恋愛で年下の男性を口説き落とす方法

恋愛と年下1

年下の男性が好きな女性は、少なくありません。

年下の女性が好きな男性と同じくらい、もしくはそれ以上いるのではないでしょうか。

年下の男性が好きであれば、できれば一緒になりたいですよね。

そこで、今回は「恋愛え年下の男性を口説き落とす方法」をご紹介していきます。

「精神的」に大人の女性であることが大切

恋愛と年下2

年下の男性を口説き落とすうえで大切なことがあります。

それは、精神年齢が大人であり、余裕を持っていることです。

余裕を持っているといっても、金銭面の問題ではありません。

男性が悪いことをしたときに、叱れること。

あなたが悪いことをしたときには、ちゃんと謝れること。

これができる女性が、「精神的に大人」だといえるのではないでしょうか。

リードされると年下の男性は安心する

恋愛と年下3

年上の女性に主導権を握ってもらうと、男性側は非常に安心します。

男性側の意見もあるでしょうけど、大人な女性であればその点を考慮してデートプランを組んでくれるはずです。

つまり、デートプランも安心して任せることができるのです。

なかには、プライドの高い男性もいます。

「なんで俺がリードされなきゃいけないんだ」という気持ちを持っている男性が当てはまりますね。

年下でプライドが高い男性については、「この子年下だけど、いざというときには頼りになるのよ」と立ててあげると良いかもしれませんね。

年下の男性を落とす方法

恋愛と年下4

つぎに、年下の男性を落とす方法をご紹介していきます。

話を聞いてあげる

恋愛と年下5

人間は誰しも「話を聞いて欲しい」気持ちを抱えています。

ストレス社会ですから、仕方のないことかもしれません。

そこで、話を聞くときに相づちを打ってあげましょう。

ただ、漠然と話を聞くという行為にも、その後に取るべき行動が2つに分かれてきます。

ひとつは、本当に愚痴や悩みを聞いて欲しいだけの人間。

このタイプの人間は、しっかりと相手の目を見て話している内容に耳を傾けて共感してあげましょう。

もうひとつは、解決策を探している人間です。

たとえば、狙っている男性があなたに仕事の悩みを相談してきたとします。

業種は、同じでも違っていても構いません。

悩みは、ほとんどが人間関係に関わることだと考えられます。

そこで、男性の意見も尊重しつつ「ここをこうすればもっと仕事で活躍できると思う」など、あなたにしかできないアドバイスをしてみましょう。

そのアドバイスがきっかけで、男性側からご飯の誘いが来るようになればしめたものです。

あなたから軽くアプローチを仕掛けてみましょう。

肯定してあげる

恋愛と年下6

男性は、自分の意見を肯定して欲しいと考えています。

その考えは、年齢に関係ありません。

なかには、あなたが好みの年下の男性が、肯定しがたい価値観を持っていることもあるでしょう。

それでも、一度すべての意見を肯定してあげる必要があります。

どうしても、「いや、その考え方は違うでしょ」とツッコミを入れたくなることもあるでしょう。

そんなときは、「あなたの考え方は素晴らしいよ、でもこうしたらもっと素敵になると思う」と、肯定したうえでアドバイスしてあげると良いかもしれません。

甘えてみる

恋愛と年下7

これは、お互いに信頼関係が気付けてきたら実践してみましょう。

ドラマなどでよく見かけるシーンですが、「今日は帰りたくないなぁ、泊まっていっても良い?」と甘えてみてください。

男性側からすれば、先輩として接してきたあなたが「女性」として甘えてきてくれているわけです。

よほどの事情がないかぎり、拒否する男性はいないと考えられます。

仕事帰りの電車待ちでも使えますよね。

「もう少し一緒に居たい(話したい)から、1本電車遅らせても良いかな?」といった台詞も、非常に効果があります。

他にも、甘えられるシチュエーションは日常の様々なところに転がっています。

ぜひ試してみて下さい

まとめ

恋愛と年下8

それでは、恋愛で年下の男性を口説き落とす方法を振り返ってみましょう。

  1. 話を聞いてあげる
  2. 肯定してあげる
  3. 甘えてみる

実際のところ、年下の男性から見ると年上の女性は近寄りがたい存在です。

だからこそ、あなたから積極的に誘っていきましょう。

あなたのような女性から誘われたうえに、上記の3つの口説き落とす方法を実践されたら、ほとんどの男性は落ちてしまうのではないでしょうか。

年下で好みの男性を見つけたら、ぜひともテクニックを駆使して口説き落として恋愛へと発展させていって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です