栄養補充レシピで食べるダイエットを大検証!

ダイエットとレシピ1

最近のダイエットは置き換えダイエットや酵素ダイエットなど、なるべく食べないという方向に傾いてきていますね。

食べなきゃそりゃ痩せるでしょ!って思いますよね。

私も以前はその概念通り、全然食べないでカロリー制限をするダイエットに励んでいました。

炭水化物はもってのほか!なるべく一食200キロカロリー以下!かなりキツイダイエットだったので、結果はすぐについてきました。

1か月で見事7キロもの減量に成功したのです!

たった1か月で7キロの減量に成功した私は嬉しさのあまり、もっと食べなくなってしまいました。

そして、待ち受けていたのは壮絶なリバウンドと婦人科系の病気発症でした。

カロリーだけ制限すると簡単に痩せますが、のちのち大変な目に遭います…。

私の間違ったダイエットと、その後のダイエットレシピで体重を戻したお話をご紹介します。

急激に痩せるとこうなる!

スルスル痩せていくとゲームのようでとっても楽しいですよね。

私のダイエットは、ある日の夕飯を抜いたら、体重が翌日にガクンと減ったことに嬉々として始まりました。

最初は夕飯を軽めにする程度だったんですが、毎朝減っていく体重の下げ幅をぐんと広げたくて、ランチの量まで制限するようになりました。

次第にカロリー制限だけでは飽き足らず、毎日のように熱心にスポーツジムへ通うようになりました。

カロリー制限した体で運動すると、本当に面白いように体重が毎日減っていくんです。

体重計に乗って減っていく体重を記録することが趣味のようになってしまった私は、朝ご飯以外はほとんど食べないで運動ばかりするようになりました。

おかげで1か月に7キロも減量し、絶対に履けないと思っていた細いホットパンツも履けるようになってしまいました。

当時は細くないと可愛くない服を買いあさり、細くなった手足をこれでもかと出して街を悠々と闊歩していました(笑)

ただ、心配なことがありました。

それは、毎日とってもイライラして、お腹がすくこと。

さらに一番心配だったことは、

待てど暮らせど月経がこないこと!!!!!!!!!

当時、特定の男性と付き合っていたわけではないので妊娠はありえませんでした。

ダイエットの弊害で月経が止まったとしか考えられませんでした。

月経が止まる→子宮が本来果たすべき業務をしていない→子宮としての業務停止

この三段論法に考えがいたった瞬間、かなり悩みました。

将来、最悪子供のできない体になったらどうしよう??

こればっかりは絶対に嫌だったので、急遽食生活を元に戻すことにしました。

急激なダイエットは、月経がとまる原因のひとつです。

目安として考えるべきは、1か月に4キロ以上の減量は月経がとまりやすくなります。

食生活を元に戻した途端の大リバウンド!

折角痩せたんですが、子供の産めない原因がこの時のダイエットだったという風になりたくなかったため、月経が正常にくることを祈り、ダイエット前の食生活に戻しました!

するとスルスル体重が増えていき、ダイエット前の体重を超え、あっという間にダイエット開始前の体重から、プラス5キロ増えてしまいました!

痩せるのに1か月、太るのにも1か月。ものすごく忙しい1か月でした(笑)

ダイエット成功時から逆算すると、12キロの大リバウンドです!

もうダイエット前の服すら入らない始末でしたが、好きなものを好きなだけ食べられる喜びを毎日噛み締めていました。

リバウンドしてしまいましたが、正直ダイエット成功時よりもすごく幸せを感じていました。

しかし、月経はきてくれなかったので、婦人科を受診し、治しました!

この時、自分から「食べる」という喜びを奪ってはいけないんだと理解しました。

と、同時に太りすぎたこの体を、今度は食べながら痩せてみようとも決心。

食べて痩せる中心食はレバー!

ダイエットとレシピ2

私が食べて痩せようと決心してから、ネットで検索しまくった結果、レバーが私のダイエットの中心食として候補が上がりました。

レバーは女性の不足しがちな栄養である

鉄、ビタミンB群、カルシウム

が豊富なので、これに野菜を加えれば最強の食事だ!と独自の栄養論を作り出したのです。

適当な独学で始めた食べるダイエットでしたが、5か月かけてダイエット前の体重に戻すことができました!白米もおいしくいただきながら、5キロ減量できたんですよ♪

最後に、特にお気に入りだったレバーのレシピをご紹介しますね!

トマトとアスパラとレバーのオイスターソース炒め

1、牛レバーは、食べやすい大きさにそぎ切りにし、酒、醤油、片栗粉各少々をもみこむ。

アスパラは下の固い部分を切り落とし、さらにピーラーで下のほうだけ皮をむいてから、4㎝長さの斜め切りにする。

トマトは一口大に切り、にんにくは薄切りにする。

合わせ調味料は合わせておく。

2、フライパンに油大さじ1を熱し、牛レバーをさっと炒めて、バットなどに一度取り出す。同じフライパンに油を少々足し、にんにくを炒める。

香りがでて来たらアスパラを加え、色が鮮やかになるまで炒めたら、牛レバーを戻し入れ、さらにトマトを入れて炒める。

3、合わせ調味料を加えて炒め合わせ、水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつける。

最後にごま油少々をまわしかける。

まとめ

  • カロリー制限だけのダイエットは婦人病のもと
  • カロリー制限だけのダイエットは大リバウンドのもと
  • レバーは栄養豊富でダイエットの中心食として申し分なし

みなさんも美味しく痩せましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です