腹筋ダイエットで効果的に痩せるには!?沢山やらない&毎日やらない?

腹筋ダイエット1

「マッチョになりたいわけじゃない!でもたるんだお腹は引き締めたい!」

そんな想いから、腹筋でダイエットをしようと思った方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。

引き締まったお腹は万年ダイエッターである私の永遠の憧れでもあるので、私も過去に何度も腹筋ダイエットにチャレンジしてきました。

でも腹筋ちゃんと鍛えられたかが判断しづらく、どれだけやるのがベストなのかがイマイチわからなかったりしますよね。

今回は効果的に結果を出す為に、毎日やるべきか、何回やるべきかなどを見ていきたいと思います。

腹筋ダイエットとは?

腹筋ダイエットとは、その名の通り「腹筋をすることでお腹周りの筋力を鍛え、脂肪を減らす」ダイエット方法です。

ダイエッターなら誰でも憧れる引き締まったお腹や、割れた腹筋を作りたいという方にオススメです。

腹筋運動自体もカロリーを消費しますので、脂肪燃焼効果もあるというわけです。

オススメの腹筋トレーニング方法

効果的に腹筋を鍛えられる2種類のトレーニングを紹介します。

腹筋上部を鍛えられるトレーニング

  1. 仰向けになり胸元で手を交差します。ふくらはぎと床が平行になるように足を持ち上げ、膝を90度に曲げます。
  2. 腹筋に力を入れ、お腹を軽く曲げて頭を持ち上げます。
  3. 息を吐きながら、上体をゆっくりとおへそを見るように持ち上げます。
  4. 息を吸いながらゆっくりと2.に戻ります。頭を床につけてしまわないように注意します。
  5. 3、4の繰り返しを10回程度1セットとし、ゆっくり行います。

腹筋下部を鍛えられるトレーニング

  1. 仰向けになり両手を床につけます。足を天井方向にあげます。
  2. 腹筋を丸めるようにして、腰からお尻を床から浮かせます。
  3. 腹筋の力を使いながら、1の姿勢に戻ります。

この繰り返しを10回程度1セットとし、ゆっくり行います。

腹筋ダイエットは沢山やらないで!

私も以前勘違いしていたのですが、腹筋運動は沢山やれば良いというものではありません。

「沢山やったら効果も大きいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、ただ闇雲に回数を増やしても筋力は効果的に鍛えられません。

腹筋に限らず筋力トレーニング全般に言えることなのですが、1セット10〜13回くらいで限界になる負荷でやることが大切なのです。

「負荷をかけてゆっくりと10回程度」で鍛えるのが一番効率的に鍛えられます。

私は過去にダイエットしようと思って、毎日高速で腹筋を100回していたことがあったのですが…

これはあまりいい方法ではなかったようですね。

毎日やれば良いと言うものでもない!

筋力を鍛えるのってどういうメカニズムか知っていますか?

筋トレをすると筋肉に負荷がかかり筋組織が傷つきます。

するとその傷ついた筋組織を元よりも強くしてくれる超回復が起こります。

筋肉はトレーニングしている最中に作られるのではなく、トレーニング後の休息中に作られるのです。

つまり筋トレと休息はセットになって初めて筋力アップの効果が見込めるので、毎日腹筋をし続けるのは効果的とは言えません。

特に筋肉痛を発症している時にはしっかりと休息をとってあげることで、より筋力を鍛えられるというわけです。

「筋肉痛だけどダイエットの為に毎日頑張ろう!」

と思う方も多いとは思いますが、こういう考えは逆効果というわけなんですね!

毎日腹筋運動をすることがダメとは言いませんが、一日置きにする、鍛える部位を日によって変える、筋肉痛がある日は休むなどのルールを決めて行うと良いでしょう。

私の場合は上に書いたトレーニング方法2種を、1日おきに交互で行っていました。

腹筋ダイエットの効果

腹筋ダイエット2
結論から言うと、

腹筋運動だけで体重を減らせると思わない方が良い

です!

腹筋運動をダイエットとして取り入れる場合の定説ですが、よく「基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい身体になる」といったものがあります。

理屈はなんとなくわかりますが、そうなるまで腹筋を続けるなんてものスゴーーーーク時間がかかるんです!

爆発的に筋肉をつけるようなトレーニングとか、長期間かけて肉体改造をするくらいじゃないと、体重減少につながるほどの筋肉をつけるなんて難しいのです。

脂肪より筋肉の方が重いので、体重計の数値だけで見ると太ったなんて人もいるのではないでしょうか。

私も過去にダイエットで何度も腹筋運動を取り入れていますが、腹筋運動だけで体重が減ったことなんて一度もありません(泣)

腹筋ダイエットで効果が出てくるのは、鍛えた部分、つまりぽっこりお腹をへこますことができるくらいです。

痩せる…と言うよりは、引き締まったお腹を手に入れたいという方にオススメのダイエット方法だと思います。

「でもそれじゃあダイエット効果としては少ない…」

と思ってしまう人もいますよね。

そんな方は腹筋運動のあとにウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を取り入れるのがオススメです!

有酸素運動は筋トレのような無酸素運動と違って脂肪を直接消費しますので、手っ取り早く脂肪を減らせます。

先に筋トレをすることで分泌されるホルモンが脂肪を燃焼しやすい形に変化させてくれるので、ただ有酸素運動をするだけよりも効果は倍増します!

まとめ

腹筋ダイエットとは腹筋をすることでお腹周りの筋力を鍛え、脂肪を減らすダイエット方法です。

ポイントは負荷をかけてゆっくりと数回行うこと。無理に沢山腹筋を行うのは逆効果です!

腹筋運動だけで体重減少を目指すのは難しいので、有酸素運動や食事制限など、何か別のダイエット方法と併用するのがオススメです。

憧れの引き締まったお腹を目指して頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です