復縁の方法はひとつじゃない!復縁テクニックの選び方のコツ

復縁と方法1

別れた彼氏とどうしても復縁したい。そう考えた時にインターネットで色々なことを調べてしまうのではないでしょうか。インターネット上には様々な復縁テクニックが紹介されていて、自分と元彼の場合はどのテクニックを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。

別れの原因やお相手の性格に合わせて、必要なテクニックをカスタマイズしていくこととなりますが、復縁テクニックの選び方を間違えると、逆に復縁が遠のいてしまう可能性も…。

そこで、よく紹介されている復縁テクニックが、あなたの復縁に有効かどうか判断する基準についてご紹介します。

冷却期間が必要かどうかの判断

復縁と方法2

復縁テクニックのひとつで、しばらく連絡をとらずに過ごす「冷却期間」と呼ばれるものがあります。

冷却期間を取る意義は下記の通りです。

  • 両者の感情の高ぶりを鎮める
  • 自分が感情的にすがってしまうのを防ぐ
  • お相手の嫌悪感を薄める
  • 着信拒否など、お相手が連絡手段を断つ理由をなくす

逆に、以下の場合は冷却期間が必要かどうかよくよく考える必要があります。

  • 自分から別れを切り出し、相手が悲しんだ
  • 遠距離恋愛や激務で、相手に寂しい思いをさせて悲しませたため振られた

別れの直前や別れるときに、お相手が悲しみ、寂しがっていた場合は「連絡をくれず冷たい」と感じてしまい、取り返しがつかないくらい嫌われてしまう可能性があります。

冷却期間は時に逆効果となってしまう可能性がありますから、注意が必要です。

自分磨きが必要かどうかの判断

「自分磨き」というのは、お相手の気持ちを取り戻すために、自分の魅力を高める努力をする活動を指します。復縁活動をしていると、何度も目にしたことがある言葉ではないでしょうか?

まず、どのケースにおいても自分磨きは有効です。「自分磨きが逆効果」ということはそうそうないので、前向きに取り組みましょう。

しかし、自分磨きには2種類あることを念頭に置き、ご自分にはどちらが大切かを知ることが重要です。

・外見を磨き、異性に対する魅力を高める

「好きでなくなった」など、お相手の愛情が薄れてしまった場合や、浮気をされた際にとても有効な手段です。別れたあとに今までよりもずっと綺麗になることで、お相手に別れたことを後悔させたり、再度異性として認識してもらったりする目的で行います。

・内面を磨き、人間としての魅力を高める

喧嘩別れや、自分が怒ってしまった、わがままを言ってしまったことが原因でお相手をうんざりさせてしまった場合にとても有効です。

今までお相手を困らせた自分の言動を見直し、何故そういう行動をとってしまうのかを深く考えるところから始めます。さまざまな価値観を取り入れながら、問題点が反省・改善されたことをお相手に理解してもらい、再度付き合ってもよいと思える存在になるための自分磨きです。

どのケースにおいても、内面・外面どちらを磨くことも大切です。しかし、別れの原因にあわせてその比重を調節するとよいでしょう。

新しい異性の存在をにおわせる

復縁と方法3

別れた元恋人に新しい異性の存在をにおわせることで、再度執着心をもってもらうために行います。しかしこれはお相手の性格や、別れの原因によっては逆効果になることもあるので注意が必要です。

この手段が有効なお相手の性格は、以下の通りです。

  • 考えるよりも行動するタイプ
  • 気が強く主体性があるタイプ
  • とてもポジティブなタイプ

気が弱かったり、考え過ぎたりしてしまうタイプは、例え別れたことを後悔しても「いまさら復縁できない。その人と幸せになって欲しい。」とあっさり身を引いてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、この手段が有効な別れの原因は、以下の通りです。

  • 喧嘩などはしていないが、お相手が自分の事を好きでなくなった
  • お相手が浮気をした
  • 特に非がないのに、お相手が怒って振られた

主に、お相手に非がある場合に初期の段階から使える手段となります。

逆にあなたに別れの原因がある場合は、冷却期間が終わってお相手との関係が改善したにも関わらず、よりを戻したいと思ってもらえない時に有効といえます。

それよりも早い段階から実行してしまうと、更にお相手を怒らせたり、嫌われたりしてしまう可能性があるので、初期段階では新しい異性の存在をにおわせない方が賢明でしょう。

まとめ

  1. 1.冷却期間は、必要な場合といらない場合がある
  2. 2.自分磨きは「外面」と「内面」の2種類があり、別れの原因にあわせて比重を変える
  3. 3.新しい異性をにおわすときは、相手の性格と別れの原因を考慮する

巷でよく言われている復縁テクニックが、どういう場合に必要なのかについてご紹介しました。

復縁したいという気持ちが強いと、テクニックがなぜ有効なのかを考える余裕がなくて、手当たり次第に試してしまいがちです。しかし、お相手によっては復縁テクニックにより更に傷つけてしまう可能性があるため、「なぜそのテクニックを実行する必要があるのか」を考え、慎重に選んでいく必要があります。

冷静になればなるほど、復縁はうまくいくものです。今一度復縁の方針について考え直してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です