恋愛に妥協は必要?元セラピストである私の独自見解はこれ!

恋愛と妥協1

カップルしか使えないアプリBetweenさんによる7000人調査の結果に驚きました。

なんと83%の人が恋人選びの際、妥協していたというではありませんか!

確かに、妥協してでも相手が欲しい時ってありますよね。

その気持ちがわからないわけでもありません。

実際私も、妥協したことがあります。

何だか一人が寂しい、誰かと遊びたい、と思い、

付き合ってくれるなら誰でもいいか、と半分投げやりで

自分にはこの程度の人でしょうがないかな(なんて相手に失礼な!)

と、どこか諦めを感じているような状態でした。

なにも、妥協が良いとか悪いとか言うつもりはありません。

時と場合によって必要なこともあるでしょう。

例えば、一時的に気を紛らわしたい。寂しい気持ちをごまかしたい。

一人でいるのが耐えられない。一人でいると、どうにかなってしまいそう。

取りあえず告白されたからこの人でもいいや、付き合ってみよう。

一人で食事するよりまし。ご馳走してもらえてラッキー、等々です。

ただ、いつもいつも妥協して人と付き合うのは、いかがなものでしょう?

少なくとも、私にはもう無理です。

妥協とは?

恋愛と妥協2

妥協とは「本当は不本意なことではあるが、窮地を打開するために

自分の主義主張を取り下げ相手に一歩譲ること」です。

これって、自分を低くみていませんか?自己卑下していませんか?

自分の欠点、劣っているところにフォーカスし過ぎていませんか?

そんなにあなたは自信がないの?魅力がないの?

どこかコンプレックスでも抱えているの?負い目を感じているの?

それでいいの?って言いたくなります。

私は不本意なことなんてイヤです。自分の主義主張は曲げたくありません。

妥協してまで人と恋愛する位だったら、自分を磨くことに時間を使い、自分を高めます。

欠点、劣っているところ、自信がないところ、コンプレックスを克服するよう

努力する方がよっぽど前向きではありませんか?

美容・健康に気を使ってみたり、お洒落したり、

習い事をしたり、勉強したりする方がずっと有意義でしょ?

人ってある程度努力すれば何でも人並みにはなれます。

それなのに、大した努力もしないで、自分はこんなものだから

相手もこんなものじゃない?と妥協するなんて、もったいない。

自分が成長するチャンスをみすみす逃しているようなものです。

そしてもうひとつ、私が思うこと。

妥協ではなくて、ストライクゾーン・許容範囲を拡げるのがいいのではないでしょうか?

ストライクゾーンとは?

一見、妥協と似ている、ストライクゾーンの拡大。

いずれも恋愛対象者が増えることには違いありません。

でも、私にとって妥協とストライクゾーンの拡大は全く違います。

許容範囲を拡げることと、妥協することは別物です。

妥協はネガティブ、諦めです。

ストライクゾーンの拡大はポジティブ、まだ見ぬ可能性への挑戦です。

単なる捉え方の違いでしょ?と言われたらそれまでですが、

私にとっては天と地ほどの隔たりがあります。

先ほどお伝えしたように、私はもう妥協はイヤです、無理です。

ストライクゾーンを拡げるのはOKです。

妥協してまで付き合うことに、意味を見出せません。

それは虚しくなります。

でも、まだ見ぬ世界へ足を踏み入れるのはワクワクします。

具体的に言うと

私にとっての妥協の例は、

本当はAさんと付き合いたいのだけれど

自分はAさんに釣り合うとは思えないから

自分に好意を示してくれているBさんと付き合うのでいいかな?

の様な感じです。

自分の真の望みを諦めて、我慢しているような状況です。

対するストライクゾーンの拡大の例は、

今まで自分より年下の人を恋愛対象として考えたことがなかったけれど

新規開!年下もありかな?考えてみようかな?

という前向きなチャレンジです。

他には、日本人だけではなく外国人も恋愛対象として視野に入れてみることも

ストライクゾーンの拡大です。

まとめ

恋愛と妥協3

恋愛しよう、相手を見つけよう。

でも、なかなか見つからないな、と思った時、

私がおすすめするのは、妥協ではなく、ストライクゾーンの拡大です。

今まで思いもしなかった対象を恋愛相手として考えてみることです。

それは自分の世界を拡大することでもあります。

いい人いないかな?と思った時、取りあえず、で手を打たないこと。自分を過小評価しないこと。

直ぐにいい人が見つからなかったらまず自分を磨くこと。自分の世界を拡げること。

視野を広く持つこと。

すると、必ず素敵な恋愛が訪れます。

経験者の私が言っているのだから、これ間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です