大好きな彼とデートできるLINEのテクニック4つ

母やママの悩み

 

LINEを使って好きな彼とデートできるならば、そのテクニックについて知りたいと思うことでしょう。

 

恋愛には一定の法則がありその一つ一つをクリアすることによって、付き合いは可能になります。

 

デートするにも同じことが当てはまるでしょう。

 

今回は、好きな彼とデートできるLINEのテクニック4つについて、ご紹介します。

 

 

 

即レス(好意を伝える)

 

 

LINEを始めてからまず考えたいのは、好きな彼にあなたの好意をそれとなく気付いてもらうことです。彼があなたにはっきりとした好意を持っていない場合は、何らかの方法で彼の意識を引き寄せることが必要です。

 

 

好きな彼からLINEが来たら、即レスすることを暫く続けてみましょう。それによって、はっきりとしないながらも、好きな彼はあなたの好意を認めることになるでしょう。

 

 

もしかすると、それだけで好きな彼は自分の方から積極的にLINEを送ってくるようになるかもしれませんよね。

 

 

あなたの好意に自然な形で気付いてもらえるように意識することが、このテクニックのポイントです。

 

 

 

質問する(関心を示す)

 

 

LINEのやり取りをしている時に質問を活用することで、好きな彼にあなたの関心を伝えることができます。

 

 

注意することは、質問責めをしないようにしてください。質問責めは、ほとんどの場合嫌われることになると考えましょう。

 

 

自然な会話の流れの中で質問を入るれことによって、好きな彼にはあなたが関心を持っていることが伝わるのです。

 

 

また、質問に対して彼が答えた際に、彼の答えに同意を示せばとても効果があります。

 

 

「私も行ってみたい!」「私もその映画みたいって思ってたの」……例えばですけれど、このような一言を添えるだけでいいでしょう。

 

 

 

焦らす(意識を引き寄せる)

 

 

積極的にLINEを送ってくるなど、好きな彼があなたに関心を示すようになったら、ここで少しだけ彼を焦らすことをしてみます。お互いにリズミカルなLINEのやり取りをしている際に、敢えてそれを狂わせることで、次のようなちょっとした不安感を彼に与えることができます。

 

 

「何かまずいことを言ったのかな……?」「何かあったのかな?」

 

 

彼の質問に対して敢えてあいまいに答えたり、返信をズラしたりします。それによって、彼の意識が一時的にあなたのことに集中することになります。

 

 

長々としてしまえば、逆に彼の意識が離れることになりますので、短めにして元に戻してください。また、心配して、彼の方からLINEで尋ねてくることもあるでしょう。

 

 

 

話題をふる(デートを匂わせる)

 

 

そして、最後に話題を提供して好きな彼からデートのオファーを引き出しましょう。ここまで来れば、仮に自分の方からデートに誘ったとしても大丈夫であることが、LINEの雰囲気から分かっているような段階です。

 

 

映画・スイーツのお店・話題のお店などのちょっとした話題をLINEのやり取りで提供します。彼がデートに誘いたいと思っているならば、このチャンスを見逃すことはないでしょう。例えば、映画の話題でLINEをやりとりしながら、頃合いを見て次のようにつぶやきます。

 

 

「この映画見る予定だったのに友達が行けなくて……一緒に行ってくれる人いないかなって思っているけどダメみたい」

 

 

デートしたいと思っていれば、このようなチャンスを逃すような男性はいないのではないでしょうか?

 

 

もちろん、そこまで言及する前に自分の方からデートを申込んでくることもあるようですね。

 

 

 

まとめ

 

 

好きな彼とデートできるLINEのテクニック4つについてご紹介しましたが、いかがでしたか。好きな彼からデートに誘ってもらうためには、好意を伝えること・関心を持ってもらうこと・焦らすこと・話題を振ることの4つが必要でした。

 

とはいえ、LINEをするようになっていれば、デートに誘ってもらうことはそれほど難しくはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です