常識を破ります!停滞期ほぼなしダイエットが普通になる話

ダイエットと停滞期1

停滞期って知ってますか?恋愛でもダイエットでも、うまくいかない時期が必ずきます。人生には、なんだって試練の時があるのです。一筋縄にはいかないのが人生なんですね(遠い目)

でも、停滞期がきたって諦めないでくださいね!

停滞期がきたってすぐまた痩せ期に入るコツをご紹介します。

停滞期とはいつくるの?

具体的に停滞期とは、ダイエットを始めてから2週間から1か月後にきます。

どうして停滞期なんてものがきてしまうのかというと、体は形状記憶性質を持っており、ダイエットしていなかった時よりも体重が軽くなる場合、元に戻さなきゃいけない!命の危険かもしれない!という信号を脳が体中に出します。

これを、「ホメオスタシス機能」といいます。この機能により、体はカロリーの燃焼率を下げたりして体を調節しようとするんです。

では、さらに具体的に、どれだけ体重に変動が起きればホメオスタシス機能が作動してしまうのでしょうか?

それは、体重が5%減ってしまったときなのです。

50㎏ある女性が5%減量するとなると、47.5㎏。停滞期って意外とすぐにきちゃうんですね…。

でも、裏を返すと、47.5㎏までは超簡単に痩せられるとも言えますね!

5%ほどのちょい痩せで満足する方は、この先は読まなくてもいいかもしれません(笑)

さらに痩せたい方はこの先もぜひ読んでくださいね!

停滞期はいつまで続くの?

停滞期は突入してからすぐに抜け出せるものでもありません。

大体2週間から1か月も続いてしまうのです。

この時期にやってしまうこといえば、

  • 諦めて中止
  • 高カロリーのものを食べてしまう

この二つは停滞期あるある!でもどうしてこんな気持ちになっちゃうんでしょう?辛いから!ですよね?

そもそも停滞期の辛いダイエットがダメ?

ダイエットと停滞期2

皆さんが挑戦されているダイエットは何でしょうか?とにかくカロリー制限してたりしませんか?運動はしてますか?

そもそも停滞期の辛いダイエットを今後も続けるなんて、無理だとは思いませんか?

停滞期に入った今こそ、ダイエット方法を見直す時期なのです!

先ほど、停滞期の原理は「ホメオスタシス機能」が働くからと説明しましたよね。

この機能は、体重が減ることによって命の危険を感じた体が自動的に元の体重に戻そうとする働きでした。

要は、体が命の危険を感じない程度に純分な栄養、カロリーをとっていれば停滞期を誘引する「ホメオスタシス機能」なんて発動されないんです!発動されたとしても、すぐに終わってまた痩せ期に突入します!!

つまり、停滞期の辛いダイエットなんてそもそも無理!我慢は体に毒!停滞期の辛いダイエットなんて考えなおしましょう!

ちなみに、筋トレダイエット中の方も意外と停滞期がきます。

こちらに関しては、運動もしててカロリー制限もして、という体にキツイダブルパンチを強いている状況です。

筋トレダイエットをしている方は少しだけたんぱく質を増やして、その分筋肉に還元してあげる気持ちで乗り切りましょう!

停滞期とは、今まで体が満足していた栄養分が失われているからこそ起きてしまう機能。

現代女性の不足しがちな栄養を補充しながら、正しい食事療法で乗り切りましょう。

補充すべき栄養

現代女性の補充すべき栄養は

鉄、ビタミンB群、亜鉛、カルシウム

この4点です!

特に毎月月経のある女性にとって、鉄の補充は不可欠です。

鉄剤を飲むことも一考ですが、それではあなたのお口が満足しないですよね。

是非、レバーを意識的に摂取するようにしてみてください!

レバーには鉄、ビタミンB群、亜鉛が栄養としてたっぷり含まれています♪

これほどの女性の味方はあるでしょうか!!

臭み取りなどが若干面倒という方もいますが…市販のレバーペーストを買えば、自分で下処理する必要もないですね。

停滞期は繰り返す?

停滞期は、一度経験したらその後スルスルと痩せていく…わけではありません。

自分の目標体重が現在の体重との差が大きければ大きいほど、繰り返し停滞期は来ます。

何度もやってくる体重の落ち渋りを「食べないダイエット」だけでは絶対に続きません。本当に痩せたいのなら、適切な食事と適度な運動を心がけてください。

無理なダイエットは月経障害となったり、イライラしやすくなったり、あなたの性格を変えてしまいます。

あなたの目標は

痩せて美しくなること、もしくは健康になること

だということを忘れないでください!

健やかな気持ちで続けられるダイエットを楽しんで挑戦してくださいね!

まとめ

  • 停滞期は体重が5%減ると起きる→5%は簡単に痩せられる
  • 停滞期がおこるダイエットは見直す必要もあると考える
  • 続かないダイエットより一生続けられる辛くないダイエットをする
  • 鉄、ビタミンB群、亜鉛、カルシウムを積極的にとる
  • ダイエットの目標を再確認すること

食べることは生きること!ダイエットで食べる楽しみを長期間無くさないよう、よく考えてダイエット方法を選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です