子供の乾燥肌、その石鹸で大丈夫?!カサカサお肌が石鹸ひとつで改善

乾燥肌と石鹸

乾燥肌や敏感肌の子供をお持ちのお母さんはしっかり保湿ケアをされていると思います。お肌がカサカサしてかきむしってしまう子供のために、しっかりと保湿クリームで肌にうるおいを与えてあげることは大切です。

ですが、乾燥肌や敏感肌の子供達にとって保湿ケアだけが乾燥肌対策ではないことをご存じですか?うちの子供達も乾燥肌がひどかったのですが保湿ケアをするとともに、毎日使っている石鹸を見直してみることで肌に変化があったのでご紹介します。

子供の肌はとってもデリケート

子供の肌はツルツルで一見肌荒れとは無関係のように思いますが、子供の肌は大人の肌の厚さのだいたい半分ほどしかありません。

皮膚の角質層が薄くバリア機能もまだ未熟で外部からの刺激や寒暖差の影響を大きく受けてしまいます。

ほとんどの子供は成長とともにこのバリア機能が発達して皮膚も強くなっていくのですが、幼い子供達はかゆければ我慢できずに体も顔もかきむしってしまいます。そのかき傷から菌が入りさらに深刻な肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

幼い頃の肌荒れは仕方ないものだと思わず、ひどくなる前に対処する必要があります。 

乾燥肌を悪化させてしまう入浴方法

せっかく乾燥肌の対策をしていても毎日の入浴で乾燥肌の原因を作ってしまうことがあります。その入浴方法とは、

熱い湯船に長い時間つかる

子供の肌に最適な湯船の温度は38度で5分程度の入浴時間が良いといわれています。乾燥肌の子達は体が温まることで体がかゆくなり保湿効果が失われてしまいます。

お風呂の水遊びが好きな子も多いはず、だけどここは少し我慢させることが必要ですね。

洗いすぎ

子供の肌はとっても敏感です。固めのガーゼやスポンジでゴシゴシとこすり洗いをするだけでも肌はダメージを受けてしまいます。石鹸をしっかり泡立てて手で洗ってあげるぐらいでも十分です。こする必要はなく泡で洗う程度で大丈夫。

石鹸のすすぎ残し

私の息子は脇の下が赤くなることがありました。心当たりがなかったので「なんでこの場所がただれるの?」と不思議で。

まさか石鹸のすすぎ残しから炎症が起こってしまったとは思ってもいなかったので驚き、息子に申し訳ない気持ちになりました。

シャワーで流すだけでなく特に輪ゴムをつけているかのように、お肉で輪っかができているムチムチの赤ちゃんはお肉とお肉の間に石鹸が残りやすいので手でなでるようにして洗い流してあげるといいと思います。

実際に使って効果があった石鹸

私も子供達の肌が弱いので生まれてから今までたくさんの赤ちゃん石鹸を試してきました。赤ちゃんの泡ソープや、赤ちゃんから大人まで全ての乾燥肌、敏感肌に対応している少し値段の高めなボディーソープ。

いろいろ試しても、どれもこれといって大きな肌の改善はなく、お風呂上りの肌はカサカサでつっぱっていました。

でも、正直これ以上悪化していないからと妥協して使っていました。

けど、ある時「ミヨシの無添加 白い石鹸」を知りました。

香料、着色料、防腐剤はもちろん入っておらず「石鹸素地100%」。

この「石鹸素地100%」というものは石鹸を作る際に必要となってくる油脂以外は何も加えていませんよ。という意味です。

一般的な石鹸は石鹸素地だけで作られているものは少なく、何らかの成分や化学合成添加物を加えて作られています。

このミヨシの白い石鹸の油脂もエディブル油脂といって食べることのできる食用の油脂で作られていて安心して使うことができます。 

使ってみた感想は、何も入っていないシンプルな石鹸なので洗いあがりのつっぱり感を気にしていましたが、特につっぱった感じも無く肌はサラサラの状態が保たれました。

香料がないのですが、無香料の石鹸特有の油臭い感じはなく次男に関してはこれで髪の毛も洗っているんですが時間が経っても髪の毛から気になる臭いはせず本当に無臭です。

泡立ちもいいので今までの石鹸と比べて私は劣る点は何一つ感じません。

私は息子達にこの石鹸を息子達に使い始めてみて3日程で効果を感じました。

まずはお風呂上りにも関わらず出た直後には全身カッサカサで水分がまるでない肌だったのが、少しずつしっとり感を感じるようになりました。

私が見ていても肌にうるおいが出てきたように思います。そして今思えば風呂上りに体をかきむしることもしていないと思います。

無添加で本当にシンプルなこの石鹸が息子たちの肌には合っていました。

それにこの石鹸は3個入りで400円程度とお値段もお手軽なので主婦にはありがたく続けやすい石鹸だと思います。 

まとめ

  1. 子供の肌のバリア機能はまだ未熟。皮膚も大人に比べ薄いので外部からの刺激に影響をうけやすい。
  2. 熱い湯船で長湯する、洗いすぎる、石鹸の洗い残し、これが乾燥肌につながる入浴方法。
  3. 私がおすすめする「ミヨシの無添加 白い石鹸」。食用の油脂のみで作られているので安心して使うことができる。

 

私はこの石鹸を知って子供のかきむしる姿を見るというストレスから解放されました。

今までいろいろと試してもいまひとつ効果がなく、体や顔をかいてひっかき傷だらけ、ときにはひっかき傷で血だらけになっていた息子。何をしても効果がなく助けてあげられないことにストレスを感じていたのですが、この石鹸でかゆみや乾燥が改善されて本当にもっと早く知りたかった…と悔やんでいます。

我が子のつらい姿を見ることは母にとって一番のストレスだと思います。たかが乾燥肌、たかが石鹸なんて思うかもしれませんが、乾燥肌の子供を持つ母親はかゆみに苦しむことがないスベスベでしっとりした子供の肌を見るだけで幸せを感じられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です