授乳中は乾燥しやすい!薬は危険?!漢方薬で安全に乾燥肌を改善しよう!

乾燥肌と漢方

私は子供が三人いるのですが、三人とも完全母乳で育てました。しかし一人目の時に授乳中の乾燥肌にひどく悩み体や顔の乾燥によるかゆみを我慢することができず、掻いたことにより、酷い肌荒れを起こしてしまいました。

産後で体のあちこちが痛む中、肌までかゆく掻くことを我慢したり掻いて荒れたり、ストレスと感じてしまいました。

また下手に改善しようとして、授乳中の子供に影響が及んでしまうのが怖いという気持ちもありました。

そこで皮膚科に相談しに行き、漢方を活用することで乾燥肌から脱出することができました。

どんな漢方を使ったのかなどを紹介していきたいと思います。

授乳中は乾燥しやすい?!

普段から乾燥しない肌ではありませんでしたが、授乳中の乾燥はかなりひどく感じました。皮膚科に相談しに行ったときに、医師の方が親切に教えてくださいました。

授乳中は産後のホルモンバランスの乱れにより、肌が乾燥しやすくなったり荒れやすくなったりするそうです。

また、子供に与えている母乳は血液からできており、血液は約90%が水分でできているため、水分不足に陥りやすくなってしまうそうです。

自分の体を保つため、母乳を出すために水分が使われてしまえば、当然肌にまで十分な水分が廻らなくなってしまいますよね。

生活の中で改善する方法は?

最終的には、漢方で改善することができた私ですが、医師から漢方を処方される前に、試してみると良いとして教えてもらった方法があるので紹介します。

この方法で改善できれば、漢方を使用しなくても済むので良いですね。試してみてください。

水分補給をこまめに

授乳しながら肌の乾燥を防ぐためには、水分補給はとても大切なこととなるそうです。

授乳中の母親が一日に摂取すべき水分量としては、2リットルから2.5リットルほど必要とされています。

私も実際に水を多く飲もうとしたのですが、結構思っていたよりも大変でした。飲もう飲もうと思うとすると負担となってしまうため、いつでも飲める状態にしておき少しずつ飲みました。

それでも2~2.5リットルの水を飲むのは大変でした。

ジュースならとも思ったのですが、ジュースのように砂糖が大量に含まれているものを摂取してしまうと、乳腺炎になってしまう可能性が高いため、避けることをおすすめします。

保湿ケアをしっかりと

子供の授乳期はとても忙しく、睡眠もままなりませんし、赤ちゃんが保湿ケアをしているときに泣いてしまえば、中断し駆けつけなければいけません。

タイミングが悪く時間が取れないと、保湿ケアを怠ってしまったこともありました。

しかし、保湿ケアを怠るともちろん肌の乾燥は一気に加速してしまいます。

私はオールインワンのスキンケア商品に買い換えました。

栄養の整った食生活を

医師の方から、栄養の整った食事をするように心がけてみようと言われ、母乳の為にも乾燥肌の為にも、栄養のバランスの良い食事を心がけました。

しかしご飯を作っている時間が惜しいほど睡眠不足でしたし、睡眠不足も肌に悪いと言われていましたし、負担となりストレスを感じていました。

そのことを医師に相談したところ、ストレスも肌に悪影響となると言われ、負担とならない程度にバランスを考え、足りない栄養素はサプリメントで補うのも良いと言われ、気持ちが楽になりました。

漢方薬で乾燥肌を改善

漢方薬を処方してもらう前に、試してみると良い改善方法を教えていただいたのですか、多少の改善しか見られず、かゆみは治まらなかったので、相談したところ漢方を処方してもらえることになりました。

しかし、授乳中は薬を飲むと赤ちゃんに血液、母乳を通し移行してしまい危険だと聞いていたので、とても不安でした。

医師に飲んでも大丈夫なのかと聞いたところ、できるだけ控えることに越したことは無いが、赤ちゃんの発育や健康に害を及ぼす危険性は低いと聞き安心しました。

乾燥肌を改善できる漢方とは?

乾燥肌を改善することができる漢方薬を独自に調べてみたところ、いくつかの漢方薬がありました。

  • 四物湯

血液の循環を促進する作用があり、ホルモンバランスが整うため、乾燥肌の改善が見込める。

  • 温清飲

乾燥やアトピー性皮膚炎などの改善に効果的、血流も良くなり乾燥の改善が見込める。

  • 当帰芍薬散

女性が古くから活用してきた漢方で、血流が良くなる。冷え性の改善や乾燥肌、ニキビなどに効果がある。

この中で、私は皮膚科の医師から、当帰芍薬散を処方してもらいました。

当帰芍薬散を飲むときに気を付けること

当帰芍薬散は、体内の余分な水分を排出する働きもあるようで、医師から水分補給は欠かさずにと言われました。そのため水はしっかりと飲むようにしました。

水をそのまま飲みたくないと感じたときは、レモン汁を活用しました。レモン汁を数滴入れるとほのかに香るレモンの香りで飲むことができました。

また、炭酸水も味のついていないものなら、水と同じなので良く活用していました。気分転換にもなりますし、おすすめします。

まとめ

  • 授乳中は母乳を生成するために、普段以上の水分が必要となり、乾燥しやすい。
  • 水分補給、スキンケア、食生活で改善できる場合も多い
  • 漢方で乾燥肌を改善でき、授乳中でも安心
  • 水はレモン汁や炭酸水を活用すると飲みやすくおすすめ。

私は皮膚科にて漢方を処方していただき、服用しても特に異常はおきませんでした。酷い乾燥肌は、漢方を飲み続けることで、どんどん良くなっていきました。

また、二人目以降の子供の授乳中も処方してもらいましたが、特に問題なく育ってくれました。しかし、中には下痢や発汗など、様々な副作用が強く現れる体質の方も中にはいるそうです。

乾燥肌の改善に効果的だとされている漢方薬は、薬局でも販売されているものがありますが、できれば専門的な医師等に、肌の状態などを診てもらい処方してもらったほうが安全ですし、安心でしょう。

参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です