赤ちゃんのカサカサ肌の原因と注意点・肌バリアの守り方 

赤ちゃんとカサカサ肌

赤ちゃんの肌は生後2か月くらいまで顔や頭の皮脂の分泌が盛んです。その後母親のホルモンとともに減少、皮脂の分泌が低下して乾燥しカサカサしやすくなります。

私の娘達、特に次女は乾燥肌が悪化し病院に何件も行きました。

そもそも赤ちゃんの肌はぷりぷりしているイメージだけど何故乾燥?その原因、注意点や私の経験談をお話しますね。  

カサカサ肌の原因は?

肌は大きく分けて「真皮・表皮・角層・皮脂膜」でできています。赤ちゃんの肌は大人の半分の厚さで1ミリ程度です。赤ちゃんの肌と大人の肌は構造は同じですが違いは「角層」の薄さです。

角層が薄いという事は「バリア機能・保湿機能」が弱いという事なので少しの刺激で傷ついたりかぶれたりしやすいのです。

特に秋生まれの赤ちゃんは皮脂分泌が低下し肌がカサカサしやすくなる時期と空気の乾燥時期が重なる為アトピー性皮膚炎になりやすいと言われています。

また、夏のあせもが乾燥肌の原因になっている場合もあります。 

バリア機能を守る

まず「バリア機能」とは、肌表面にある角質層が潤いを蓄え乾燥や細菌、ほこり等の刺激から肌内部に入るのを防ぎます。このバリア機能を守ることでカサカサ肌を防ぐ事ができます。2~3歳までこの機能が未熟です。

お風呂は38度~39度以下のぬるま湯で長風呂はNGです。肌の水分が蒸発しやすく、水分が減ります。水分が減るということは乾燥の原因ですよ。

夏は1日に何回かシャワーに入る事があると思いますが石鹸は1日1回にしましょうね。清潔を保つ事はとても大事ですが、タオルでゴシゴシ洗うのはダメです。

石鹸をよく泡立てて優しくなでるように洗ってあげてください。石鹸は低刺激、赤ちゃん用、無添加等赤ちゃんの肌に優しい原料の石鹸やボディソープを選んでくださいね。

赤ちゃん用の保湿入り入浴剤を使うのもおすすめです。

保湿でバリア再生!拭いたら水分が逃げない10分以内に保湿しましょう。

汚れや汗を拭いたあとやお風呂上りは皮脂が洗われてほぼない状態です。そこに脂分を補い人工的バリアを作り肌を保護しましょう。

保湿剤も石鹸同様、刺激の少ない優しい原料のものを選びましょう。耳の付け根や首周辺、シワの間もしっかりと優しくたっぷりと保湿してあげましょうね。

優しい原料のものでも赤ちゃんによって合う合わないがあるので使ったあとは肌の観察をしっかりしてくださいね。

部屋の温度/湿度にも気を付けましょう。肌に理想的な温度25度前後、湿度60%です。

引っ掻いて搔き壊さないよう爪を短く切りましょう。

赤ちゃんは新陳代謝が高いので年中汗をかいています。あせもが原因で乾燥肌になりやすいので汗をかいたら、汗が乾く前に拭いてあげましょう。

汗の成分は乾いても刺激として残ります。

こすらず叩くように優しく拭いてあげてください。そして汗を吸った服は固くなり吸水性もダウンするのでマメに着替えるようにしましょうね。

乾燥肌とアトピー性皮膚炎

乾燥肌が悪化すると肌が真っ赤になり皮がむけたりします。

「これはアトピー性皮膚炎?」

と心配するお母さんも多いと思います。

私もその1人でした。乾燥肌の原因の1つ乳児湿疹は半年以内に肌が改善するのに対し、半年以上たっても良くならない場合はアトピー性皮膚炎を疑います。

ただ月齢が低いと判断しにくい皮膚炎です。アトピー性皮膚炎の場合、原因となるアレルゲンが色々考えられますが、乾燥肌が原因となりアトピー性皮膚炎を招くという事もわかってきているようです。

やはり日々、肌を丈夫に保つ為のケアが必要なのですね。

乾燥が良くならず病院を受診すると薬を処方される事があります。薬の使い方を間違えると悪化するので必ず医師に1回の使用量やどのように塗るのか等確認しましょう。

ここで1つ、私の体験談ですが、次女の乳児湿疹によるカサカサが良くならず、最初の小児科で処方された薬で顔が腫れ、1件目の皮膚科で処方された別の薬で良くならず、2件目の皮膚科で良くなったり悪くなったりを繰り返しその時点で「アトピー性皮膚炎の疑いあり」と診断されていました。

あまりに良くならないので3件目の皮膚科に行きそこで「アトピー性皮膚炎ではなくカビによるただれ」と診断されました。

このカビは今まで処方されていたアトピー用の薬では改善する所か悪化するとの事で、3件目で処方された薬でようやく肌がきれいになりました。

プロでも判断が難しいアトピー性皮膚炎です。薬1つで良くなったり悪くなったりします。処方された場合は医師に使い方を確認して薬をぬったあとの観察もしっかり行ってくださいね。

まとめ

  1. カサカサ肌の原因。
  2. 肌のバリア機能の守り方、作り方。
  3. 乾燥肌とアトピー性皮膚炎。

自宅でのケアでカサカサ肌が良くならない場合は悪化する前に病院で相談しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です