歯磨き粉の選択で美白を手に入れられる!?ホワイトニングと磨き方!

美白歯磨き粉

ニコっと笑った時に、こぼれる白い歯は年齢も性別も問わず、みんな憧れるもの。

笑顔の練習をしていても、歯が黄ばんでいると、なんだか雰囲気が台無しになってしまいますよね。

どうして歯は黄ばむのか?

原因はなんとなく分かっているけど…

年齢と共に自然と黄ばむだけではなく、コーヒーや紅茶などの色素沈着。

毎日、コーヒーを頂く身としては、なしの生活は考えるだけで、寂しくなります。

だからこそ、デイリーの美白ケアは欠かせないんです!

今回は、美しい白い歯を目指して、私たちにできることをご紹介したいと思います。

そもそも歯が黄ばむ原因って?

みなさん、歯が黄ばむ原因ってご存知ですか?

最初に思い浮かぶのが、ステインと呼ばれる色素がある、日ごろから摂取している食品のせい。

例えば、コーヒーとか紅茶とか、お酒が好きな方はワインなども思い浮かぶのでは。

それに、たばこも歯の黄ばみの原因になるのです。

たばこをたしなむ方の歯は、やはり弱くなっている気がします。

また、歯石や虫歯、歯の詰め物なども歯が黄ばんだ状態になる原因になります。

加えて、老化により人間の歯は自然と黄ばんでしまうのです。

というのも、歯の表面のエナメル質の内側は象牙質なのですが、これはもともとの色が黄色です。

老化やブラッシングなどでエナメル質がはがれると、象牙質が現れ黄色くなってしまうのです。

では、もう私たちの歯は黄色くなる運命なのね…そう思った方、朗報です。

ホワイトニングで歯の黄ばみは改善されるのです。

現在では歯医者さんでもホワイトニング治療を行っているところは多いですし、デイリーケアで歯を白くすることもできるのです。

では、自宅でできる歯の美白はいったいどういうものでしょうか?

デイリーケアに最適!美白歯磨き粉

CMでもおなじみになってきた、ホワイトニング効果のある歯磨き粉。

最近では数多くの種類があり、選べる幅もグッと広がりました。

もちろん、自宅でできるものなので、歯科クリニックで治療した時のように、早く確実に白くなるというわけにはいきません。

根気と継続が必要になりますし、個人差が出やすいんです。

お家でコツコツと頑張りたい方、またそこまで色素沈着が気になってない方向けかもしれません。

また、歯磨き粉だけではなく消しゴムと呼ばれるものや、マウスピースのような美白に特化した商品も販売されています。

磨きすぎにも注意!知らない間に、あなたのエナメル質削れているかも

ホワイトニング歯磨き粉で注意してほしいことは、研磨剤だけのものです。

磨きすぎにも注意なんです

もちろん、それを補うためにフッ素入りのものが多いとは思うのですが…

自作の重層歯磨き粉などでは特に注意が必要です。

美白歯磨き粉に加えて、マウスウォッシュタイプのフッ素で仕上げするのがおススメですよ。

また、歯医者さんでのクリーニング後のように、塗るタイプのフッ素でケアするのも。

フッ素は虫歯予防にもいいのです。

オーストラリアの方では水道水にフッ素が含まれているため、虫歯になる人がすくないのだとか。

羨ましい限りです!

素早く効果を出したい方に、本格的な歯科クリニックでの治療を!

やはり、すこしお金をかけてでも歯を白くしたい!そんな方はやはり歯科クリニックです。

通っているクリニックでホワイトニング治療も行っていれば、相談してもいいかもしれません。

ですが、良心的なところですと「まだそんなに黄ばんでいませんよ」と言われて、断られてしまうことも。

加えて定期健診でクリーニングするだけで、歯の黄ばみが軽くなることも。

そこから歯磨き粉などを使ってセルフで行っていくのもいいかもしれません。

というのも、ホワイトニング治療はもちろん自費。

加えて、ホワイトニングには自宅でできるホームホワイトニングと、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングがあり、値段も倍くらい変わってきます。

ホームホワイトニングでさえ、マウスピースの型をとったり診察料などでそれなりに高くつきます。

そこから毎日自分でケアしなければなりませんしね。

まとめ

美しい白い歯に憧れるのは、いつの時代も変わらないものです。

コツコツと地道にホワイトニングするもよし、歯医者さんに駆け込むのもよしです。

  • 美白歯磨き粉を使ってみる
  • フッ素ケアを忘れずにする
  • ホワイトニング治療を行っている歯医者さんに駆け込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です