柑橘系はしみが増えるって本当!?しみに効果的な食べ物はなに?

しみと食べ物1

最近定着してきた「デトックスブーム」

スムージーやフレッシュジュースを朝食にしている人も多いのではないでしょうか?

手軽にいろんな種類の野菜や果物をとれるし、健康にもお肌にもよさそうですよね。

でもちょっと待って!

実は使う食材を間違えるとしみを増やす原因になってしまうかも…。

しみの改善に効果的な食べ物とそうでないもの、お肌のためにきちんと知っておきましょう。

しみを増やす原因はソラレンにあった!

しみと食べ物2

柑橘系を摂取するとしみになってしまう。

その原因はレモンやオレンジなどに含まれる「ソラレン」という光毒性をもつ成分が原因です。

ソラレンを含む食べ物を摂取すると2時間ほどで皮膚表面に届き、ソラレンが皮膚表面にある状態で日光に浴びると…

皮膚がダメージを受けてしまい、しみが作られやすい状態になってしまうのです。

しかもソラレンは1度摂取すると効果が7時間も持続してしまうので、要注意!

日光に長時間あたる前、つまり朝ごはんや昼ごはんにはソラレンが含まれる食品の摂取は避けた方がよいでしょう。

ソラレンを多く含む食物

  • レモン
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • いちじく
  • キウイ
  • きゅうり

ソラレンが少ない食物

  • りんご
  • バナナ
  • ベリー類
  • トマト
  • 小松菜
  • キャベツ

やはり柑橘類は日光に当たる前に摂取してしまうと、しみが増える原因となってしまいます。しかし、柑橘類にはビタミンが豊富に含まれており、メラニンの生成を抑えてくれるので、朝・昼はさけて、夜はしっかり摂取するとよいでしょう。

これを食べれば怖いものなし!?しみに効果的な食べ物

では、しみに効果的な食べ物はどんなものがあるのでしょう?

3つの代表的な成分があるのでご紹介していきます。

特にしみができやすくなる紫外線が強い時期には、食事のメニューにこれらの成分を積極的に取り入れてしみ対策をしましょう。

ビタミンCを含む食べ物

しみと食べ物3

しみや美白に必要な成分だってことはほとんどの女性が知っているはず。ビタミンCは、しみの素となるチロシナーゼを抑えてくれ、しみを薄くする効果があります。さらに細胞にダメージを与え、シミを悪化させる活性酸素を抑えてくれる作用も。

柑橘類に多く含まれているイメージですが、以外にもピーマンやパセリにも多く含まれているので気軽に摂取できるため、こまめに摂取しておきたいですね。

ビタミンCを多く含む食品

アセロラ、パセリ、赤ピーマン、ゆず、キウイ、ブロッコリー

Lシステイン(メチオニン)を含む食べ物

しみと食べ物4

CMでこの名前を聞いたことがある方は多いはず。美白作用があることで有名なLシステインは、生活習慣や老化により遅れがちな肌の代謝(ターンオーバー)を正常化し、肌の生まれ変わりを手助けしてくれます。さらに代謝が上げることでしみやくすみ、肌荒れなどのトラブルを改善してくれるシミ改善には必須の成分です。

 Lシステイン(メチオニン)を多く含む食品

卵、さば、かつお、いか、チーズ

リコピンを含む食べ物

しみと食べ物5

トマトに含まれることで有名なリコピンの魅力は、なんといっても高い抗酸化力。老化スピードを遅らせてくれるという年齢を重ねていく女性にとって嬉しい作用が。さらに通常時に比べ、3割も日焼けを少なくする効果があるのだそう!

しかもしみだけでなく、しわにも効果が。一石二鳥のリコピンは、紫外線を浴びる前だけでなく、後にも摂取したい成分です。

リコピンを多く含む食べ物

トマト、スイカ、グレープフルーツ、柿、赤パプリカ

しみができやすくなる!NGな食べ物

実は最初に紹介した「ソラレン」を含む食べ物以外にもしみができやすくなるNGな食べ物が。それは白砂糖とカフェイン。

かなり頻繁に摂取する機会が多いのではないでしょうか。

白砂糖とカフェインは、どうしてしみができやすくなるのでしょうか。

白砂糖

しみと食べ物6

白砂糖を摂りすぎると…なんと活性酸素が大量に発生し、

細胞を傷つけてしまう原因となるのです。そのため肌が弱り、紫外線にあたった時に

しみやしわをつくり出してしまうのです。

チロシンを含む食べ物しみと食べ物7

チロシンは活性酸素と結びつくと、メラニンになってしまうという怖い特性を

もっています。ただ、チロシンは自律神経の調整にかかせない重要な成分。

ビタミンCを一緒に摂取すればメラニンに変化するのを抑えることができます。

チロシンを含む食べ物を摂取するときはビタミンCも同時に摂取するようにしましょう。

チロシンを多く含む食品

たけのこ、チーズ、大豆、かつお節、まぐろ、鶏肉

しみを改善!食べ物に関する知識・4ヶ条

  1. 紫外線にあたる前に柑橘類を食べるのは避けましょう
  2. ソラレンを多く含む食べ物を摂取してから7時間は、日光に当たらないようにしましょう
  3. しみに効果的な食べ物はビタミンC、Lシステイン、リコピンを含む食べ物
  4. しみにNGな食べ物は白砂糖とチロシンを含む食べ物

普段何気なく摂取している食べ物にもしみにとって良いものも、悪いものあります。

少し意識するだけでしみ対策になるので特に夏場は気をつけたいところ。

普段の食事からできるしみ対策で、紫外線に負けないお肌をつくりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です