美白ケアに鬼使えるマスク!ダブル使いで明日からモテ女子に!!

美白マスク

みなさん、こんにちは!

夏だけでなく、一年中美白対策に追われていることと思います。

とはいえ、美白化粧品は多数発売されていますし、自分にとってどれが合っているのか、さっぱり分からないということもあると思います。

なにしろ、ほとんどすべての化粧品にUVカットや美白効果があると表示されていますから。

私も化粧水からファンデーションまで、なにかしらUVカットだったり美白成分がはいったものがあったり。

いったい効いているのかどうか、分からなくなってしまいそうになります。

美白は基本的に予防とアフターケアが必要です。

日に焼けないことも必要ですし、日差しを浴びてしまった後は肌をクールダウンさせて美白成分の入った化粧品を使用するなど。

今回は、そんな美白ケア対策として、“マスク”に焦点を置いてご紹介したいと思います。

美白の道も一歩から!まずは2種類からはじめてみて

さて、美白へのアプローチは2方向からの対策があります。

1つ目はそもそも日焼けをしないように予防すること。

2つ目は日焼けしてしまった後、メラニン色素の沈着をさせないようにケアするもの。

というのも、もともと個人の肌の色を白くすることはできないのです。

日焼けしてしまった後、メラニン色素が細胞内で生成されます。

それが、細胞内に蓄積されることによって、肌が浅黒くなり、いわゆる“日焼けした状態”になるのです。

このメラニン色素は肌を紫外線から守る役割をしているのですが、日焼けだけではなくシミやくすみの原因になります。

しかし、ターンオーバーを促すことで、メラニン色素が沈着した細胞が角質となって剥がれ落ち、もとの肌の色に戻すことができるのです。

ここで、そんな美白に有効な二つの対策を見てみましょう。

日々の日焼けケアに美白化粧品から!

美白といえば保湿!と言っても過言ではないほど、水分補給は大切なんですよ。

肌のうるおいが保たれれば、ターンオーバーを促しやすいのです。

マスクといっても、保湿や肌質を整えるためには2種類があります。

・フェイスマスク

化粧水がたっぷりと浸してあるタイプです。

洗顔後にパックすれば、マスクが肌へ密着して化粧水が浸透しやすくなります。

化粧水を手で付けるよりも、潤いが増します。

最近では毎日でも使える低価格のフェイスマスクも販売されています。

私も最初は潤いを求めてフェイスマスクを使用していましたが、使用を続けいると、鼻の角栓が目立たなくなるというおまけが付いてきました!

・クリームマスク

クリームタイプのものは、基本的に洗い流すものとそのまま洗い流さないものがあります。

やはりこちらも保湿に有効です。

また、スクラブ成分が入っているものもあり、角質を落とし、肌のトーンが一段上がることもあります。

また、毛穴の汚れが取れることで、肌の透明感が増し、肌が白く見えることも!

とはいえ、スクラブ入りのものはお肌の角質を削るので、使用頻度は表示されている間隔をまもりましょう。

とはいえ、日々のケアとして、またプラスケアとして、使用してみてはいかがでしょうか?

ケアも大事だけど、予防も大切!

日に焼けてしまった後、肌の炎症を抑えたり、保湿をしたりとして、美白対策をすることは必要です。

が、美白対策として、もっとも有効なのは予防です!

日焼け予防のグッツと言うと、UVカットの日傘や帽子、アームカバーなどがありますが、文字通り“マスク”があることをご存知でしたか?

紫外線は太陽からだけではなく、地面から照り返し降り注ぎます。

そのため、帽子や日傘で上からの紫外線をカットするだけではなく、スカーフやマスクのように隙間なく露出から肌を守ることが大切です。

そしてこれは美白だけではなく、花粉対策にも有効なのですよ。

ただし心配になるのが、すこし暑いのではないか?ということですよね。

ですが、生地がメッシュタイプのものもあり、真夏でも使いやすいように工夫されています。

また、ウィンタースポーツ用があったりしてかなりのバリエーションが販売されていますよ。

こちらは、日差しの強い日中に出歩かなければならない方や、紫外線アレルギーの方におススメです。

まとめ

  • 美白対策は予防とアフターケアを!
  • フェイスマスク&クリームマスクでパックして潤いを保つ。
  • 予防にはUVカットマスクで紫外線を浴びないようにする。

予防+アフターケアはかなり大切です!

2つのケアをしていくことで、美白にまた一歩近づけるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です