肌にも悪い影響があります。

肌が乾燥していたり、敏感になっている方は特に要注意です。

そこで今回は「運動不足」が肌にどんな影響があるのかを見ていきたいと思います。

運動不足は肌にどんな悪影響がある?

乾燥と運動2

筋肉量や代謝が落ち、血流が悪化してしまう。

運動不足だと、筋肉の量が落ちてしまって、その代わりに脂肪が増えます。

筋肉が落ちると代謝が落ちてしまいます。

そうすると、血流の流れが悪くなり栄養が身体の隅々まで行き届かなくなってしまいます。

いくらフカヒレを食べようが、レモンを食べようが、筋肉が落ちている身体に肌にいい食べ物を食べても、効果が半減してしまうようなことが起きてしまいます。

汗不足の皮脂不足

ところで皆さん、なぜ人間は汗をかくと思いますか?

それは身体の体温を下げるために汗を出して、正常の体温に戻すためなのです。

現代人は運動をする機会が昔よりも大幅に減りました。

外に出る機会が減り、いつも冷暖房をつけ、体温調節がうまくできない身体になってしまいました。

汗が出ないと肌の環境が悪化します。

汗には「皮脂」が含まれており、その皮脂が皮脂膜という壁を作って、肌の脂の量を調整してくれる役割があります。

運動をせずに汗をかかないと、どんどん皮膚が乾燥して、ハリのない弱った肌に変わってしまいます。

次の章では、運動をすると一体どういった効果があるのかを見ていきたいと思います。

運動が肌に与える好影響とは

乾燥と運動3

活性酸素を減らす

「活性酸素」って聞いてことありますか?

健康をテーマに扱っているテレビで知っている方がいるかもしれません。

この「活性酸素」というもの成分なのですが、酸素を吸って、代謝を行うと必ず発生するものなのです。

皆さんの中には「活性酸素」は「身体を錆びさせ、老化の原因になる」というイメージをお持ちの方がいるかもしれません。

しかし、身体の中に入ってきた細菌などをやっつける役割を担っている善の一面もあります。

あくまで、「活性酸素が増えすぎる」と老化の原因になってしまうということです。

運動をすることで、「バランスが崩れた活性酸素」の数を減らし、「増えすぎた活性酸素」を正しい数にしてくれます。

ストレスを減らす

わたしは運動をすると頭がスッキリするのですが、皆さんはどうですか?

運動をすることで、ストレスが発散され血流の流れがよくなり、肌の改善にとても良い働きをしてくれます。

新陳代謝が改善される

健康な皮膚な方は通常「28日間」の周期で新しい肌に入れ替わりますが、運動不足の人はその期間が早くなったり、遅くなったりと不安定になってしまいます。

乾燥している肌は「肌のターンオーバー」が狂っている状態なのです。

「ターンオーバー」とは何かというと、古い肌から新しい肌に変わる期間のことです。

運動をすると「ターンオーバー」を正常に保つことができ、元気な肌を保つことができます。

運動のメリットについて見てきましたが、運動といってもたくさん種類がありますよね。

バーベルをあげたり、走ったり?

「そんなきつい運動やりたくない」と思っている方!待ってください。

乾燥肌を改善するにはきつい運動は全く必要ないのです。

最後の章では、どの運動が「乾燥肌」に良いのかを見ていきます。

乾燥肌に効果がある運動とは?

乾燥と運動4

有酸素運動が効果的!

運動には種類が大きく二つ分けられています。

「無酸素運動」と「有酸素運動」です。

「無酸素運動」は筋トレや、ダッシュなど負担が大きい運動のことです。

「有酸素運動」はウォーキングやスイミングなどの軽い運動です。

乾燥肌に良いのは「有酸素運動」で、身体に酸素をたくさん取り込むので、細胞が若返り、

新陳代謝を促し、肌を若返らせてくれます。

まとめ

運動不足が肌にもたらす悪影響、運動をすることで肌が健康になること見てきました。

  • 運動不足は代謝が落ち、血流が悪くなり、肌を老化させてしまう。
  • 運動をすると、代謝が上がり、肌が若返る。
  • ウォーキングやスイミングなどの軽い運動が効果的。

運動をすることは肌の健康を保ってくれます。

毎日運動はすることは必要ありません。

「乾燥肌が悪化してきてるな」

そう感じる方は自分のできる範囲で、生活に運動を取り入れて、「健康な肌」を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です