置き換えダイエットは即効性が魅力!効果的なやり方と意外な落とし穴とは!?

置き換えダイエット1

ダイエットをするにあたって、成功の鍵を握るのは日々の食事です。

とは言え、「痩せたいけどカロリー計算って面倒!」

なんて方も多いのではないでしょうか?

置き換えダイエットはその名の通り、日々の食事をダイエット食品に置き換えるだけですのでとっても簡単です。

食事の準備が面倒な人、仕事で夜が遅くなってしまう忙しい人にぴったりです。

成功者も多くダイエット効果が非常に高い方法と言えます。

実は私もこの置き換えダイエットの経験者で、過去に10kgの減量に成功したことがあります。

その経験も踏まえ、どうすれば効果的に置き換えダイエットで痩せることができるかのポイントや置き換えダイエットの落とし穴を紹介したいと思います。

き換えダイエットとは?どうやるの?

置き換えダイエット2

 

そもそも置き換えダイエットとは、

1日3食のうちの12食をダイエット食品などに置き換えるダイエット方法

のことを指します。

食事をダイエット食品に置き換えることで1日あたりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としています。

りんごダイエットやバナナダイエットなど、昔から有名なダイエットも同じ置き換えダイエットです。

現在では置き換える食品がシェイクやスムージーなどの形で市販されているものを使用するのが主流です。とっても便利で簡単ですよね。

では、置き換えダイエットはどのようにやればいいのでしょうか。

やり方はとってもシンプルです。

普段の食事より低カロリーかつ栄養価が高い食品を選び、朝食・昼食・夕食のうち12食だけ置き換えます。

個人的には夕食だけ置き換えるのがオススメです。

朝と昼はきちんと食事を食べた方が体温が上がって痩せやすくなりますし、夕食後は寝るだけですのでエネルギーがそれほど必要ではないからです。

効果はある?

きちんと継続できれば比較的短期間に効果が出やすいです。

元々沢山のカロリーをとっている人ほど、普段より摂取カロリーを減らすことができますので、効果が高いです。

私の場合は最初の1週間ですぐに効果が出始めました。

元々食べ過ぎだったので、2kgぐらい一気に落ちたのです。

体重の増減はありましたが、およそ2ヶ月程で10kgの減量に成功。

即効性が魅力のダイエット方法と言えます。

成功のための効果的なポイント

1.置き換える食品選びに気をつける

置き換える食品を決めてしまえば、あとは継続するだけの置き換えダイエット。食品選びは重要です。

以下の点に気をつけて選んでみてください。

  • カロリーが低く、栄養価が高いもの。
  • 満腹感があって美味しいもの。
  • 一定期間続ける必要があるので経済的に続けられるもの。

私の場合、色々な置き換え食品を試してみましたが、オルビスのプチシェイクが一番好きで愛飲していました。

牛乳を注ぐだけで良いので準備も簡単。とっても甘くて美味しく腹持ちがいい。しかも一食あたりが200円程度と、ダイエット食品の中では比較的安く手に入ります。

どんなに効果が高くても味が美味しくないと続きません。

低カロリーで栄養があればどの食品を使っても良いわけですから、色々な食品を試してみてもいいですね。

2.停滞期を乗り越える

摂取カロリーが減っているので当然体重はスルスルと落ちていきます。

…と思っていたら、

「突然体重が落ちなくなった!むしろ増えてしまった!?なんで?」

と体重減少が停滞気味になってしまい、ダイエットを諦めてしまう人って結構多いです。

いわゆる停滞期です。置き換えダイエットはほとんどの方がぶつかるかと思います。

置き換えダイエットに関わらず、食事をメインにしたダイエットを行なっていると、しばらくすると体がダイエットの生活に慣れてしまい、体重が減りにくくなってしまいますががここで諦めてはいけません。

きちんと継続していれば必ずまた体重は減りはじめます。

置き換えダイエットは小刻みな体重の増減を繰り返してだんだんと痩せていきます。グラフにするとジグザグしながらだんだん下がっていくイメージです。

少しくらい体重が戻っても置き換える習慣を徹底する強い気持ちが大事です。

停滞期でなかなか減らない時は、ダイエットをやめるのではなく、

  • 運動を取り入れてみる
  • 置き換え食品を変えてみる

などで気分転換をしてみるといいですよ。

3.誘惑に打ち勝とう

慣れるまではとにかくお腹が空きます。とても辛いです。

私もダイエット中お腹が空きすぎて、何度冷蔵庫を見に行ったことか…。

そんな時のために、カロリーが気にならないおやつを準備しておくと、ドカ食いに走らなくてすみますのでオススメです。

空腹が辛い時には早めに寝てしまうのも良いでしょう。

同居している家族がいる場合は理解が必要です。

食事を一緒に摂らなくなるわけですから、心配されて無理に食事を勧められたりします。

どういったダイエットを行うのかを事前に説明し、協力を仰ぎましょう。

また、友人にはダイエット宣言をしておくと、外食に誘われた際にも周りに気を使わずにすみます。

置き換えダイエットの落とし穴!

置き換えダイエット3

 

置き換えダイエットはやり方さえ守れば確実に体重を減らすことができます。問題はその後です。

そう、このダイエット…

「通常の食生活に戻す時が一番難しい」のです。

つまりリバウンドしやすいダイエット方法なんですよね。

冒頭に私自身10kg痩せたと書きましたが、実は私、リバウンド経験者でもあります。

10kg痩せて、その後半年で元の体重に戻ってしまいました…。

しかも、繰り返しているうちになかなか痩せられない体質になってしまいました。

こんなことなら最初からダイエットなんてしなきゃよかった…リバウンドするたびにそう何度も思いました。

ですが、リバウンドするということは、その前にきちんと体重が落ちているということです。

きちんとリバウンド防止をしてあげれば良いのです。

置き換えダイエットを実践した後は、身体が「飢餓状態なのかも」と勘違いをし、栄養を身体に溜め込みやすい状態にしています。

そんな時に減量前の普通の食事に戻してしまうと一気に栄養を身体に吸収して溜め込んでしまいリバウンドに繋がってしまいます。

それを防ぐために、復食期間を設けましょう。

置き換え食品からいきなり元の食事に戻すのではなく、1週間程度かけてゆっくりと戻していきます。

戻すといっても、ダイエット以前の食生活そのものに戻してはいけません。

できるだけ規則正しく栄養バランスの整った食事を心がけて、体重の維持をしていきましょう。

まとめ

置き換えダイエットは夕食を置き換えると効果的!

健康的に痩せるためにも、置き換え食品は栄養バランスの整った食品を選びましょう。

ダイエット後のリバウンド対策として復食期間を設け、普段の食生活の見直しをしましょう。

ダイエットは痩せたらそこで終了するものではなく、ずっと続けていくものです。

焦らず、無理をせず、健康的に体重を減らせると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です