美白のために注射!?本当に効く??効果って??金額は??

美白注射

肌のくすみとかシミって、今は病院で治療するものだって知っていましたか?

ずっとシミやくすみのない肌って、もう手にできないものだと思っていました。

けれども技術の発達で、化粧品は徐々に安く手にすることができるようになり、現在ではなんと注射薬もあるんです!

とはいえ、まだまだ分からないことの多い美白注射。

分からないものを試すのは、ちょっと怖いですよね。

けれど、ちゃんと調べていけば、騙されずに済みますし、勘違いからがっかりすることもないと思います。

今回は、遠くの存在だった美白注射をご紹介したいと思います!

まずは美白の仕組みを知ろう!

いくら美白を求めていても、美白のことをちゃんと知っていないと、どんな対策をとっていいのかわかりません。

そもそも、美白とは元の自分の肌の色によるのです。

自分の生まれ持った肌が小麦色なら、肌の色は濃くなることすれ、白くはならないのです。

美白とは、日に焼けてしまった肌を元の色に戻すこと。

肌が焼けることで増えたメラニン色素を、ターンオーバーによって排出すること。そして、そもそもメラニン色素の生成を抑えることを言うのです。

メラニン色素を生成しないためには、日焼け止め対策をしましょう。

例えば日焼け止めクリームを塗ったり、紫外線カットの帽子やスカーフを使用するなど。

また、できてしまったメラニン色素、シミやくすみなどは美白化粧品を日ごろから使用することで、ターンオーバーを促しましょう。

肌がみずみずしく潤んでいることで、ターンオーバーしやすいのですよ。

とはいえ、気になるのは美白注射のお話です。

病院にまで行って、注射を打つのですから、どんな効果が期待できるのか、気になりますよね?

やっぱり金額は高いのかとか、怪しげな成分を使ってないの、とか。

気になる注射はどんなものなの?

ポピュラーな注射薬はプラセンタ注射薬といいます。

プラセンタ注射には主にラエンネックやメルスモンと言われる二種類の薬があり、どちらかを選択したり、もしくはクリニックによって決められています。

とはいえ、美白目的では2つの薬に効果の差はあまりないようです。

さて、このプラセンタ注射、これは様々な効果が期待できる医療薬であり、その一つの効果として美白効果が期待されるのです。

その他にも、更年期障害や生理不順、肝機能障害などに効果があるとされています。

もちろん、美白対策として利用するには、保険は効きません。

そして、クリニックによっては、そのほかにもビタミン剤を調合したり、成分や金額に差をつけているようなのです。

 金額や使用頻度はどれくらい?

気になるのは金額ですよね。

そして、いったい何回注射すればいいのか?

美白効果として売り出しているクリニックは、やはり値段に差があります。

その上、注射にしろ美白化粧品にしろ、続けて使用しなければ効果は期待できません。

クリニックによって金額は違いますが1,000~9,000円ほどと、開きがあります。

これはクリニックによって、プラセンタ注射の成分にビタミン剤を加えたりして、他のクリニックと差をつけているからだと考えられます。

自分に合った病院を見つけることが必要です。

高い値段でも、自分に合っていなければ全く意味がないですからね。

まずはお試しで利用してみては?

注射薬の効果を期待できるには10回ほど継続して、注射していかなくてはなりません。

1,000円ほどのプラセンタ注射ができるところを見つけても、10回ですから1万円以上かかります。

(とはいえ、一度に9,000円かかるところもあり、そうなると9万円!もかかってしまうことになってしまいます)

一度試してみるには、値段を抑えて、夏の終わりなど日に焼けてしまった後の集中治療として利用してみるのはいかがでしょうか?

実は保険が効く場合もあるので、一度、医師に相談してみては?

もちろん、日頃の美白対策は必要ですよ。

注射のみで、美白は作れません。

日頃から、日焼け止めクリームや日傘を使うなど、対策を試みてください。

また、美白に効くビタミン類を積極的に取り入れてみることも必要です。

まとめ

プラセンタ注射薬にはほとんど副作用がないと言われていますが、やはり個人差があります。

信用できるクリニックを選ぶことが必要です。

  • クリニックによって価格が違うのでしっかりとクリニックを選ぶ。
  • 保険が効く場合もあるので、医師に相談する。
  • 日頃からの美白ケアも忘れずに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です