年上の彼氏と上手に付き合うための3つのテクニック

 

 

年上の彼氏と上手に付き合うための3つのテクニック

 

 

年上の彼氏と上手に付き合うためのテクニックがあれば……そのようなことを考える機会があったります。

 

 

年上の彼氏と付き合ってみて、予想以上に難しいことが分かる女性も多いようです。年上の男性と上手に付き合う方法ってあるのでしょうか?

 

 

今回は、年上の彼氏と上手に付き合うための、3つのテクニックをご紹介します。

 

 

 

甘える(頼る)

 

 

甘える(頼る)ことは、年齢差カップルならではのとても効果的なテクニックです。これは、年上の彼氏の持つ性質を満たすことによって喜ばれます。

 

 

男性は女性を守りたいとか、助けたいといった欲求を持っています。特に、好きな女性に対して、そのような気持ちは強く発生するようです。そのため、女性から甘えられること(頼られること)で、男性は満足感を得ることになります。

 

 

とはいえ、年上の彼氏が、同年代(or以上)の女性から甘えられたりする機会は、少ないと言わざるを得ないようですね。そこで、歳下の彼女が甘えること(頼ること)は、効力を発揮することになります。

 

 

また、歳下の彼女が年上の彼氏に甘えたり頼ったりしても、周囲に変に見えるようなことは少なくて、むしろ自然な感じに映ることの方が多いでしょう。

 

 

 

しっかりした面を見せる

 

 

歳下だけれどしっかりとした面を持っていることを年上の彼氏に示すことによって、意外性つまりギャップ効果を期待することができるでしょう。

 

 

甘えたがりな歳下の彼女が、自分の仕事に具体的な将来の展望を見ている・歳下に見えないくらいに言葉遣いや立居振舞がきれいである・よく気付いて年上の彼氏の手助けをする……などがあれば魅力的ですね。

 

 

同年代の女性以上にしっかりとした部分を見せることによって、年上の彼氏の意識が彼女達に向くかもしれない心配を補うことに役立ちます。

 

 

 

みずみずしい若さを強調する

 

 

年上の彼氏と同年代の女性にはないものと言えば、精神的な若さとみずみずしい肉体です。年齢による若さは、年上の女性がどれだけ努力しても勝てることがないものです。

 

 

精神的な若さは年上の彼氏に元気になるパワーを与えますし、肉体的なみずみずしさは年上の彼氏の心を揺さぶります。

 

 

デートの時に、時々同年代の友達と話すように振舞ったり、同じようにみずみずしい肉体を少し強調するファッションにしてみたりすれば、年上の彼氏の意識をよりあなたに集中させることができるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は、年上の彼氏と上手に付き合うためのテクニック3つについて、ご紹介しました。年上の彼氏は、どちらかと言えば、落ち着いた雰囲気でリードするタイプであることが多いようです。そのような年上の彼氏には、「甘える(頼る)」「しっかりとしている(ギャップ効果)」「心身のみずみずしさを感じさせる」という3つの心理テクニックがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です