彼氏が欲しい社会人女性必見!恋を引き寄せるのは〇〇な女性だった

彼氏欲しいと社会人1

学生の頃に比べると、社会人は恋愛の機会に恵まれなくなってしまう傾向があります。

社内の人とは周りの目もあって恋愛関係にはなかなかなれないし、かといって社外での出会いもないし、気づけばアラサーになっていた。そんな方も多いと思います。

でも、社会人になってからも簡単に恋人を見つけて、結婚をしていく人ももちろん存在しています。

社会人になって彼氏ができない人と、彼氏ができる人、いったいなにが違うのでしょうか?

社会人になっても、彼氏ができやすい女性の特徴についてご紹介します。

男性の「友達」になれる女性

彼氏欲しいと社会人2

男性と友達としてすぐに仲良くなれる女性は、彼氏に困りません。

友達になれないと感じる人と、恋人になることができますか?ほとんどの方が「難しい」と感じるのではないでしょうか。友情と愛情は別物ですが、友情がいつの間にか愛情になることは多々あります。

「とりあえず友達になってみて、共通点が多くて一緒にいて楽しかったら、好きになるかも」

というカジュアルな態度でフレンドリーに男性に近づくので、お相手が警戒心を持つことなく、自然と友達になれます。気が合えば遊ぶ回数が増え、そのうちカジュアルな関係では足りなくなって、恋愛に発展することも。

女性の「一緒にいて楽しそうなのに、自分を恋愛対象として見てなさそう」という態度は、男性の「追いたい本能」を刺激するので、男性に追ってもらえる恋愛になるのも特徴のひとつです。

今日ではお相手の条件にばかりに目を奪われ「友達として一緒にいて楽しいか」という観点から異性を見ずに、すぐに恋愛関係に持ち込みたいと考えてしまいがちです。

異性をすぐに「あり」「なし」と判断してしまわずに、広く浅くカジュアルな友達付き合いから始めると、恋愛に発展しやすいでしょう。

出会い方にこだわらない女性

出会い方にこだわりのない女性は、彼氏ができやすい傾向にあります。

婚活をしなくても結婚ができそうな雰囲気の人が、あえて婚活をすると鬼に金棒状態です。

ある程度容姿が整っている若い女性が「良い自然な出会いがなさそうだから」と婚活パーティーに現れると、参加男性のほとんどからアプローチを受けて、どの男性ともカップリングし放題なんていうケースも存在します。

同じように、条件は悪くないのに出会いが見込めないという男性も婚活の場に現れますから、良条件同士でカップリングして、あっという間に交際を開始するでしょう。

「自然な出会い」が良縁とは限りません。むしろ、選べる条件が狭まるので「いい出会いがない」という状態に陥ってしまいがちです。

ただでさえ彼氏ができないにも関わらず「自然な出会いがいい」と出会い方にこだわると、なおさら彼氏ができなくなってしまいます。

相手にパーフェクトを求めない女性

彼氏欲しいと社会人3

相手にパーフェクトを求めず理想が高くない女性は、選べる男性の範囲が広い上、条件に目が眩まず本質を見抜くことができるので、彼氏ができやすい傾向にあります。

30歳前後にもなると、社会経験を積んでさまざまな有能な人と関わり、人を見る能力が高まっています。そのため、相手の些細な失敗をシビアに判断しすぎて、すぐに「なし」と判断してしまいがちです。

しかし、人の本質は「慣れ」が発生してから見えてくるものではないでしょうか。

最初は条件が悪そうに見えても、付き合っていくうちに印象が変わる可能性があります。そのため、最初からお相手に完璧を求めず、失敗した際には「そんなこともあるよね」と寛大に受け止められる女性は、すぐに「なし」の判断を下しません。

寛容な態度には癒しを感じますから男性ウケも良いです。そのため、その後の交際にもつながりやすいでしょう。

まとめ

  1. 男性とすぐに友達になれる女性はモテる
  2. 出会い方にこだわらず、フットワークが軽い女性は良い人に出会える
  3. 理想が高くない、寛容な女性は良縁を見逃さない

社会人になっても、彼氏に困らないタイプの女性についてご紹介しました。

彼女たちの総合的な特徴としては、下記が挙げられます。

  • 出会いの範囲を広く設定する
  • 出会いのチャンスを見逃さない
  • お相手のことをよく分からないうちに「あり」「なし」を判断しない
  • お相手に対して肯定的

こだわりが強すぎたり、相手に厳しすぎたりすればするほど、交際は遠のいてしまうものです。

恋愛の方針を変えてみたら、すぐに素敵な男性に出会える可能性もあります。ぜひ、今一度出会いの方針について見直してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です